OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モース硬度と鉛筆硬度そしてビッカース硬さ 塗るだけでディスプレイを保護できるというグラスアーマーの効果を再検証

2015.2.7 (更新日:2016.11.01)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近ではスマートフォンにガラスシートを貼るのが当たり前になりつつありますが、これの硬さを表すのに使われているのは「9H」という表示。
硬度という言葉とともに表示されていると、なんとなくモース硬度を思い浮かべてしまいます。
「9Hならモース硬度9のこと」という感じです。

ですが「9H」という表記とモース硬度、実はまったく関係がありません。
私自身が勘違いしていたので、自戒を込めてメモとして残しておきます。

硬さを示す3つの指標

モース硬度

たぶん硬さの基準として一番メジャーなのがモース硬度なんじゃないかと思います。
1〜10の基準で表され、モース硬度10で最も硬いのがダイヤモンドというのは有名ですね。
最近では15段階になった修正モース硬度というのも使われています。

このモース硬度、主に鉱物の硬さを表すためのもので、「あるものを引っ掻いた時の傷のつきにくさ」を表現する尺度です。
例えばモース硬度7の石英で引っ掻いたら傷がつくけどモース硬度6の正長石でひっかくと傷がつかない場合、その対象のモース硬度は6.5ということになります。

モース硬度はあくまでも引っ掻いた時の硬さなので、鉱物そのものの硬さを表しているわけではありません。
例えばモース硬度10のダイヤモンドでもハンマーで叩くと砕けます
ジョジョの第4部は「ダイヤモンドは砕けない」だったけど砕けちゃいます。
なお、一般的なガラスのモース硬度は5で、水晶のモース硬度は7となっています。

鉛筆硬度

鉛筆硬度は塗膜の硬さを表現するためのもので、JISで規格化されています。

モース硬度も引っかきの硬さなので、それじゃダメなの?と思わなくもないですが、モース硬度は基準が曖昧で例えば6.5という硬度の場合、硬度6と7の間という意味しかなく、同じ硬度6.5でも硬さが違うという問題があります。
このため、JISでは鉛筆硬度という基準を採用しており、これはそのものずばりでその表面がどの鉛筆の硬さで傷つくかというものです。

鉛筆硬度試験 図は(株)ワカヤマより

鉛筆硬度試験 図は(株)ワカヤマより

鉛筆の硬さというとBとかHBとかHとかありますが、この「H」がよくガラス製保護シートで使われている「9H」の「H」です。
ようするに、「9H」の保護シートなら、「9H」という硬さ(濃さといってもいいかも)の鉛筆で擦っても耐えられるということです(実際には5回の試験で2回以上傷がつく硬さの一つ下の硬さを表示しているので厳密には傷はつくかもしれません)。

ビッカーズ硬さ

モース硬度、鉛筆硬度が引っかき傷に対する強さなのに対して、これは押し込み硬さを現します。
ダイヤモンドの試料を押し付けて、どれくらいで凹み(傷)が付くかというのを表した数値でHVという単位を使います。

520px-Vickers-path-2.svg

これを表している保護シートというのが存在するのかわかりませんが、スマートフォンでよく使われているゴリラガス4のビッカーズ硬さは596HV、Dragontrailが673HVだそうです。
そしてサファイアガラスは2300HVということで桁違いに強いのがわかります。

グラスアーマーは効果があるのか?

以前にレビューした塗るだけでガラスを水晶化して強化するグラスアーマーですが、そのときはモース硬度と鉛筆硬度を混同していたため、いい加減なことを書いてしまいました。

なので、もう一度検証です。

まず、スマートフォンでよく使われているゴリラガラスなどの強化ガラスはモース硬度は6あたりのようです。
このため、素の状態でカッター(モース硬度4.5あたり)を使ってもまず傷はつきません。

また、鉛筆硬度「9H」をうたう一般的なガラス製保護シートのモース硬度は5程度。
カッターで傷がつくかどうかは以外とぎりぎりのラインみたいです。
なかにはゴリラガラスを採用した保護シートなどもあるので、製品によってはもう少し硬そうです。
ちなみに、モース硬度5のごく普通のガラスであっても鉛筆硬度で表現すると9H以上になります。

前回の検証では、ガラスのプレパラートの一部をマスキングしてグラスアーマーを塗り、そのプレパラートを割れたガラスで傷つけるということを行いました。

グラスアーマー

結果として素の状態のガラスよりも傷がつきにくくなっているのは間違いなかったので、少なくともモース硬度5以上にはなっているはず。

以上を鑑みるに、グラスアーマーが本当にガラス表面を水晶化(モース硬度7)しているのなら、ガラス製保護シートなどよりも効果は高いと言えそうです。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TONE m15

TONEモバイルのスマートフォン、TONE m15をレビュー 子供に持たせるにはちょうどいいかも

名前だけは知っていたものの、個人的にはかなり未知のMVNOサービスだったTSUTAYAのスマホ「TONE」。 今回、リンクシェア経由で端末をお借りして初めて弄ってみました。 決してハイスペックな端末で

楽天モバイル

楽天モバイル、楽天スーパーSALEでZenFone 3 Ultraを32,800円で販売

12月3日(土)19時から楽天スーパーSALEが開催されますが、このセール期間中、楽天モバイルが12月9日に発売予定のZenFone 3 Ultraを数量限定で約半額の32,800円(税込)で販売しま

sim360

世界105か国以上でテキストメッセージサービスが使える海外ローミングSIM、「Sim360」レビュー

indiegogoで出資していた、世界105か国以上でテキストメッセージが使い放題になるという「sim360」が届きました。 関連:世界105か国でテキストメッセージが使い放題、着信無料の「Sim 3

nuro mobile

nuroモバイル、データ通信料から5ヵ月間700円を割り引くキャンペーンを開始 2GBプランなら実質無料

So-netモバイルLTEあらためnuroモバイルが、新規契約者に対して毎月700円を5か月間割り引くというキャンペーンを開始しました。 関連:So-net モバイル LTEあらため、「nuroモバイ

Nokia

Nokia、HMD Globalと提携し2017年にスマートフォンをリリースすると発表 日本でも出る?

NokiaがHMD Globalとライセンス提携し、2017年にスマートフォンをリリース予定であることを発表しました。 この内容、以前から言われていたことですが、プレスリリースの形で公式に発表されたの

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

HUAWEI Mate 9の詳細レビュー 5.9インチだけど片手で楽に持てるサイズ感

HUAWEI Mate 9の詳細レビュー 5.9インチだけど片手で楽に持てるサイズ感

HUAWEIの最新モデル、HUAWEI Mate 9を購入したので早速レビューです。 まだ1ShopmobileやExpansys、GearBestなどのECサイトには入荷していなかったので、今回...

Amazonプライムの初回年会費が今なら1,000円オフ 12月4日まで

Amazonプライムの初回年会費が今なら1,000円オフ 12月4日まで

Amazonがプライム会員の初回年会費が1,000円オフの2,900円となるキャンペーンを行っています。 プライム年会費が今だけ2,900円 Amazonプライムで見れるオリジナル作品「ドキュ...

レノボ公式サイトでYOGA BOOKの販売が再開 Android、Windowsとも全モデル在庫あり

レノボ公式サイトでYOGA BOOKの販売が再開 Android、Windowsとも全モデル在庫あり

品薄で永らく購入不可の状態が続いていたYOGABOOKですが、公式ショッピングサイトで販売が再開されました。 関連:板タブにもなるフラットなキーボードが特徴のLenovo YOGA BOOK(A...

MENU

back to top