Galaxy S7 edgeにおすすめなエッジスクリーン対応の保護シート「Araree PURE」

2016.6.30
Galaxy S7 edge

これまでGalaxy S7 edgeに綺麗に貼れる保護シートは無さそうだという理由で、保護シートの類は貼らず、グラスアーマーを塗りディスプレイ面が保護できるClear Viewカバーを使っていました。

しかし先日購入したレンズカバーの使い勝手がよく、常用したいと思ったのであらためてGalaxy S7 edgeの保護シートを探したところ、良さそうなのがあったので購入してみました。

エッジスクリーンに対応したTPU製保護シート

購入したのはArareeのPUREという保護シート。

TPU製の保護シートはほかにもいくつかありますが、これはPET材でエッジスクリーンに合わせた立体的な形状を作り、その上にTPUシートを貼り合わせたものです。

Amazonで2,592円と普通の保護シートの2倍~3倍の値段ですが、値段なりのことはありました。

貼り方は普通の保護シートと同じ

同封物は保護シート1枚とアルコールシート、スクレーパー、ホコリ取り用のシール、クリーニングクロス。
保護シートは2枚セット、3枚セットというものも多いですが、1枚だけというのが厳しいですね。

イラストになった貼り方の手順書がわかりやすくていいかんじです。

Galaxy S7 edge PURE

もっとも、貼る手順自体は通常の保護シートと同じです。
左右が湾曲しているので気泡が逃げにくいですが、ゆっくりと押し出せば綺麗に抜けます。

TPUのシートは気泡を抜くときにシート自体が伸びてしまうものもありますが、この保護シートはそういうことはありませんでした。

4隅が開いているのでケースとの干渉は無さそう

貼り終わったのがこちら。

Galaxy S7 edge

エッジスクリーンに対応していますが、100%覆っているわけではなく、若干小さくなっています。
特に上下はだいぶ隙間があきます。

といっても、あまり気にはなりません。
逆に4隅が空いていることで、ケースと干渉して浮いてしまうということは少ないと思います。

Galaxy S7 edge

指の滑りは悪くなるのでフッ素などを塗ったほうがいい

なかなか良い感じの保護シートなのですが、難点として、指の滑りが悪くなります。

ガラスフィルムのような滑らかな優れたタッチ感で、フィルムを付けていても操作がストレスなくできます。

なんて説明がありますが、そんなことはまったくないです。
指の滑りが悪いので、市販のフッ素コーティングなどをしたほうが良さそうです。

そんなわけで、しばらくはこの保護シートとレンズカバーというスタイルで使いたいと思います。
ガラスシートと違い硬度はないので傷だらけになると思いますが、ひどくなってきたら張り替えれば済むし。

そのころにはGalaxy S7 edgeに綺麗に貼れるガラスシートが出てきてくれると嬉しいのですけどね。

Galaxy S7 edge
タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top