honor 8をカスタマイズするうえで知っておくと便利な機能

2016.10.16
2016-10-16-14-39-44

4万円前後のミドルクラスでは圧倒的にコストパフォーマンスがいいと思うHUAWEIのhonor 8ですが、他の機種ではあまりみかけない便利機能もいくつか搭載しています。

これまでに紹介済みのものもありますが、あらためて見ていきたいと思います。

ちょっと便利な機能系

背面の指紋センサを使った「スマートキー」

まず、背面にある指紋センサを「強く押す」「2回強く押す」「長く強く押す」ことでそれぞれ機能を割り当てられる「スマートキー」です。
「強く」となっています、honor 8の指紋センサは物理ボタンになっているので、普通に押すだけでOKです(クリック感があります)。

設定 > スマートアシスト > スマートキーで設定を行います。

各動作にはそれぞれ決まったショートカットかアプリを割り当てることが可能です。

「2回強く押す」にカメラを割り当てると、Galaxy S7のようにボタンの2回押しでカメラが起動するので便利です。
なお、スマートキーは端末がスリープ状態でも機能します。

ダブルタップでスクリーンショットが撮れるナックルジェスチャー

HUAWEI P9のレビューで詳細に書きましたが、指関節のダブルタップでスクリーンショットを撮ったり、文字を書いてアプリを起動したりできるナックルジェスチャーがhonor 8でも使えます。

設定は、設定>スマートアシスト>モーションコントロールスマートスクリーンショット描画です。

スクリーンショットは便利なのですが、描画のほうは指で書いている間にアイコンをタップしたほう速い気がしてあまり使ってはいません・・・。

画面解像度も落とせる「バッテリーマネージャー」

パフォーマンスを落としてバッテリを長持ちさせるという省電力機能は最近のほとんどのスマートフォンに搭載されていますが、例にもれずhonor 8にもあります。

設定>詳細設定>バッテリーマネージャー

バッテリーマネージャーの電源プランでパフォーマンスを基にした一般的な省電力の設定が可能ですが、honor 8ではそれ以外に、画面の解像度を下げて省電力化することも可能です(画面解像度を下げて省電力)。

honor 8の解像度は1920×1080ですが、これを1280×720に落とすことで電力を節約できるとのこと。
これで実際にどの程度の省電力になるのかは測定していませんが、試しに標準解像度の画面と1280×720に落とした画面のスクリーンショットを置いておきます。

ほとんど差は感じませんね。
少しでもバッテリを長持ちさせたいなら、解像度を落としておいてもいいかも。

表示のカスタマイズ系

画面を縮小表示する「ワンハンドUI」

honor 8は5.2インチと最近の端末では標準的なサイズですが、片手で操作しやすいように画面を縮小表示することが可能です。

設定>スマートアシスト>ワンハンドUIから。

ワンハンドUIを有効にした後、ナビゲーションバーに沿って左右にスライドすることで画面が縮小表示されます。

なお、縮小表示中にスクリーンショットをとると、縮小された画面が撮影されます。
解像度は1440 x 800でした。

ナビゲーションバーの表示を変更

Android標準のナビゲーションバーは左からバック、ホーム、タスクとなっておりhonor 8もこれに倣っていますが、Samsung系端末ではタスク、ホーム、バックという並びになっており、混乱することもしばしば。

そんな場合にはhonor 8(honor 8が採用しているEMUIでは)この並びを変更することができます。

設定は、設定>スマートアシスト>ナビゲーションバーから。

順番を逆にする以外にも通知パネルを開くボタンを追加することも可能です。
でもこのボタンは左端に持ってこれるようにしてほしかったなぁ。

ステータスバーの表示内容を変更

画面上部に表示される通知アイコンの有無や通信速度を表示したり、電池残量を%表示したりすることができます。

設定は、設定>通知パネルとステータスバーから。

例えば通信事業者名を表示は下記のような感じです。

あえて事業者名を表示しておく理由もないので、これは非表示でよさそうです。

画面をスワイプダウンしたときの通知バーの表示方法を変える

画面上部からスワイプダウンすると通知バーやショートカットが表示されますが、その表示方法も変更できます。

設定は、設定>通知パネルとステータスバー>ドラッグ操作から。

デフォルトはスマート選択で、通知がある場合は通知の表示、なければショートカットの表示です。
もう一つのドラッグ位置で決定は、画面の左半分でスワイプダウンすると通知、右半分だとショートカットの表示になります。

しばらくドラッグ位置で決定を使っていたのですが、微妙にイラっとすることが多くて結局スマート選択に戻しました。
たぶん慣れの問題だとは思いますけど。

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

MENU

back to top