SAMURAI REI(麗)のベンチマーク結果 グラフィック性能はイマイチだけどデレステは動く

2016.5.30 (更新日:2016.10.16)
FREETEL SAMURAI REI

FREETELのSAMURAI REI(麗)で各種ベンチマークソフトを実行してみました。

広告

ベンチマークアプリで性能チェック

microSDを内部ストレージとしてフォーマットしていると動かないアプリがある

Android 6.0で追加された「microSDを内部ストレージとしてフォーマット」できる機能、ほとんどの機種で無効化されているのですが、REIでは利用することができました。

ただ、microSDを内部ストレージとしてフォーマットした状態だと、一部のベンチマークソフトを起動することができませんでした。
内部ストレージとしてフォーマットすると、基本的にはアプリはmicroSD上にインストールされるようなので、microSDの動作速度などの問題があるのかもしれません。

この辺は今後検証していきたいと思っています。

ベンチマーク結果

各ベンチマークソフトの結果は下記の通り。
参考としてハイミドルなNexus 5Xの結果も併記しています。

ベンチマークソフト REI Nexus 5X
Quadrant 21,771 18,952
AnTuTu 36,110 58,217
Geekbench 3 マルチ:2,793
シングル:615
マルチ:3,051
シングル:897
3DMark 195 1,045

予想通りではありますが、グラフィック性能は低く、AnTuTuでも3DMarkでも動作はカクカクでした。

デレステは動作可能

そんなグラフィック性能が低そうなREIですが、デレステ(アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ)はスムーズに動きました。
タッチの取りこぼしがあるような気もするのですが、これは私のテクニック不足のせいかもしれません。

デレステ

グラフィック性能は性能は低いものの、デレステの動作状況を見る限りだと大概の3Dゲームは問題なく動くのではないかと思います。

タグ: , ,

back to top