Galaxy S8+のキーボードカバーをレビュー。わかってはいたけど、日本語入力は不可

日本語、使えない理由はない気がするんだけどなぁ。

2017.5.19 (更新日:2017.05.20)

SamsungがGalaxyシリーズ向けに海外でリリースしているキーボードカバー。最新のGalaxy S8 / S8+向けにもリリースされており、米Amazonで売っていたのでなんとなく購入してみました。

広告

2パーツ構成のキーボードカバー

キーボードカバーは背面カバーとディスプレイ面から装着するキーボード部の2パーツ構成。

背面カバーを付けただけでは何も起きませんが、背面カバーを付けた状態でキーボード部をかぶせると、表示エリアが上に狭まり、BlackBerryのようなスタイルになります。

キーボードはクリック感もあり、なかなか打ちやすいです。

Galaxy S8 / S8+は画面が18.5:9と縦に長いこともあり、表示エリアが狭まっても狭いという感じはしません。なお、この状態でスクリーンショットを取ると、狭まった状態で撮影されます。

日本語入力は不可

あらかじめわかっていたことではあるのですが、日本語の入力はできません。キーボードカバーで利用できるのは標準Samsungキーボードのみですが、Samsungキーボードで日本語設定にしていると、キーボードカバーを被せたときに「対応していない」という無情な通知が行われます。

装着した状態でキーボード設定を見てみると、日本語はグレーアウトしています。ほかにも中国語も入力不可のようです。韓国のハングルは入力可能ですね。

画面をタッチしているわけではない?

このキーボードカバー、背面のカバーにNFCタグ(?)が入っているようで、それにより背面カバーが装着されているかどうかを認識しています。背面カバーを付けない状態で表のキーボードカバーを付けても無反応。また、背面カバーと本体の間に読み取り防止のカードを入れても反応しなくなります。

キーボードカバー、以前はカバーを被せると特殊なソフトキーボードが表示され、キーボードを押すことで裏が出っ張って画面をタッチ・・・と思っていたのですが(少なくとも、昔のキーボードカバーはそういう仕様だったはず)、今回のキーボードカバーはどうも違うっぽいのですよね。

キーボード押しても裏が出っ張らないし、他のソフトキーボードを表示した状態で思のカバーだけを被せても、下にあるソフトキーボードの入力も行えません。

表のカバーを被せたことを検知しているので、表側にも何かしらのセンサーが入っているのだと思いますが、キーを押すことで磁界が変化し、それを読み取るなどをしているのかもしれません。

▲キーボード側を見てみると、うっすらを何かのパターンが見えます。

分解して調べればもっとわかると思いますが、さすがにそこまではできないかな(金銭的に・・・)。

背面カバーだけ使うのもアリ

ちなみに背面カバーは通常のカバーとしても優秀です。薄型でS8 / S8+の外観を損ねることもないですし、シルキータッチの滑り止め加工になっておりとても持ちやすいです。

側面のボタン部分も切りかかれており、操作はしやすいです。

とりあえず、今後のアップデートで日本語対応してくれることを期待しつつ、カバーとして使ってみたいと思います。

Samsung Galaxy S8+ Keyboard Cover , Black
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_
タグ: , ,

back to top