2016.7.3 (更新日:2016.07.09)

docomo版Galay S7 edge(SC-02H)は格安SIMでもテザリング可能

Galaxy S7 edge

docomo版のGalaxy S7 edge SC-02Hは、MVNOのSIMを使ってテザリングができるということだったので、試しにFREETELのSIMを入れて設定してみたところ本当にテザリングが可能でした。

広告

これまではMVNOのSIMではテザリングができなかった

「MVNOのSIMとはいえ、テザリングできるのは当たり前なんじゃ?」と思う人もいるかもしれませんが、これまでのdocomoの端末ではMVNOのAPNを設定してスマートフォンを利用することはできるものの、テザリングを行うことはできませんでした。

docomoの端末はテザリングを設定すると表には出てこないテザリング専用のAPNに繋ぎかえるという仕様のため、MVNOのSIMではこの専用APNで通信が行えず、結果としてテザリングを行うことができませんでした。

この仕様はSIMロックを解除しても変わらず、要するにdocomoのキャリア端末はdocomo契約のSIM以外ではテザリングを行えませんでした。

Galaxy S7 edge(SC-02H)ではテザリング可能

そんなdocomo端末のMVNOでのテザリングですが、冒頭に書いた通り、Galaxy S7 edgeはFREETELのSIMを使ってテザリングが可能でした。

比較として、同じFREETELのSIMを挿してGalaxy S6(SC-05G)でもテザリングを試しましたが、こちらはテザリング不可でした。

mineoの動作確認端末のリストでもSC-02Hはテザリング可能になっていました。

mineo

Xperia X Performance(SO-04H)でもテザリング可能

直接確認はできていませんが、ネットでの情報によるとXperia X performance(SO-04H)でも、MVNOのSIMでテザリングが可能ということです。

すべてのdocomo端末でテザリング不可だったわけではない

実は過去すべての端末でテザリングが不可だったわけではなく、テザリングが利用可能な端末もありました。

例えば、docomoから発売されたNexus 5はテザリング可能でしたし、2015年夏モデル以降のシャープ端末ではなぜかMVNOのSIMでテザリングが利用できていました。

この違いはなんだったのでしょうか?

docomoの方針変更?

今夏発売のGalaxy S7 edge、Xperia X PerformanceでMVNOでのテザリングが利用可能になったのは素直にうれしいですね。
これで中古や新品の白ロムを購入して格安SIMで運用すれば、おサイフ機能も使え、テザリングもできる最強端末になります。

それにしてもこれはdocomoの方針転換ということでいいのですかね?

タグ: , ,

back to top