Galaxy S7 edgeの小ネタ : 半透明なフリップカバーが美しいClear Viewカバーはディスプレイ保護にもお勧め

2016.5.27 (更新日:2016.07.07)
Galaxy S7 edge Clear Viewカバー

普段スマートフォンにはあまりカバーをつけないのですが、Galaxy S7 edgeはいまのところ満足できそうな保護シートもないので、ディスプレイ保護を兼ねてSamsung純正のClear Viewカバーを買ってみました。

写真レビュー

このカバー、ディスプレイ側も覆うフリップカバーですが、フリップ部分は半透明になっています。

Galaxy S7 edge Clear Viewカバー

ディスプレイが消えた状態では何も見えませんが、フリップの下側にマグネットがあり、これに反応してフリップを閉じるとディスプレイが消え、一定時間時計表示になります。この時計は透過してとても見やすいです。

Galaxy S7 edge Clear Viewカバー

フリップを開くと自動的にスリープから復帰します。スマートウォッチなどを「信頼できる端末」に登録してSmartLockを使うとフリップを開くだけでロック解除した状態で立ち上がるので結構便利です。フリップの右下に見えるのがマグネット。

Galaxy S7 edge Clear Viewカバー

フリップは180度きれいに折り畳め、手に持つときも邪魔になりません。

Galaxy S7 edge Clear Viewカバー

フリップを裏に回して握ってみました。横幅はほぼ変わらないので握りやすさはそのままです。

Galaxy S7 edge Clear Viewカバー

フリップを閉じた状態でもボリュームキーにアクセスできるのもポイントですね。

Galaxy S7 edge Clear Viewカバー

ケースをつけたままで3.5㎜ジャックやmicroUSBは利用可能。

Galaxy S7 edge Clear Viewカバー

SIMスロットにもアクセスできます。

Galaxy S7 edge Clear Viewカバー

背面はGalaxyのロゴのみのシンプルなもの。

Galaxy S7 edge Clear Viewカバー

ケース内側にはゴムのようなシリコンのようなシートが貼られており、端末に傷がつかないように配慮されています。

Galaxy S7 edge Clear Viewカバー

カバーをしたままでも電話にでれます

フリップカバーの場合、着信があるとカバーを開けなければいけないのが面倒ですが、このClear Viewカバーなら問題ありません。
着信時には表示がかわり、誰からの電話なのかがそのままでもわかります。

clearview

しかも、カバーをしままで応答操作も可能です。

ディスプレイ保護が難しいGalaxy S7 edgeにぴったりのケース

これを付けたままだとGear VRには収まりませんが、着脱は簡単なのであまり困ることもなさそうです。

本体の四隅とディスプレイを保護しているのでケース本来の役目も期待できそうですし、とりあえずカバーに迷っているのであればお勧めできます。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

MENU

back to top