HUAWEI端末の急速充電にも対応! 10,000mAhのモバイルバッテリ Tronsmart Presto

HUAWEIの急速充電に対応しているのは珍しい。

2017.6.20

Tronsmartのご厚意で、QC3.0に対応した10,000mAhのモバイルバッテリ、Tronsmart Prestoをレビュー用に提供頂きました。QC3.0というだけでは、さほど珍しくなくなっていますが、HUAWEI端末の急速充電(FCP)にも対応しているのが特徴です。

広告

Tronsmart Presto

表面はシルキータッチの処理で、さらさらとして手触りはとてもいいです。若干、加水分解が心配になりますが、そのころにはバッテリが弱ってきてると思うので問題ないかな?

▲正面下部にバッテリ残量のインジゲーター。

▲右側面にインジゲーター点灯用のボタン。

インターフェースは、入力がmicroUSB、出力が2ポートあり、緑色のほうがQC3.0対応ポート(5V/3A,9V/2A,12V/1.5A)、もう片方がTronsmart独自の急速充電仕様Volt IQ対応ポート(5V/2.4A)となります。なお、入力自体もQC3.0に対応しています。

▲なお、同封されているマニュアルの記載が逆です・・・

▲iPhone 7と並べると縦幅は若干大きいです。

▲横幅はほぼ同じ。

なお、重さは実測で214gほどでした。

HUAWEI端末の急速充電に対応

最初に書きましたが、Tronsmart PrestoはHUAWEI端末の急速充電仕様、FCP(Fast Charger Protocol)に対応しているのが特徴です。HUAWEIの急速充電は独自仕様のため、純正のACアダプタ以外ではほぼ利用不可能という状態です。なので、これに対応したモバイルバッテリはHUAWEI端末ユーザには非常に便利だと思います。

せっかくなので、HUAWEI Mate 9を使用して実際に急速充電できているのかを確認してみました。

緑色のQC3.0、FCP対応ポートに接続すると、ちゃんと急速充電になりました。8.55V/1.9A流れているのがわかります。

試しに逆側のポート(Volt IQ対応ポート)に接続してみたところ、4.83V/0.83Aで急速充電にはなりませんでした。ただ、USBの標準仕様(0.5A)よりも多くの電流が流れているのがわかります。Volt IQの急速充電仕様のためですね。

なお、急速充電と普通(Volt IQ)の充電、どれほどの差がでるのか、実際に測ってみました。

▲(左)Volt IQによる充電、(右)FCPによる急速充電

充電仕様 50%到達時間 80%到達時間 100%到達時間
Volt IQ 1時間8分 1時間55分 2時間49分
FCP 43分 1時間9分 1時間51分

満充電まで約1時間の差というところです。実際にモバイルバッテリを使って満充電にする機会はそれほど多くないと思いますが、50%までの充電でも20分近い差があるので、出先で充電するにはとても重宝しそうです。

なお、10分間だけ充電した場合の容量は下記。

充電時間 Volt IQ FCP
10分間 10% 18%

今回はVolt IQでの充電で比較しましたが、一般のモバイルバッテリと比較するともっと差が付くと思います。

HUAWEI端末ユーザーなら持っていて損はない

HUAWEIの急速充電に対応しているモバイルバッテリは非常に珍しい(国内で買えるのはこれだけ?)ので、対応したHUAWEI端末(P9、P10、honor 8、Mate 9等)を利用しているのであれば、持っていて損はないと思います。

なお、今回Tronsmartさんのご厚意で、Tronsmart Prestoが20%オフになるクーポンコードを頂きました。Amazonでの購入時、下記のクーポンコードを入力してください。1-Clickでの購入では適用できないので要注意です。

  • クーポンコード:「W3WUGEJ7」 有効期限:6月20日21時~6月24日24時まで
[Quick Charge 3.0対応] Tronsmart Presto(入出力 QC3.0 & Huawei FCP対応 5.4A出力 10000mAh 大容量 モバイルバッテリー )急速充電 iPhone / Galaxy / Xperia / Huawei Mate 9 / Android各種他対応
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_
タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

ビックカメラが全店でbitcoin(ビットコイン)決済に対応

まだ本格的に使うには怖いかなぁ。

News >モバイル

TONEモバイル、新端末TONE m17を発表。arrows M04ベースの5インチ端末

arrows M04ベースなら自分で使っても良さそうです。

News >その他

「君の名は」DVD・Blue-ray発売開始、動画配信も26日からスタート

やっとという感じ。これで好きなだけ見ることができます。

back to top