これ1つで一式揃う! SpigenのGalaxy S8/S8+ スターターパックをレビュー

保護シートが当たりだと思う。あれこれ探す手間が省けた。

2017.6.10

日本でも発売となったGalaxy S8/S8+。そのアクセサリ5点がセットになったスターターパックをSpigenが発売しているのですが、そのスターターパックをレビュー用に提供して頂きました。

「ケースや保護シートは1つずつ気に入ったものをじっくり選びたい」という人には向きませんが、「端末を買ったけどケースや保護シートがないと使いたくない」「てっとり早くアクセサリを揃えたい」という人にはなかなか好さげなパックになっています。

広告

ケース、保護シートなどの5点セット

スターターパックの中身は下記の5点。

MILスペックの耐衝撃性能をもったウルトラ・ハイブリッド(クリア)

まずはケースのウルトラ・ハイブリッド(クリア)です。

側面のボタン部分は被さってるタイプです。

下部のインターフェース部はそれぞれに開口があります。

MILスペックに準拠の耐衝撃性能ということだけあって、やや分厚いケースです。その分、四隅はしっかりとガードされているので落としてもおいそれと壊れてしまうようなことはなさそうです。

貼っているのが目立たないネオ・フレックス

保護シートはGalaxy S8+のインフィニティ・ディスプレイをほぼ全面覆えるネオ・フレックス。

シートは2枚入っています。硬めのいわゆるシートではなく、TPUのペラペラのフィルムです。それを水貼りするちょっと珍しいタイプの保護シートです。

貼り方は下記の動画を参照。動画中でもケースを付けて貼っていますが、Spigenのケースとの組み合わせでピッタリ収まるサイズになっており、ケースが位置決めのガイドの代わりになります。

早速貼ってみましたが、さすがにガラスフィルムのようにツルツルというわけにはいきませんが、境目も目立たずかなりよさげなフィルムです。気泡が入ってしまっても1日程度で自然に抜けるとのこと。

車載ホルダもセットになったスタイルリング

スタイルリングはごく普通なバンカーリングです。

黒いのが車載用のホルダ。

ダッシュボードに付けておき、そこにリングをひっかける形で固定します。

Galaxy S8+のサイズだと、バンカーリングの類はなくても大丈夫だと思いますが、動画を観るときのスタンドにもなるし、使ってみてもいいのかもしれません。

USB 3.1なケーブルと変換アダプタ

最後はUSB Type-CなケーブルとmicroUSBをUSB Type-Cに変換するアダプタです。国内版のGalaxy S8/S8+にはType-Cケーブルや変換アダプタが入っていないということなので、初めてのType-C端末だという人には必須でしょう(海外版にはどちらも入っています)。

一式揃う利便性は高い

最初にも書きましたが、必要なアクセサリが手っ取り早く一式揃うので、「端末を買ってすぐに使いたいけど傷つくのが心配」という人には良さそうです。

定価の7990円だとかなり割高なイメージがありますが、現在は50%オフの3990円で購入可能。この価格ならまずまずではないかと思います。

Spigenのケースの中から好きな組み合わせを選べたりするともっと良かったのですが、その辺りは今後に期待ですかね。

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

ビックカメラが全店でbitcoin(ビットコイン)決済に対応

まだ本格的に使うには怖いかなぁ。

News >モバイル

TONEモバイル、新端末TONE m17を発表。arrows M04ベースの5インチ端末

arrows M04ベースなら自分で使っても良さそうです。

back to top