スマートフォンのカメラを最大400倍の顕微鏡にしてしまう「Nurugo Micro」レビュー

2016.7.4
nurugo micro

Kickstarでキャンペーンを行っていた、スマートフォンを400倍相当の顕微鏡にしてしまうというNurugo Microが届きました。

最大400倍のマクロレンズ

スマートフォンのカメラに装着するコンバージョンレンズではあるのですが、マクロに特化しており顕微鏡としての使い勝手が考えられています。

付属品はNurugo Micro本体のほか、スマートフォンに装着するクリップが2種(縦と横)、フォーカス調整用の治具、おまけのプレパラート3枚。

Nurugo Micro

背面はレンズ周りが少しくぼんでいます。
iPhone 6/6sの場合、出っ張ったレンズがこのくぼみのちょうどはまるようになっていますが、Androidを使う場合にはレンズガードという丸いパーツをカメラに貼り付けて使います。

Nurugo Micro

クリップの縦向きと横向きはスマートフォンのカメラとフラッシュの位置により使い分けます。

Nurugo Micro

iPhoneの場合は横向きですね。

Nurugo Micro

専用アプリを使って撮影

専用アプリ「Nurugo Box」を使って撮影しますが、まずはピントの調整を行います。

Nurugo Box

Nurugo Box
開発元:DoHyun Kim
無料
posted with アプリーチ

ピント調整には付属の治具を使います。丸い治具をNurogo Microに差し込んで回転させるとピントの調整が行えます。

Nurugo Micro

治具には市松模様が書いてあるので、画面を見ながらピントが合う位置を探します。
画面が裏側に回るので、これが結構難しいです。
ちなみに、市松模様の1辺が0.5mmとなっています。

Nurugo Micro

実際に撮影する際は、レンズを被写体にかぶせるのですが、そのままだとNurugo Microの厚みだけ傾いてしまいます。

Nurugo Micro

そんなときには、先ほど使ったフォーカス調整用の治具を使います。
これをスマートフォンの下に挟むとちょうどNurugo Microの厚みだけ持ち上がります。
あとは被写体に合わせて何枚かのスペーサーを入れればOKです。

2016-07-04 21.31.11

また、Nurugo Microが入っていたパッケージを使うこともできます。
安定性はこちらのほうが上ですね。

2016-07-04 21.32.00

撮影サンプル

まず500円硬貨。
「5」の部分に「N」の字が刻印されていました。肉眼では見えないです。

表の桐の絵には「N」「O」「P」などのアルファベットがありました。
全部探すと「NIPPON」になるのかな?
ちなみに硬貨は、「日本国」と書いてあるほうが表ですよ!(大きく数字が入っているほうが裏)

付属のプレパラートから、まずは「Honeybee Wing(ミツバチの羽)」
羽に毛が生えてるんですね。

「Honeybee Leg(ミツバチの足)」

「Honeybee Antenna(ミツバチの触覚)」

使い勝手は今一つ

スマートフォンでこれだけマクロが撮れるというのはなかなか面白いと思うのですが、難点もあります。

まず、レンズの固定がクリップなのでずれやすいです。実際、撮影のたびに位置を微調整したりフォーカスを合わせなおしたりするのが大変でした。
また、スマートフォンにケースを装着している場合、クリップで固定するときにレンズとの隙間が空いてしまうため、ケースを外す必要があります。

理想的には外に持ち出して気軽に観察・・・という使い方をしたいところですが、上記の理由により机上でじっくり使うのに向いているというか、そうせざるを得ないです。

iPhoneならiPhone限定という形でカッチリと固定できる治具なりケースなりを作ればもう少し使い勝手がよくなるのでしょうけど・・・。
現状では使う人をかなり選びそうです。

nurugo.com

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

綾瀬はるかが「おつかれさま!」と労ってくれる、ジャイアントコーンのVR体験イベントが開催中【PR】

綾瀬はるかさんが出演しているCMでおなじみのグリコのアイス、ジャイアントコーンがVRコンテンツを作成し、その体験を行うということで早速参加してきて来ました。 ジャイアントコーン「おつかれさまです!」V

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fas...

MENU

back to top