600mlサイズのサーモス真空断熱タンブラーはこれからの季節にぴったり

2016.6.11 (更新日:2016.06.14)
サーモス

我が家では子供さんともども炭酸水のゲロルシュタイナーを愛飲しているのですが、気温の上昇とともに消費量も増加。
冷蔵庫で冷やすのが追い付かなかくなってきたので、サーモス(THERMOS)の真空断熱タンブラーを購入してみました。

大容量のサーモス 真空断熱タンブラー JDE-600

サーモスの真空断熱タンブラーには340ml、420ml、600mlという3つのサイズがあるのですが、今回購入したのは600mlサイズのJDE-600というもの。

旧製品のJDA-600 Sというのが少し安く売っていたのですが、なんとなく新しいほうを買ってみました。

基本的には同じもののようです。

口が広くて氷が入れやすい

口の広さは85㎜ほど。氷の塊を放り込みやすいです。
サーモスらしく保温性も申し分なく、氷だけなら朝から晩まで残っています(水を入れるとさすがに溶けますけど)。

THERMOS

普通のコップと違って結露しないのがいいですね。

熱いコーヒーなどを入れても外側が熱くなることはありません。

炭酸水を飲む目的ではイマイチ

肝心の炭酸水を冷たく飲むという目的ですが、正直イマイチでした。
確かに冷たくはなるのですが、タンブラーに移すときにゲロルシュタイナー独特の強炭酸が抜けてしまう感じです。
普通の炭酸水程度には炭酸が残っているのですが、やっぱりゲロルシュタイナーはペットボトルからの一気飲みが一番ですね。

アイスコーヒーはGOOD

ゲロルシュタイナー以外の使い道では当然問題ありませんでした。
アイスコーヒーなんかはずっと冷たいままなのでいいですね。
コンビニで買ってきたアイスコーヒーを移しておくと氷が長持ちしていい感じでした。

500mlのロング缶にも使えます

容量が600mlなので、ビールを飲む人は500mlのロング缶の中身を移しておけば、冷たいまま飲み続けることもできますね。

600mlに使える専用のフタ、底カバーはないので注意

THERMOSの真空断熱タンブラーには専用の底カバーやフタがあるのですが、この600mlには使えないので注意が必要です。

フタが必要ならSeriaの「シリコンタンブラーコースター&カバー」

どうしてもフタが欲しいときは、100均のSeriaで売っている「シリコンタンブラーコースター&カバー」が使えます。
色は赤、ピンク、茶色があるらしいです。

THERMOS

上にかぶせるとぴったりフィット。

THERMOS

短時間であれば蓋を持ったまま持ち上げることも可能です。

THERMOS

もちろんコースターとしても使えます。

THERMOS

まとめ

専用のフタがないので持ち歩きには向きませんが、これからの季節、家や職場でアイスコーヒーやらビールやらハイボールなんかを飲むのにはぴったりだと思います。

というか、もっと早く買えばよかった・・・。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top