黒い新型Gear VRを購入 従来品を比べてみた

2016.8.23
Gear VR

Galaxy Note 7とともに発表された新型Gear VRを購入してみました。
今回は米Amazonからの購入です。
送料込みで$121.96(12,793円)でした。

米Amazon Gear VR- Latest Edition

ちょっぴり改良されたGear VR

新型のGear VRはGalaxy Note 7に対応しているというのが従来品との大きな違いですが、細かな点でもいくつかの改良がおこなわれています。
その辺に触れながら、まずは写真レビューです。

写真レビュー

まず同封物。
本体のほか、頭部に装着するようのベルトと、差し替えでmicroUSBになるアダプタが入っています。
あと、なぜかmicroUSB – Type-C変換アダプタも。

2016-08-23 17.14.49

スマートフォンとの接続アダプタはロックスイッチを解除すると簡単に外れます。

2016-08-23 17.19.13

USB Type-Cのアダプタはロックスイッチも黒くてかっこいいのですが、microUSBのものは白いです。
見た目で判断できるようにしたのかな?

2016-08-23 19.58.33

正面のカバー、従来はスマートフォンを装着後にも重ねてカバーを付けることが出来ましたが、今回はそれが出来なくなっています。

2016-08-23 17.16.49

このカバーの代わりにスマートフォンを装着するイメージです。
あえてカバーをする理由もないのでこれはこれでいいかな。

2016-08-23 17.18.48

ベルト自体はあまり変わっていませんが、頭頂部側のベルトの形状が変わりました。
本体につけるほうは同じですが、後頭部に回すベルトとの装着がマジックテープだけになっています(従来は後頭部側のベルトにあったプラスチックのループに通してマジックテープで固定)。

あと、ベルトの材質がすこし変わり、硬くなった気がします。

2016-08-23 17.46.19

インターフェース上変更があったのはサイド部分。
まずホームボタンが追加になっています。

これまで戻るボタンを何度か押す必要があったシーンでも、ボタン一発でOculus Homeに戻れます。

2016-08-23 17.17.02

タッチパッドの形状も変更になりました。
これは好みがわかれそうですが、上下左右のガイドがあった従来の形状のほうがいいかな。

2016-08-23 17.17.26

あと、スマートフォンを装着してしまうとわかりませんが、中央部分に仕切りが追加されています。
視野の改善とかに役立っているのでしょうか?

2016-08-23 17.33.56

本体サイズも微妙に大きくなっています。

2016-08-23 17.33.40

すごく微妙な差ですが、レンズの直系が大きくなっています。
実測で新型が38㎜、従来品が35㎜でした。

2016-08-23 20.54.13

機能的な変更は感じられず

視野角が96度から101度に変更になり、スペック的にはより見通しが良くなっているはずなのですが、見比べてみても違いはまったく感じませんでした。

Galaxy Note 7を購入するなら買い替え必須

目に見える機能追加はホームボタンが追加されたことぐらいですが、Galaxy Note 7のUSB Type-Cに対応するのは新型だけなので、Galaxy Note 7を購入するなら買い替え必須でしょう。

ただ、Galaxy Note 7ではGear VRを使わず、Galaxy S7 edgeやS6などをGear VR用に使うというのであれば、無理に買い替える必要はなさそうです。

これから新規購入するなら、値段も変わらないので新型一択ですね。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

MENU

back to top