上海問屋のシンプルなVRゴーグルはグラグラしてしまい使用感はイマイチでした

2016.5.13
vrfold

上海問屋から発売された簡易的なVRゴーグル、VR Foldを購入してみました。ドスパラ秋葉原本店で999円でした。上海問屋が発売ということになっていますが、実際には海外で販売されているものを上海問屋が国内で取り扱いということのようです。

vrfold2

写真レビュー

同封物は本体のほか、レンズ用のクリーナー一式。レンズ用といいつつ、中国製のディスプレイ保護シートに良く入っているやつですね。

vrfold3

コンパクトに折りたたまれているので、各部を広げていきます。

まずレンズ部分を左右に展開

まずレンズ部分を左右に展開

側面の板を起こして完成

側面の板を起こして完成

スマートフォンはフック上になった部分に差し込む形です。

vrfold6

スマートフォンに合わせて微調整が可能

スマートフォンの大きさに合わせて、レンズ位置を上下に調整することができます。

vrfold8

ディスプレイとレンズ間の距離も調整可能。

vrfold11

レンズの左右距離も調整できます。左右がバラバラに調整できるのは珍しいですね。

vrfold7

Cardboardタイプなので調整用のQRコードが必要なところですがついてはいません。ただ、本体で各種調整が出来るようになっているので必要はなさそうです。

使用感はイマイチ

実際に試した感想ですが、正直イマイチです。まず可動部分が多く、使っているときにぐらぐらするというかわちゃわちゃするというか。そんな感じで落ち着きがありません。

また、レンズ性能(倍率)の問題ですが、レンズ越しに見ても上下左右から周辺が見えてしまい没入感はありません。このあたり、HOMiDO miniのほうが数段しっかりした作りです。レンズ越しだと周辺も見えず没入感もあるし。

vrfold10

この手の簡易的なVRゴーグルは、下手に微調整が出来るようになっているものより、可動部が少なくシンプルなもののほうが良さそうですね。

とはいえ、HOMiDO miniは日本では個別販売していない(ノベルティグッズとしては販売があるらしい)ので、このVR Foldもお手軽に試すVRゴーグルとしてはアリでしょう。フルオープンなので、タッチ操作にも困らないし、なにより安いです。

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

HTC サポーターズクラブ発足、5月16日に台湾で行われる新製品発表会への招待も!

HTCが「HTC サポーターズ クラブ」を発足し、メンバーを募集開始しました。その中で、5月16日に開催されるHTC Uの発表会に招待するという企画も行われています。 HTC サポーターズ クラブ 世界初のアンドロイドス ...

Twitterの投稿をMastodonに流す3つの方法

だいぶ盛り上がりも落ち着いてきた感じのMastodonですが、Twitterと両方使っているという人も多いはず。Twitterで投稿したものを手動でMastodonにも流しているという人もいると思いますが、面倒だしなによ ...

News >モバイル

Microsoft、組み込みWindows 10を搭載したウェラブルデバイスを発表

Microsoftがスマートウォッチによく似た外観のWindows 10デバイスを発表しました。実際にはMicrosoftが開発したわけではなく、製造は各種OEMを手掛けるTrekStor。 企業・産業の現場向けウェラブ ...

レビュー >その他

実写版「美女と野獣」、王子さまは野獣のほうがイケメンな気が・・・

4月21日から公開されているディズニー映画「美女と野獣」を観てきました。実は原作、アニメを含め、美女と野獣を観るのはこれが初めて。周りはカップルや女性ばかりだったので、実はおっさんが1人で見る映画ではないのかもしれません ...

News >モバイル

HTC、5月16日のフラッグシップ発表会の告知サイトを日本でもオープン。ライブストリーミングで配信予定

先日、紹介したHTCの発表会予告ですが、HTC Japanもライブ配信を行うということで特設ページをオープンしました。 関連:HTC、側面にセンサを搭載するHTC Uを5月16日に発表。 – Dream Seed 「かつ ...

MENU

back to top