メガネが似合っているかどうかをAIが評価してくれる「JINS BRAIN」提供開始

2016.11.11
JINS

JINSがAIを使ってメガネが似合っているかどうかを数値化してくれる「JINS BRAIN」というサービスを開始しました。

ヴァーチャル試着で似合っているかどうかを客観的に判定

JINS BRAINは、全国のJINSスタッフ3,000名によって約60,000件のメガネの人物画像に似合っている、似合っていないという評価を行い、その結果をコンピュータが機械学習。

JINS BRAIN

完成した男性型、女性型の2つのAIがそれぞれの観点で、メガネが似合っているかどうかを評価してくれるというものです。

JINS BRAIN

使い方

使ってみなくちゃわからないということで、試してみました。

VIRTUAL FITというメニューから始めます。

まず最初に自分の顔画像をアップロードする必要があります。
ノートPCなどでカメラが付いていたり、WEBカメラがあればそれを使うこともできますが、スマートフォンで自撮りした画像をアップロードでもOKです。

JINS BRAIN

今回は画像をアップロードします。

すると、用意する画像の注意点が表示されるのでこれに気を付けて画像を用意します。

JINS BRAIN

用意が出来たらドラッグ&ドロップでアップロード。

JINS BRAIN

次は、アップロードした顔画像を移動したり拡大縮小したりして、マーカーに目と鼻の位置を合わせます。

JINS BRAIN

今度はマーカーのほうを動かして目の中央にそれぞれ合わせます。
この作業では目の瞳孔間距離を測定しています。

JINS BRAIN

これでやっと準備完了!
あとは右の欄からメガネを選ぶとAIが似合っているかどうかのマッチ度をパーセントで評価してくれます。

JINS BRAIN

購入前に第三者の評価を聞く感じ

評価が高いものを自動でピックアップしてくれるわけではなく、自分で選んだものに対しての評価なのがちょっと面倒といえば面倒なのですが、店舗で店員さんの意見を聞かなくても、オンラインで第三者の評価を聞ける感じなのはコミュ力の足りない私みたいな人にはとてもありがたかったりします。

ただ女性AI、男性AIで結構好みが分かれているようで、両方ともに評価が高いメガネは見つけられませんでした。
女性AIが92%のフレームも男性AIでは72%だったり。

JINS BRAIN

どちらのAIを参考にするかは自分次第ですね。

女性AI 100%評価のフレームもありました。
でも、これはないな・・・。

JINS BRAIN

AIは自分で作ることも可能

ちなみに、判定するAIは自分で作ることも可能です。
CREATE BRAINというメニューを選ぶと、何枚かの画像が表示されるので、それぞれに自分で似合っているかどうかの評価をしていきます。
なお、利用するにはFacebookのアカウントが必要になっています。

JINS BRAIN

ただこの評価方法、特に異性への評価の場合ですが、メガネが似合っているかどうかよりもモデルが好みかどうかで評価が変わってしまう気がしないこともないです。

JINS BRAIN

作成したAIは先ほどのヴァーチャルフィッティングで評価するのに利用することができます。

JINS BRAIN

自分で自分を評価するのも変な感じですが、Facebookでリンクをシェアすることができ、友達がそれを使って評価することも可能です。
実際に友達に会う前に、友達の評価を確認できるというのは面白いかも。

先ほどから使っている女性92%、男性72%評価のフレームを自分で試したら、76%という評価でした。
このフレーム買おうかな・・・。

JINS BRAIN

すべてのフレームが選べるわけではない

なかなかおもしろい仕組みですし、店舗でメガネを買うときに自分のメガネを外さなければいけないので、「選んだフレームが似合っているかどうか、そもそも見えない」という目が悪い人あるあるを解決できる可能性があります。

ただ、今のところJINSのすべてのフレームが試せるわけではないようです。
気が付いた範囲では、アンダーリムのフレームはありませんでした。

これから充実していくのを期待したいです。

ついでに、先ほどのAIを有名ファッションモデルとかに作ってもらってその人に評価してもらえる、とかあると面白いかも。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

あなたの一票でシリーズ化! Amazonがオリジナル作品でシリーズ化してほしいものを選ぶアンケート調査を実施中

Amazonプライムビデオで、日本未公開のAmazonオリジナル作品のパイロット版(第1話)を観て、今後その続きを観たい(シリーズ化してほしい)と思った作品を選ぶというアンケート調査を行っています。

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、なん

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top