SAMURAI REI(麗)の実機レビュー

2016.5.18 (更新日:2016.06.26)
SAMURAI REI

FREETELが開催したブロガーイベントで、5月27日に発売となるSAMURAIシリーズ第3弾、REI(麗)の実機を触れたので簡単ですが写真レビューしたいと思います。

追記:REIのモニター機としてお借りしたので、実機レビュー第2弾を公開しました。

大きさを感じさせない軽薄ボディ

5.2インチ端末ということで少し大きめなのかと思っていたのですが、手に持った感じは大きいとは感じず、むしろコンパクトにさえ感じました。これは136gという軽さの影響が大きいと思います。

2016-05-18 19.23.07

正面向かって右側にボリュームボタンと電源ボタン。

2016-05-18 19.23.12

左側にはSIMスロットがあります。

20160518_192327

底面はmicroSDとスピーカ、マイク。

2016-05-18 19.23.18

3.5mmジャックは上面にあります。

2016-05-18 19.23.30

ストラップホールがないので、3.5mmジャックが下面にあるとPluggy Lockなどのアクセサリが使いやすかったのですが、ここはちょっと残念です。

ディスプレイの縁は面取りされてる

ディスプレイの縁は面取りされてる

カラーバリエーションは5色

カラーバリエーション。黒が渋くていい感じです。発色的にはブルーもいいですね。ちなみに佐々木希さんはシャンパンゴールドだそうですよ。

2016-05-18 21.23.12
ブラックが渋くていい感じ。アルミでブラックというのは珍しいそう。

ブラックが渋くていい感じ。アルミでブラックというのは珍しいそう。

ところで、すべてのカラーで表面(のガラスの下)にこんな模様が入っているのですが、これはなかったほうが良かったのでは?

2016-05-18 21.40.40

特徴的で実用的なFREETELボタン

SAMURAIシリーズでは初めて採用された指紋認証を兼ねたFREETELボタン。他社端末同様に当然その左右に「戻る」「タスク」のボタンがあるものだと思っていたのですが、ありませんでした。

2016-05-18 19.26.34

ホームボタンを軽くタッチすると「戻る」、ダブルクリックで「タスク」動作になっています。Androidの常識を覆したUIとも言えそうですが、iPhone的でもあり意外と慣れそうです。

なお、通常のナビゲーションバーも設定で表示することができます。ただFREETELボタンの出来がいいので、使う必要はないかな?

片手操作のため、設定系のメニューは下側からのスワイプアップ

通常、画面上部からスワイプダウンして表示するショートカットメニューは下側からのスワイプアップで表示するようになっています。これは片手で操作できるようにするためとのこと。たしかに左手に持った時に親指で簡単に表示することができました。

表示されているアプリアイコンは使用履歴です。

表示されているアプリアイコンは使用履歴です。

上部からのスワイプダウンも残っていて、通知系はそのまま上部に表示されるようです。

2016-05-18 21.42.32

シルバーのみ発売は5月27日

5月20日に予約開始、5月27日発売ですが、27日にでるのはメタルシルバーのみとのこと。他のカラーは1週間ごとにリリースという感じになるようです。

  • スカイブルー 6月上旬
  • シャンパンゴールド 6月上旬
  • ピンクゴールド 6月中旬
  • メタルブラック 6月下旬

久しぶりに使ってみたくなったミドルクラス

これまでミドルクラスの端末は何台か買っていますが、主にレビュー目的で、そのまま使おうと思うものはほとんどありませんでした(昔のXperia goとかは別だけど)。しかしこのREIは、お世辞抜きにかなりいいんじゃないかという感触です。29,900円という価格はちょっと高めかと思っていたのですが、実機を触ってみるとこれで29,900円ならお買い得とさえ感じました。プロセッサがMediaTekというのが気がかりではありますが、メイン機としても十分使えそうな気がしています。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top