HUAWEI P9の暗所撮影をGalaxy S7 edgeと比較 「自動」よりも「プロ」モードのほうが良さそうな感じ

2016.6.20
HUAWEI P9 f/2.2 1/17 ISO3200  HDR

HUAWEI P9のライカ監修デュアルカメラ、2つのカメラを使うことで暗所に強いということだったので、ちょっと試してみました。

Galasy S7 edgeのカメラと比較

撮影環境としては部屋の電気を消して、ディスプレイの明かりのみで撮影しています。

2016-06-19 21.56.52

オート設定で撮影

まずはオート設定で撮影してみました。

HUAWEI P9は「写真」モード、Galaxy S7 edgeは「自動」モードでHDRをOFFにした状態です。

HUAWEI P9 f/2.2 1/17 ISO3200

HUAWEI P9
f/2.2 1/17 ISO3200

Galaxy S7 edge f/1.7 1/9 ISO1250

Galaxy S7 edge
f/1.7 1/9 ISO1250

次にどちらもHDRをONにして撮影です。

HUAWEI P9のカメラではHDRは独立したモードになっているので、その「HDR」モードで撮影しています。
Galasy S7 edgeは「自動」モードでHDRをONにした状態です。

HUAWEI P9 f/2.2 1/17 ISO3200  HDR

HUAWEI P9
f/2.2 1/17 ISO3200 HDR

Galasy S7 edge f/1.7 1/10 ISO1250

Galasy S7 edge
f/1.7 1/10 ISO1250 HDR

Galasy S7 edgeのほうが明るく撮れていますが、これはF値の違いが大きい気がします。
ただ、どちらもちょっとノイズが多いですね。

プロモードで撮影

次に、「プロ」モードで条件を合わせて撮影しました。
絞りがないのでF値は変更できませんが、その他の条件は、ISO800、シャッター速度1/6にしています。

HUAWEI P9 f/2.2 1/6 ISO800

HUAWEI P9
f/2.2 1/6 ISO800

Galaxy S7 edge f/1.7 1/6 ISO800

Galaxy S7 edge
f/1.7 1/6 ISO800

さすがにISO800だと暗すぎましたが、HUAWEI P9のほうがノイズが少な目な感じです。

ライブビューに設定が反映されない

撮影していて気が付いたというか気になったのが、HUAWEI P9のライブビューの表示です。

プロモードでISOなどを変更するとそれに合わせてライブビューの表示も変わる(明るくなったり暗くなったり)のですが、実際に撮影した画像とライビューとでイメージが全く違っています。

2016-06-19 23.27.08

わかりににくいですが、ライブビューよりも写真のほうが明るく仕上がっています。

HUAWEI P9 f/2.2 1/6 ISO1250

HUAWEI P9
f/2.2 1/6 ISO1250

普通の明るさなら気にならないのですが、これはもうちょっと何とかならないかなぁ。

おまけ:モノクロモードで撮影

HUAWEI P9のデュアルカメラは、片方がRGB、もう片方がモノクロで、モノクロのほうでディテールを取得しているということだったので、モノクロモードで撮影してみました。

HUAWEI P9

モノクロだと暗所でも綺麗にディテールを捉えているのがわかりますね。

HUAWEI P9のカメラはプロモードで真価を発揮する?

まだ暗所撮影でざっと弄っただけですが、HUAWEI P9のデュアルカメラはオートで撮るよりもプロモードで調整しながら撮ったほうが綺麗に撮れる印象です。

オートモードの設定が甘いだけな気もするので、アップデートで変わってくるかもしれません。

こんな暗所で撮影することはまずないと思いますが、これだけ撮れるなら薄暗いレストランなどでも問題はなさそうですね。

今度は野外で撮影を試したいと思います。

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top