レゴブロックで組み立てるドローン「Flybrix」を購入 楽しいけど、まともに飛ばすのはかなり難しい

2016.11.19
2016-11-18-17-17-33

レゴブロックで作るドローン、Flybrixが届きました。

世界初のレゴを使ったドローン「Flybrix」

Flybrixは見ての通り、レゴを使って組み立てるドローンです。

Bluetooth接続で各モーターを制御するメイン基板、モーター、プロペラ、バッテリーとレゴブロックで構成されています。

Flybirx

ブロックは、モーターを固定するパーツ以外はレゴの純正品が付属しています。

モーターを止める水色のパーツのみオリジナル品。

モーターを止める水色のパーツのみオリジナル品。

構成パーツ

今回購入したのは$189の「Basic Flybrix Kit」というスタンダートなタイプ。
操作はBluetooth経由でスマートフォンから行いますが、RCコントローラとRCモジュールが付属した上位版もあります。
ちなみにRCモジュール、コントローラは買い足すことも可能です。

パーツはいくつかの袋に小分けあれており、これはバッテリ、充電用ケーブル、microUSBケーブル、プロペラが入っています。
プロペラはAパーツ、Bパーツという2種類があり、羽の向きが異なっています。

2016-11-18-16-26-00

これはモーターx8個。
回転方向が2種類あり、それぞれケーブルの色で区別できるようになっています。

2016-11-18-16-26-17

心臓部の基板。
四隅にレゴの1ポッチが付いており、そのままレゴブロックに接続できます。

2016-11-18-20-23-28

裏面のBluetoothのモジュール(?)には技適マークもあります。

2016-11-18-20-23-40

あとはレゴブロック。
普通にレゴブロックなので、手持ちのレゴがあれば流用可能です。

2016-11-18-16-26-10

バッテリと充電用のケーブル。
USB-A側にLEDが入っており、充電中は赤く光ります。
なお、約50分で満充電になるそうです。

2016-11-18-16-32-07

組み立ててみた

パッケージにはマニュアルの類が入っておらず、マニュアルはWEBサイトを参照しろというぺら紙が入っているのみです。

マニュアル自体は、https://flybrix.com/buildにありますが、WEB上では参照できず、PDFをダウンロードする形です。

レゴを順番に組み立てるだけなので、そこで迷うことはないと思いますが、モーターとプロペラの組み合わせ、そして並び順だけは注意が必要です。

Flybrix

そんな感じで最初に作ったのが基本形のクアッドコプター。

2016-11-18-17-17-33

マニュアル通りに作ると1ポッチでしか止まっていない部分が多くかなり脆いので、補強を考えたほうが良さそうです。

ヘキサ(6プロペラ)とオクタ(8プロペラ)も作ってみましたが、いまのところヘキサが一番安定していそうです。

操作はスマートフォンアプリから

操作はスマートフォンアプリから行います。

Flybrix

Flybrix
開発元:Amir Hirsch
無料
posted with アプリーチ

AndroidとiOSに対応しているのですが、Galaxy S7ではどうしてもBluetoothで接続できなかったため、今回はiPhone 7で操作しました。
おそらくBluetoothのバージョンやLEに対応しているかなどが問題になっているのだと思います。

アプリ自体はシンプルで、ペアリングとドローンのタイプ(クアッド、ヘキサ、オクタ)を選び、あとは操作するだけです。

操作は左の上下がスロットで左右がヨー、右がピッチとロールです。

2016-11-18-22-45-38

ホバリングができない!

肝心の性能なのですが、いまのところホバリングが成功しません。
飛び立つことはできるのですが、すぐにあらぬところに行ってしまい、壁に激突するというのを繰り返しています。

フォーラムでも同様の書き込みが多く、みな苦労しているようですね。
まぁ、ものがレゴなだけにバランスをとるのも難しいのでしょう。

実際、公式の動画を見てもホバリングには成功して無さそうだし・・・。

それでも調整を繰り返して綺麗に飛べるようになったという人もいるので、この先はトライアンドエラーで頑張るしかなさそうです。

各種モータやセンサーの動作を調整可能

ちなみに、メインの基盤にはUSBポートがあり、PCと接続することで各モータの動作や基板上のジャイロや加速度センサなどの動作状態を確認することができます。

専用のアプリがChromeアプリになっているのが楽でいいです。

Flybrix

このアプリでなにかしらの調整を行うこともできるようなのですが、まだそこまで理解が及んでいません。
たぶん素人が手を出しちゃいけない部分な気がしています。

レゴを使うというのが唯一の魅力

最近はドローンも安くなってきて、1万円以下で購入できる小型ドローンはゴロゴロしています。

その中で、あえてFlybrixを選ぶ理由があるとすれば「レゴが使える」というただその点のみですね。
実際、レゴで組み立てていると時間がたつのを忘れます。
それぐらい楽しいし夢中になれるのですが、まともに飛ばないのがおしい・・・。

そこを頑張ってまともに飛べるようにする、というのも楽しみ方のひとつなんでしょうね。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Amazonでビデオレンタルに使える200円クーポンを配布中(2月26日まで)

2月24日から始まったプレミアムフライデー、導入企業はSSRガチャ並みのレア度で実際に恩恵にあずかれた人はごくわずかのようです。 しかし、Amazonではプレミアだった人もそうじゃなかった人もビデオで

スライドQWERTYなMoto Modsが間もなくIndiegogoでキャンペーンを開始

やっぱり出てきた、Moto Z用QWERTYなMoto Mods! motorolaのMoto Z / Moto Z PlayはMoto Modsという着せ替えジャケットに対応しており、バッテリーやカ

指紋認証で管理するパーソナル金庫のような財布Cashewがindiegogoを通じて販売中

各種電子マネーや、bitcoinなどの仮想通貨はだいぶ浸透してきていますが、まだまだ現金が必要ですし、クレジットカードなども持ち運ぶ必要があります。 ただそれらを財布に入れて持ち運ぶのは紛失などが心配

Qualcomm、スタンドアロンVR開発キットをSnapdragon 835にアップデート

QuaicommがSnapdragon 835になったスタンドアロンVRの開発キットを発表しました。 昨年9月にはSnapdragon 820版の開発キットを発表していたので、そのバージョンアップです

SIMトレイを搭載したHUAWEI Watch 2の画像がリーク

HUAWEIが今週末から始まるMWCでHUAWEI P10とともに発表するスマートウォッチ、HUAWEI Watch 2がリークしています。 Android Wear 2.0を搭載する端末で、LG W

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

スライドQWERTYなMoto Modsが間もなくIndiegogoでキャンペーンを開始

スライドQWERTYなMoto Modsが間もなくIndiegogoでキャンペーンを開始

やっぱり出てきた、Moto Z用QWERTYなMoto Mods! motorolaのMoto Z / Moto Z PlayはMoto Modsという着せ替えジャケットに対応しており、バッテリ...

指紋認証で管理するパーソナル金庫のような財布Cashewがindiegogoを通じて販売中

指紋認証で管理するパーソナル金庫のような財布Cashewがindiegogoを通じて販売中

各種電子マネーや、bitcoinなどの仮想通貨はだいぶ浸透してきていますが、まだまだ現金が必要ですし、クレジットカードなども持ち運ぶ必要があります。 ただそれらを財布に入れて持ち運ぶのは紛失などが...

Amazonでビデオレンタルに使える200円クーポンを配布中(2月26日まで)

Amazonでビデオレンタルに使える200円クーポンを配布中(2月26日まで)

2月24日から始まったプレミアムフライデー、導入企業はSSRガチャ並みのレア度で実際に恩恵にあずかれた人はごくわずかのようです。 しかし、Amazonではプレミアだった人もそうじゃなかった人もビデ...

SIMトレイを搭載したHUAWEI Watch 2の画像がリーク

SIMトレイを搭載したHUAWEI Watch 2の画像がリーク

HUAWEIが今週末から始まるMWCでHUAWEI P10とともに発表するスマートウォッチ、HUAWEI Watch 2がリークしています。 Android Wear 2.0を搭載する端末で、L...

MENU

back to top