honor 8をカスタマイズするうえで知っておくと便利な機能

2016.10.16
2016-10-16-14-39-44

4万円前後のミドルクラスでは圧倒的にコストパフォーマンスがいいと思うHUAWEIのhonor 8ですが、他の機種ではあまりみかけない便利機能もいくつか搭載しています。

これまでに紹介済みのものもありますが、あらためて見ていきたいと思います。

ちょっと便利な機能系

背面の指紋センサを使った「スマートキー」

まず、背面にある指紋センサを「強く押す」「2回強く押す」「長く強く押す」ことでそれぞれ機能を割り当てられる「スマートキー」です。
「強く」となっています、honor 8の指紋センサは物理ボタンになっているので、普通に押すだけでOKです(クリック感があります)。

設定 > スマートアシスト > スマートキーで設定を行います。

各動作にはそれぞれ決まったショートカットかアプリを割り当てることが可能です。

「2回強く押す」にカメラを割り当てると、Galaxy S7のようにボタンの2回押しでカメラが起動するので便利です。
なお、スマートキーは端末がスリープ状態でも機能します。

ダブルタップでスクリーンショットが撮れるナックルジェスチャー

HUAWEI P9のレビューで詳細に書きましたが、指関節のダブルタップでスクリーンショットを撮ったり、文字を書いてアプリを起動したりできるナックルジェスチャーがhonor 8でも使えます。

設定は、設定>スマートアシスト>モーションコントロールスマートスクリーンショット描画です。

スクリーンショットは便利なのですが、描画のほうは指で書いている間にアイコンをタップしたほう速い気がしてあまり使ってはいません・・・。

画面解像度も落とせる「バッテリーマネージャー」

パフォーマンスを落としてバッテリを長持ちさせるという省電力機能は最近のほとんどのスマートフォンに搭載されていますが、例にもれずhonor 8にもあります。

設定>詳細設定>バッテリーマネージャー

バッテリーマネージャーの電源プランでパフォーマンスを基にした一般的な省電力の設定が可能ですが、honor 8ではそれ以外に、画面の解像度を下げて省電力化することも可能です(画面解像度を下げて省電力)。

honor 8の解像度は1920×1080ですが、これを1280×720に落とすことで電力を節約できるとのこと。
これで実際にどの程度の省電力になるのかは測定していませんが、試しに標準解像度の画面と1280×720に落とした画面のスクリーンショットを置いておきます。

ほとんど差は感じませんね。
少しでもバッテリを長持ちさせたいなら、解像度を落としておいてもいいかも。

表示のカスタマイズ系

画面を縮小表示する「ワンハンドUI」

honor 8は5.2インチと最近の端末では標準的なサイズですが、片手で操作しやすいように画面を縮小表示することが可能です。

設定>スマートアシスト>ワンハンドUIから。

ワンハンドUIを有効にした後、ナビゲーションバーに沿って左右にスライドすることで画面が縮小表示されます。

なお、縮小表示中にスクリーンショットをとると、縮小された画面が撮影されます。
解像度は1440 x 800でした。

ナビゲーションバーの表示を変更

Android標準のナビゲーションバーは左からバック、ホーム、タスクとなっておりhonor 8もこれに倣っていますが、Samsung系端末ではタスク、ホーム、バックという並びになっており、混乱することもしばしば。

そんな場合にはhonor 8(honor 8が採用しているEMUIでは)この並びを変更することができます。

設定は、設定>スマートアシスト>ナビゲーションバーから。

順番を逆にする以外にも通知パネルを開くボタンを追加することも可能です。
でもこのボタンは左端に持ってこれるようにしてほしかったなぁ。

ステータスバーの表示内容を変更

画面上部に表示される通知アイコンの有無や通信速度を表示したり、電池残量を%表示したりすることができます。

設定は、設定>通知パネルとステータスバーから。

例えば通信事業者名を表示は下記のような感じです。

あえて事業者名を表示しておく理由もないので、これは非表示でよさそうです。

画面をスワイプダウンしたときの通知バーの表示方法を変える

画面上部からスワイプダウンすると通知バーやショートカットが表示されますが、その表示方法も変更できます。

設定は、設定>通知パネルとステータスバー>ドラッグ操作から。

デフォルトはスマート選択で、通知がある場合は通知の表示、なければショートカットの表示です。
もう一つのドラッグ位置で決定は、画面の左半分でスワイプダウンすると通知、右半分だとショートカットの表示になります。

しばらくドラッグ位置で決定を使っていたのですが、微妙にイラっとすることが多くて結局スマート選択に戻しました。
たぶん慣れの問題だとは思いますけど。

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

楽天モバイル

楽天モバイル、楽天スーパーSALEでZenFone 3 Ultraを32,800円で販売

12月3日(土)19時から楽天スーパーSALEが開催されますが、このセール期間中、楽天モバイルが12月9日に発売予定のZenFone 3 Ultraを数量限定で約半額の32,800円(税込)で販売しま

sim360

世界105か国以上でテキストメッセージサービスが使える海外ローミングSIM、「Sim360」レビュー

indiegogoで出資していた、世界105か国以上でテキストメッセージが使い放題になるという「sim360」が届きました。 関連:世界105か国でテキストメッセージが使い放題、着信無料の「Sim 3

nuro mobile

nuroモバイル、データ通信料から5ヵ月間700円を割り引くキャンペーンを開始 2GBプランなら実質無料

So-netモバイルLTEあらためnuroモバイルが、新規契約者に対して毎月700円を5か月間割り引くというキャンペーンを開始しました。 関連:So-net モバイル LTEあらため、「nuroモバイ

Nokia

Nokia、HMD Globalと提携し2017年にスマートフォンをリリースすると発表 日本でも出る?

NokiaがHMD Globalとライセンス提携し、2017年にスマートフォンをリリース予定であることを発表しました。 この内容、以前から言われていたことですが、プレスリリースの形で公式に発表されたの

lenovo-smartphone-phab-2-pro-family-colors-10

Google Tangoに対応した世界初のファブレットLenovo Phab2 Proが国内販売開始

Google Tangoに対応する世界初のファブレット、Lenovo Phab2 Proの国内販売がLenovoの公式ショッピングサイトで開始されています。 Tangoに対応したPhab2 Pro そ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI Mate 9の詳細レビュー 5.9インチだけど片手で楽に持てるサイズ感

HUAWEI Mate 9の詳細レビュー 5.9インチだけど片手で楽に持てるサイズ感

HUAWEIの最新モデル、HUAWEI Mate 9を購入したので早速レビューです。 まだ1ShopmobileやExpansys、GearBestなどのECサイトには入荷していなかったので、今回...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

Amazonプライムの初回年会費が今なら1,000円オフ 12月4日まで

Amazonプライムの初回年会費が今なら1,000円オフ 12月4日まで

Amazonがプライム会員の初回年会費が1,000円オフの2,900円となるキャンペーンを行っています。 プライム年会費が今だけ2,900円 Amazonプライムで見れるオリジナル作品「ドキュ...

レノボ公式サイトでYOGA BOOKの販売が再開 Android、Windowsとも全モデル在庫あり

レノボ公式サイトでYOGA BOOKの販売が再開 Android、Windowsとも全モデル在庫あり

品薄で永らく購入不可の状態が続いていたYOGABOOKですが、公式ショッピングサイトで販売が再開されました。 関連:板タブにもなるフラットなキーボードが特徴のLenovo YOGA BOOK(A...

MENU

back to top