隙間時間での充電におススメ! TronsmartのQuick Charge 3.0対応充電器は充電が本当に速かった

2016.5.16 (更新日:2016.07.01)
Transmate

Tronsmartさんのご厚意でQuick Charge 3.0対応の急速充電器 WC1Tをご提供いただいたので、そのレビューをお届けします。

Quick Charge 3.0

そもそもQuick Chargeとは何なのか?という話ですが、これはSnapdragonでおなじみのQualcommが作ったもので、デバイスの充電時間を短くできる急速充電の規格です。

従来、充電時間を短くするのには電流値を上げて、USBなのに5V/2.1Aだとかの電流値で充電を行っていました。しかし、電流値をあげると発熱が問題となり発火の恐れも出てきます。そこでQuick Chargeでは電流の代わりに電圧を上げることで急速充電を行います。

スマートフォンにはもともと5Vで供給されたものを内部で電圧を落としてバッテリを充電するという降圧回路が組み込まれており、この下げた電圧を電流に変換してバッテリにより多くの電流を流すことで充電時間を短くするというのがQuick Chargeの技術です。

Quick Charge 2.0では5V、9V、12V、20Vという電圧に対応しており、Quick Charge 3.0では3.6Vから200mV刻みで20Vまで対応しています。実際にはQuick Charge 3.0では電圧の調整だけでなく、電力損失を最大45%削減したり、給電効率を高めたりといった変更も行われています。

なお、このQuick ChargeはプロセッサとしてSnapdragonを搭載している機種の一部で利用可能となっています(QC3.0はSnapdragon 820 / 620 / 618 / 617 / 430搭載の一部機種で利用可能)。

Tronsmart WC1Tレビュー

今回頂いたTronsmart WC1Tは、最新のQuick Charge 3.0に対応した充電器です。Quick Chargeに対応した製品はQualcommの認定を受け、Qualcommのサイトで公開されているのですが、Tronsmart WC1Tもちゃんとリストされていました。

スクリーンショット_051616_092745_AM

USB-ACアダプタとしてはやや大きい目ですが、Quick Charge対応としては小さい部類のようです。

Tronsmart

ポートは1つだけです。

Tronsmart

充電性能評価 充電は本当に速いのか?

そんなわけで、実際に充電時間を調べてみました。といってもQuick Charge 3.0対応のデバイスは持っていないのでGalaxy S6を使用しています(このGalaxy S6、Exynos搭載版なのでQuick Chargeには非対応なのですが、それに近い急速充電には対応しているようです)。

ちなみに、Quick Charge 3.0対応のデバイスは2016年5月16日時点ではHTC 10、HP Elite x3、LG G5、HTC One A9の4台だけです(これもQualcommのサイトで公開されています)。

QC3対応デバイス

使用したのはTronsmart QC1Tと、比較のためAnkerの40W 5ポートの急速充電器。そして一般的なASUSのUSB-ACアダプタでGalaxy S7を充電してみました(Galaxy S6とS7のバッテリ容量は2550mAhで同じです)。

Tronsmart WC1Tは9.12Vで出力していました。

2016-05-15 08.20.32

バッテリのグラフ取得に利用したのはBattery Mixというアプリです。

Battery Mix (バッテリーミックス)

Battery Mix (バッテリーミックス)
開発元:ayano
無料
posted with アプリーチ

ただ、このままだとわかり難いので、エクセルにデータを落としてグラフ化してみました。

グラフ

左からTronsmart WC1T、Ankerの急速充電器、ASUSのノーマル充電器という結果です。スタートはどれも残量6%、横軸は充電開始からの経過時間(分)となっています。

Tronsmart WC1Tはさすがに早いですね。6%から80%まで約42分で充電できています。同様に80%に到達するのにAnkerは約60分、ノーマルな充電器は90分かかっています。

Quick Charge 3.0対応のデバイスであれば、一般的なスマートフォンなら35分で80%まで充電可能ということですが、今回の結果をみると十分に達成できそうです。

出先に持ち歩くにはいいかも

今回のTronsmart WC1Tは1ポートしかありませんが、そこそこコンパクトで持ち運びにもかさ張らないので、出先でのちょっとした充電、例えば空港だったり新幹線だったり喫茶店だったりで使うには便利かもしれませんね。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top