「君の名は。」にやられっぱなしで仕事ができないので、また観に行く

2016.8.26
君の名は

8月26日(金)から公開が始まった新海誠監督の最新作「君の名は。」を観てきました。

深海監督らしい美麗な映像のアニメーションで、その映像だけでも見る価値があったかもと思ってしまいますが、それよりもやっぱりストーリーがすばらしいです。
映画は月に3~4本は観ていますが、「いいな」と思ったり「また観よう」と思うことはあっても、余韻を引きずることなく日常生活に戻れます。

しかし本作は完全にやられました。

観終わってからも、家に帰ってきてからも引きずりまくりです。

Youtubeの予告編を観るだけで、涙腺が緩んできてしまいます・・・。

体が入れ替わるというレトリックは昔からあるし、ある種使い古されているとも言えますが、後半になって明かされる真実に一瞬ついていけず、直後に「そういうことか!」と驚きがありました。

ネタバレになるので詳しくは書けませんが、「よく考えつきますね、こんなストーリー」という感じ。
最後の最後まで、それこそエンドロールが始まるまで「どうなるんだろう?」という思いが止まりませんでしたよ。

上映期間中にあと数回は観に行くこと間違いなしです。
というか、明日も観に行くけど。

なお、原作小説は新海監督自らが書き下ろしたとのこと。
「映画と小説で相互補完」ということなのでこれも読み始めています。

とりあえず、組紐作るかな・・・

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

ファイアボール第3期決定? 「ファイアボール x Dlife」Dlifeで配信?

ドロッセルお嬢様、どこまで若返るのだろう・・・

レビュー >その他

原宿にGalaxy Studioがオープン。大掛かりな体感型VRも無料で体験可能

5月26日から7月3日までの期間限定で、原宿にオープンしたGalaxy Studio Tokyoに行ってきました。Galaxy Studioは昨年から各地で開催されていますが、今回はGalaxy S8/S8+とVR体験が ...

MENU

back to top