[PR] Xiaomiなど中国メーカの端末を購入するならGearBestがおススメ

2016.7.12 (更新日:2016.07.13)
GearBest

Xiaomi Mi Maxを購入したGearBestの紹介です。

中国のECサイト GearBest

名前だけは以前から知っていたのですが、大概のことは米Amazonや英Clove、Expansysや1Shopmobileで済んでいたので、特に新しいところを使う必要はないかなぁっと思っていました。

ただ、GearBestは中国のECサイトということで、最近勢いのある中国系メーカー(Xiaomi、OPPOなど)には強く、他のショップよりも早く購入することができるようです。

実際、今回もまだ他では出回っていないXiaomi Mi Maxを購入することができました(7月14日から香港で発売になるので、その後は他でも購入できるとは思います)。

サイトの表示は英語なので他の通販サイトを利用したことがある人なら迷うことはないでしょう。
一応サイト上からGoogle翻訳を利用して日本語表示にもできますが、製品名まで日本語になってしまうので英語表示のままのほうが使いやすいです。

スクリーンショット_071216_022247_PM

価格は他のサイトとほぼ同等

気になる価格ですが、製品によっては違いはありますが、おおむね他のサイト(Expansys、1Shopmobile、Clove)と同じか少し安くなっているようです。

たとえばXiaomiのフラッグシップ、Mi5の32GB版はGearBestでは$326.991Shopmobileでは$365.00でした(Clove、Amazonでは扱いなし)。

また、割引クーポンの発行や各種セールも度々行っているので、気になるものがあるときは定期的にチェックするといいかもしれません。

ガジェット以外も扱っています

他のECサイトとは違い、スマートフォンやタブレットだけではなくドローンやラジコン、その他おもちゃなども扱っている点です。
量販店的なイメージですかね。

スクリーンショット_071216_030842_PM

以前話題になっていたXiaomiのMiPadなトランスフォーマーも扱っていました。

スクリーンショット_071216_030928_PM

支払いと発送方法

支払いは各種クレジットカードのほか、PayPalも利用できます。

スクリーンショット_071216_024252_PM

発送方法の選択が少し分かり難いのですが、デフォルトでは送料無料の「Flat Rate Shipping」が選ばれています。
ただし、この発送方法はおそらく普通郵便扱いで到着まで数週間かかるうえに別途選択しないとトラッキングNoも発行されません。

日本の感覚だと、「少しでも安くするために時間がかかっていいからこれで・・・」と選択したくなる人もいると思いますが、海外の郵便事象はかなり悪く、途中で紛失したり中身が抜かれたりという話も度々聞きます。
高くても2,000円程度のことなので、ぜひ「Expedited Shipping」を選びましょう。
DHLで配送されてきます。

スクリーンショット_071216_025240_PM

なお、DHLは日本国内では平日日中しか配達してくれませんが、成田(羽田)についたタイミングで(あるいは着く前でもいいのかもしれないけど)サポートセンターに連絡を入れておくと、委託業者(佐川急便)を使って配達してくれます。
一度不在表が入るのを待つよりもお互いのためだと思うので、日中受け取れない人は早めに連絡しておきましょう。

日本語での対応もOK

サポートは英語になるようですが、日本語対応のTwitterアカウント(@kakukumosi)も開設されているので、そこで質問してもOKなようです。

中国メーカの端末を購入するならおススメ

扱っているスマートフォンのメーカーが偏っているので、人によってはまったく興味がないかもしれませんが、XiaomiやOPPO、Meizuなどの端末に興味があるなら一度チェックしてみる価値はあると思います。

また、ASUSなども扱っているので、直近ではZenfone 3が台湾で発売されますが、こういった端末も他よりも早く購入できるかもしれません。

GearBest

※この記事は、GearBestより紹介記事を書いてほしいとの依頼を受けて作成しています。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

登録がちょっと面倒 プリッツを買ってU-NEXTの24時間見放題を試してみた

先日紹介したグリコとU-NEXTがコラボした「プリッツ映画見放題」キャンペーンが始まったので、対象のプリッツを買ってみました。 関連:プリッツを食べながらU-NEXTで映画を観よう! 「プリッツ映画見

FunkyHuaweiがMate 9の日本版ROMをサポート 中国版Mate 9を日本版に更新してみた

以前に紹介した、中国版のHUAWEI Mate 9を欧州版に更新できる「FunkyHuawei」が日本版ROMも対応しました。 中国版の「MHA-L00C00」を日本版の「MHA-L29C635」に更

Xperia XZsはauから発売決定済み? 公式サイトのギャラリーにauのロゴが・・・

MWC 2017で発表されたXperia4機種のうち、どうやらXperia XZsはauから発売されるのが決定しているのかもしれません。 なぜなら、公式サイトのギャラリーに表示されている端末にauのロ

投影した画像にタッチできるプロジェクタ、Xperia Touchが面白い!

スマートフォンはイマイチな今回の発表の中で、往年のSonyらしさを放っていたのがXperia Touchです。 昨年のMWCでXperia Projectorとして発表されていたコンセプト製品ですね。

Sony、ハイエンドなXperia XZ Premiumなど4機種を発表 6インチのXperia XA1 Ultraは今回も防水非対応

SonyがMWC 2017でフラッグシップとなるXperia XZ Premium、XZs、ミドルクラスのXA1、XA1 Ultraを発表しました。 XZ Premiumのハイスペックさも気になるとこ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

「Withings」が消滅 Nokiaブランドに統一へ

「Withings」が消滅 Nokiaブランドに統一へ

2016年6月にNokiaに買収されたWithingsですが、そのブランド名が今夏なくなります。 NokiaとWitingsが、Withingsブランドを廃止し、Nokiaブランドに統一することを...

Xperia XZsはauから発売決定済み? 公式サイトのギャラリーにauのロゴが・・・

Xperia XZsはauから発売決定済み? 公式サイトのギャラリーにauのロゴが・・・

MWC 2017で発表されたXperia4機種のうち、どうやらXperia XZsはauから発売されるのが決定しているのかもしれません。 なぜなら、公式サイトのギャラリーに表示されている端末にau...

「WEBメディアびっくりセール」が名前の通りびっくりするほど熱かった!

「WEBメディアびっくりセール」が名前の通りびっくりするほど熱かった!

ディリーポータルZが主催した「第1回 WEBメディアびっくりセール」に参加してきました。 関連:2月26日のWEBメディアびっくりセールに出展します – Dream Seed 初めての開催とい...

Sony、ハイエンドなXperia XZ Premiumなど4機種を発表 6インチのXperia XA1 Ultraは今回も防水非対応

Sony、ハイエンドなXperia XZ Premiumなど4機種を発表 6インチのXperia XA1 Ultraは今回も防水非対応

SonyがMWC 2017でフラッグシップとなるXperia XZ Premium、XZs、ミドルクラスのXA1、XA1 Ultraを発表しました。 XZ Premiumのハイスペックさも気になる...

MENU

back to top