ムーヴバンド3の計測値をMisfit Shine 2と比較 精度はほぼ同じ

2016.4.4
ムーヴバンド3の計測値

ドコモヘルスケアが発売したムーヴバンド3。金曜日に購入してこの週末はずっと着けていたので、同じくつけっぱなしのMisfit Shine 2と計測値などの比較をしたいと思います。

計測値の比較

比較対象はいつも胸に着けているMisfit Shine 2です。

Misfit Shine 2

歩数の比較

4月2日 4月3日
ムーヴバンド3(左手首) 9,593歩 2,663歩
Misfit Shine 2(胸) 6,284歩 1,740歩

どちらが正しいかはわかりませんが、ムーヴバンド3のほうが若干大目にカウントされています。これは装着位置の違いもありそうです。

消費カロリー

4月2日 4月3日
ムーヴバンド3(左手首) 2,168kcal 2,080Kcal
Misfit Shine 2(胸) 2,407Kcal 2,153Kcal

消費カロリーは似たような感じですね。ただ、Shineのほうが歩数が少な目なのに消費カロリーが多めになっています。日本製と欧米製とで基準となる消費カロリーが違うのかな?

睡眠データ

4月2日 4月3日 4月4日
ムーヴバンド3(左手首) 6時間58分 3時間04分 7時間01分
Misfit Shine 2(胸) 7時間58分 3時間10分 6時間57分

睡眠データについてはどちらも同じようなものですが、実際の時間をみるとムーヴバンド3のほうがMisfit Shine 2よりも正確な時間になっています。

例えば、4月2日のログだとMisfit Shine 2は睡眠時間が23:08~7:46となっていますが、ムーヴバンド3では0:44~7:42です。実際に寝た時間はムーヴバンド3が正しいです。

Shine 2のほうも最初の1時間は覚醒状態とみなしているようですが、胸に着けているために動きが少なく、起きていたのか寝ていたのか判別がつかないという状況なのでしょう。Shine 2を腕に着けていればムーヴバンド3と同じような結果になったと思います。

一度起きたときの計測にズレ

睡眠ログで面白いというか、特徴があらわれたのが4月3日のログです。睡眠時間だけどをみるとどちらも3時間ほどで差がないのですが、実は計測している時間が全く違います。

この日は、4時に次男さんが起こされて、そのあとにまた寝たのですが、ムーブバンド3は実際に寝た時間(0:49)から一度起きた4時までを睡眠時間とカウントし、Shine 2は4時から実際に起きた8時までを睡眠時間としてカウントしました。実際に起きていた時間は15分ほどです。

要するに、2度寝の睡眠ログということになるのですが、ムーヴバンドは前半を記録し、一度起きた段階で睡眠モードは終了。以後の睡眠は記録されない。Shine 2は2度寝の後半だけを睡眠として認識し、前半のログを捨てたということですね。

ムーヴバンドが睡眠モードを終了するのは仕様通りの動きではあるのですが、5分程度の起床なら睡眠モードが継続されるようです。Shine 2もある程度の時間なら記録を続ける仕様ですが、15分は長すぎたのでしょうか?

計測値は大きな誤差はなさそう

ムーヴバンド2も他のアクティビティトラッカ、フィットネストラッカと計測値では大きな差はなかったですが、今回のムーヴバンド3もそれなりに信頼できる値なんではないでしょうか。

初代のムーヴバンドは車の振動とかも歩数としてカウントされたりして、結構ひどかったですけどね。

ムーヴバンド3はお勧めしやすい活動量計になった

アプリは見やすくなった

先ほどから何回か出していますが、ムーヴバンドのコンパニオンアプリ わたしムーヴはかなり見やすいですね。

昔は「からだグラフ」がコンパニオンアプリでしたが(いまでも使えますけど)、それと比べると格段に、またMisfitなど他のアプリと比較しても見やすいです。

特に歩数はどの時間にどの程度の強度で歩いていたのか(走っていたのか)がわかるのがいいですね。

WM(わたしムーヴ)

WM(わたしムーヴ)
開発元:watashi-move
無料
posted with アプリーチ

装着感はGood!

非常に軽く、ベルトも細いので装着していることが全く気になりません。難点をあげるとすると、常時時計表示になっていわけではなく、時計の表示にはボタンを押す必要があるため、これはモーションセンサーで腕をひねったら時計表示という選択があっても良かったかも。ファームの更新でなんとかならないかな?

ムーヴバンド3は着けていることを忘れる

かなりお勧め

iPhoneでもAndroidでも使えるし、同じアプリで体重や血圧なども管理できるし、かなり使い勝手がいいアクティビティトラッカではないかと思います。

Amazonや量販店でも購入できますが、ドコモのオンラインショップでも購入できるので、dポイントを使いたい場合はそっちのほうがいいかも。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

MENU

back to top