数字キーが独立して5段配列になった巻き取り式キーボードの新型、LG Rolly 2 KBB-710の詳細レビュー

2016.8.5 (更新日:2016.08.12)
LG Rolly 2

4月に発表されていたLGの巻き取り式BluetoothキーボードRollyの後継機、Rolly 2 KBB-710を購入しました。

発表になってからずっと米Amazonで日本への出荷が可能になるのを待っていたのですが、いつの間にか国内正規版が発売されていました。
あやうく米Amazonから転送をかけて購入するところでした・・・。

5段配列になり数字キーが独立したRolly 2

先代のRollyは4段配列で数字キーがQWERTY列と同じ段にあり、Fnキーとの組み合わせで入力する必要がありましたが、Rolly 2では5段配列になり、数字キーが独立しました。

これにより、巻いた後の形状は四角か5角形になっています。

Rolly 2

ちなみにパッケージも5角形の筒形です。

LG Rolly 2

表面の材質も変わっており、従来は硬めのプラスチックだったのが、少し柔らかい素材になりました。

LG Rolly 2

縦に一段増えただけではなく、横幅も増えています。

LG Rolly 2

キーピッチは縮小、キータッチはふにゃふにゃ

キーボードを広げると電源が入るのは従来通りです。
縦横ともに面積が増えたことで、いままではFnキーとのコンビネーションで兼用されていたESCとBackも独立し、ほぼ通常のキーボードと変わらない配列となっています。
LGRolly 2

せっかくなので1段ずつ広げた画像もおいておきます。

ただ、面積の増加分に対してキーを詰め込みすぎたのか、キーピッチは従来の17mmから16mmへと縮小しており正直に言うとかなり打ちにくくなっています。
無理にキーを追加せず、キーピッチは保ってほしかったなぁ。

上がRolly 2 KBB-710、下が前モデルのRolly KBB-700

上がRolly 2 KBB-710、下が前モデルのRolly KBB-700

横幅だけでなく、縦も短くなっています。

左がRolly  2、右がRolly

左がRolly 2、右がRolly

キータッチ自体も従来よりふにゃっとした感じになってしまい、特にEnterやSpaceなどの大型キーは打鍵感そのものがありません。
キータッチの柔らかさは表面素材の変更も影響しているのかもしれませんが、この辺ははっきりいって改悪だと感じます。

スマートフォンスタンドは縦置きにも対応

背面にあるスマートフォンスタンドは横幅が狭くなり、以前はできなかったスマートフォンの縦置きにも対応しました。

2016-08-05 12.50.22

スタンドを引き出すと斜めになっており、スマートフォンを置いたときの安定性も増しているように感じます。

LG Rolly 2
電池は従来通り単4電池1本です。

LG Rolly 2

iOSは実質非対応

購入したのは日本語版なので、当然キーは日本語配列ですが、iOSではなぜか英語配列として認識されます。
バグかと思ったら仕様のようで、付属のマニュアルにもiOSではキーの刻印通りには打てないから読みかえろというなかなかに無茶な記載があります。

2016-08-05 12.29.02

また、Amazonのレビューにも書いてありましたが、iOSでの日本語入力で句読点「、」「。」がそれぞれ「,」「.」、長音記号「ー」が「-」と入力されてしまうという問題があります。
これはバグのようですが、修正がいつになるかはわからないようです。

上記のことから、iOSでは実質非対応と思っていたほうが良さそうです。

どうしてもiOSで利用したいなら日本語版ではなく、米Amazonなどから英語版を購入したほうがキーの刻印と入力できる文字が一致するので使いやすいはずです。

米Amazon

※米AmazonやeBayなどで購入する場合はキートップの刻印が英語だけなのかハングル文字の記載があるのかは確認したほうがいいかも。特にeBayの出品の多くは韓国版のようです。

まとめ

コンパクトに持ち歩けるフルキーボードという点では便利だと思いますが、常用したいかと聞かれるとはっきりと「No!」と言ってしまいそうです。
ただ出先でちょこっと使う程度なら大丈夫かもしれないけど、普段から使っていないとキーピッチや打鍵感に慣れずに使う度にイライラするということにもなりかねないけど。

個人的には先代のRolly KBB-700のほうが数段使いやすい気がします。

それでもせっかくなので、慣れるためにしばらくメインのキーボードとしてPCに接続して使ってみることにします。
この記事もRolly 2を使って書いたのですが、普段よりもめっちゃ時間がかかりました・・・。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Microsoft、Surface Pro 4を価格改定 最大78,000円の値下げ

日本Microsoftが本日(1月16日)からSurface Pro 4の価格を値下げすることを発表しました。 Surface Pro 4が最大78,000円の値下げ Surface Pro 4はオー

IIJmio、「0円でもう1枚キャンペーン」を2月15日まで延長

IIJmioが11月から行っていた「0円でもう1枚キャンペーン」が2月15日まで延長されました。 キャンペーン概要 IIJmioでは、すべてのプランで複数枚のSIMを持つことができますが、通常は200

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

honor 8へのアップデートが開始されたAndroid 7.0 Nougatはデフォルトで画面分割モード(2画面モード)に対応しています。 画面分割モードはその名の通り画面を2分割して別々のアプリを

HUAWEI、honor 8へのAndroid 7.0/EMUI 5.0のアップデートを開始

HUAWEI honor 8へのAndroid 7.0 Nougatのアップデートが予定通り本日(1月16日)12時から開始されています。 関連:HUAWEI、日本版honor 8のAndroid 7

液体ラバースプレーは塗って剥がせる優れもの。 気に入った色のスマホケースがないなら塗ってみるのはいかが?

久しぶりにヨドバシカメラAKIBAの模型売り場を覗いてみたら、「液体ラバースプレー」という面白そうなものがあったので購入してみました。 何者かというと、ようするにゴム状のラバーコーティングができるスプ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

液体ラバースプレーは塗って剥がせる優れもの。 気に入った色のスマホケースがないなら塗ってみるのはいかが?

液体ラバースプレーは塗って剥がせる優れもの。 気に入った色のスマホケースがないなら塗ってみるのはいかが?

久しぶりにヨドバシカメラAKIBAの模型売り場を覗いてみたら、「液体ラバースプレー」という面白そうなものがあったので購入してみました。 何者かというと、ようするにゴム状のラバーコーティングができ...

Microsoft、Surface Pro 4を価格改定 最大78,000円の値下げ

Microsoft、Surface Pro 4を価格改定 最大78,000円の値下げ

日本Microsoftが本日(1月16日)からSurface Pro 4の価格を値下げすることを発表しました。 Surface Pro 4が最大78,000円の値下げ Surface Pro ...

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

honor 8へのアップデートが開始されたAndroid 7.0 Nougatはデフォルトで画面分割モード(2画面モード)に対応しています。 画面分割モードはその名の通り画面を2分割して別々のアプ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

MENU

back to top