両サイドが開くカメラバッグ、Peak DesignのEveryday BackPackでガジェットの持ち運びが捗りそう

2016.12.18
2016-12-10-18-32-28

Kickstarterで出資していたPeak DesignのEveryday BackPackが届き、少し前から使用しています。

広告

両サイドが開くカメラバッグ Everyday Backpack

Everyday BackPackには内容量が20Lと30Lの2種類あるのですが、私が購入したのは20Lのほうです。
このバッグの特徴は何といっても両サイドが大きく開くという点です。

2016-12-10-18-35-00

中にはとベルクロ(マジックテープ、面ファスナー)で取り外し可能な棚が付けられます。

2016-12-10-18-35-08

棚を全部外すと上部からもフルアクセスが可能になりますが、それだと使い勝手が普通のリュックと大差なくなってしまうので、一番上だけは残しておくと上部にはちょっとした収納スペースができ、その下には側面からアクセスできる大きめの収納スペースと使い分けが可能です。

2016-12-18-12-51-21

両サイドはファスナーで閉じられる収納スペースがあり、ちょっとした小物を入れておくのに便利です。
私はとりあえず、各種ケーブルやモバイルバッテリなどを入れています。

ノートPCも収納可能

上部の背中側にはノートPCを収納できるスペースもあります。

2016-12-18-12-54-19

20Lでも15インチクラスまで収納可能。
Surface Pro 3は余裕で入れることができました。

2016-12-18-12-54-07

荷物を抑える隠しベルト

本来はカメラバッグということで、側面のポケットに三脚などを入れたときにグラつかないようにするベルトも隠れています。

2016-12-10-18-51-29

同様に表側にも隠しベルトがあり、バッグに入らない大物も固定可能です。

2016-12-10-18-49-57

体への当たりはかなり固め

収納力もあるし、表面も防水可能されていて使い勝手はいいのですが、体へのあたりはかなり固めです。
電車などで膝の上に抱えるのがちょっと辛いですが、それ以外は特に不満はないですね。

2016-12-18-13-05-42

基本はカメラバッグですが、ガジェット類をいろいろ持ち運ぶのにも便利に使っていけそうです。

国内でも販売開始

このEveryday BackPackですが、他のトートバッグやポーチなどのEverydayシリーズと一緒に銀一が販売代理店として国内販売が開始されています。

ただ、高いですね。
20Lのバックパックが37,800円となっています。

PeackDesignでの定価は$260で日本への送料込みで$284.90(約34,000円)です。
今の為替だとこの価格も仕方がないかなぁ。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Essential、今度はUX責任者が退職。1か月で3人の役員が退職したことに・・・

円満退職なのかもしれないけど、今後が不安になります。

Amazon、Summer Sale 第2弾を開催中、8月22日まで

購入時に割引になっているか要確認。

News >モバイル

Apple、iPod shuffleとiPod nanoの販売を終了。Touchのみ32/128GBモデルを継続

みんなスマートフォンで聴いてるし、仕方がないかなぁ。

back to top