Galaxy S7用にガラス製保護シートを購入 周囲は浮くけど思ったほど気にならない

2016.8.14
Lakko Galaxy S7

グラスアーマーを塗ったあと、TPU製の保護シートを使っていたGalaxy S7ですが、試しにガラスシートでも貼ってみようかということで、Lakkoのガラスシートを購入してみました。

ピッタリ貼れるガラスシートは難しい

スマートフォンのディスプレイは硬くなったといっても、サファイアグラスでも使わない限りホコリに含まれる石英には太刀打ちできないでの必ずキズは付きます。

しかし、最近のスマートフォンは2.5Dという表現でディスプレイの周辺が湾曲しているものが多く、保護シートはもとより周辺が浮かずに綺麗に貼れるガラスシートを探すのは一苦労です。

そして周囲が浮くという話はよく聞きますが、実際にどんな感じなのかは貼ってみないとわからないということで、とりあえずGalaxy S7用にLakkoのガラスシートを購入してみました(S7 edgeではなく、S7です)。

Lakkoを選んだのは以前にも他のスマートフォン用で購入したことがあったのと、単純に安かったから。

やっぱり周囲が浮きまくる

中身はガラスシートのほかクリーニングクロス、アルコール洗浄布、ホコリ除去用のシートと一般的な構成。

Lakko Galaxy S7

そして貼ってみた結果がこちら。
分かっていたこととはいえ、みごとに周囲が浮きます。

Lakko Galaxy S7

あまりに綺麗に浮くので、もともとこういうデザインだと言われると、うっかり信じる人がいるかもしれません。

ただ、周囲が浮くからこの保護シートがダメなのかというとそういうわけでもなく、むしろ周囲を浮かないようにするにはガラスシートそのものを湾曲させて3次元形状で成型するか、浮かない範囲の小さなサイズにするしかありません。

後者だとそもそも保護シートの存在意義が問われてしまうので、綺麗に貼るなら3次元形状の前面を覆うタイプということになります。
Galaxy S7 edge用ですが、以下のようなタイプですね。

ただこのタイプも糊付けされているのが周辺部だけでタッチするとパキパキ音がする(浮いている)とか、モアレ縞がでるとかの問題点が多いようです。

昔のようにスマートフォン自体のガラス面はフラットで、あとから貼るガラスシートの周囲がR加工されているというのが理想的だったと思うのですが、そこに回帰してくるメーカーは出てこないかなぁ。

今回貼った保護シートですが、滑りもいいし、機能的にも問題ないのでこのまま使おうと思います。
周囲が浮いているので引っかかりが気になるかもしれませんが、ケースに入れてしまうとそれも感じなくなります(ケースのほうが出っ張っている)。

Lakko Galaxy S7

ちなみにケースはGalaxy S7 edgeとおそろいのレンズカバーです。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

綾瀬はるかが「おつかれさま!」と労ってくれる、ジャイアントコーンのVR体験イベントが開催中【PR】

綾瀬はるかさんが出演しているCMでおなじみのグリコのアイス、ジャイアントコーンがVRコンテンツを作成し、その体験を行うということで早速参加してきて来ました。 ジャイアントコーン「おつかれさまです!」V

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fas...

MENU

back to top