HTC U11 開封の儀。実は手作業で梱包されてます #HTCグローバルレポーター

何番煎じかわかりませんが、アンボックスです。

2017.5.21 (更新日:2017.05.29)

先週発表されたHTCの最新フラッグシップ、HTC U11。HTCグローバルレポーターの企画で台湾の発表会に参加させていただき、実機のファーストインプレッションは書きましたが、発表会の翌日にもHTC本社でパッケージに入った実機を弄る機会があり、せっかくなので開封の様子をお届けします。

このパッケージ、5月18日に開催されたHTCサポーターのイベントでも披露されていましたが、あくまでもグローバル版のもの。日本版では中身が変わるかもしれないとのことでした(ACアダプタとか)。

HTC U11グローバル版の箱の中身

まずは外箱。この外箱にもこだわりがあり、従来のHTC端末のものと違い、周囲に丸みを持たせているとのこと。これはHTC U11のリキッド・サーフェイスを表現しているそうです。

同封物は、USB-ACアダプタ(QC3.0対応)、USB-Cケーブル、USB-C-3.5mmジャック変換ケーブル、USB-Cイヤホン(U ソニック)、クリアカバー、SIMピン、クロス。

▲USB-ACアダプタはQC3.0対応

▲変換ケーブル

▲USB-Cなイヤホン、ノイズキャンセリングも搭載したU ソニック

付属のイヤホンは使用者に合わせてチューニングが行われるなど非常にハイグレードなものなのですが、HTC U11以外に挿したところ、イヤホンとして認識してくれませんでした。これはちょっと残念。

▲U11専用?

▲SIMピンはHTCロゴ入り

▲クリアケースが付属しています。

▲ケースは側面がオープンになっており、エッジセンスの邪魔をしません。横幅も増えないので握りやすいです。なお、よほど分厚いケースでなければサイドを覆っていてもエッジセンスは反応するとのこと。

▲グローバル版ですが、注意書きの冊子には日本語も。このままSIMフリーで出してくれないかな・・・

日本での販売に期待が膨らみますが、出来たらキャリア版ではなくSIMフリー版が欲しいところ。HTCの中の人曰く、キャリアに気を使っているわけではなく、「状況を見ながらSIMフリーも出していく」ということで、U11のSIMフリー販売にも含みを持たせていました。日本での発表前だから当然の受け答えではあるのですが、SIMフリーで出ないですかね・・・。

梱包は手作業

ところでこのパッケージ、ロボットが必要な部材をピックアップして自動で梱包・・・というのをイメージしていたのですが、実際は手作業で行われていました。

発表会の前日にHTCの桃園工場のラインを見学させてもらったのですが、流石にはんだ付けなどは自動化されているものの、本体の組み立てや梱包はほとんど人力作業。いずれは全自動になるのかもしれませんが、いまのところは人力のほうが効率・精度がいいみたいです。

▲この保護シート張りも手作業でした。

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

GPD Pocket、不具合対策のために出荷停止中

バッテリコネクタの外れやすさは何とかしたほうがいいかも。

News >その他

今度は新宿でVR、7月14日オープン VR ZONE SHINJUKUのチケット予約受付中

エヴァンゲリオンVRとマリオカートVRは体験してみたい

MENU

back to top