FREETELのフラッグシップ KIWAMI(極) 2の中身をレビュー ベンチマークのスコアは高いけど、デレステの画質は粗い

2017.1.4

FREETELから昨年末に発売となったフラッグシップ端末「KIWAMI(極) 2」をお借りました。

FREETELのフラッグシップ端末 KIWAMI 2

前回のイベント参加時に外観回りのレビューはしているので、今回は主に中身についてのレビューを行いたいと思います。

スペック

まずはスペックのおさらいです。
今月末に発売となる新シリーズのRAIJIN(雷神)と比較してみました。

仕様 KIWAMI(極) 2 RAIJIN(雷神)
ディスプレイ 5.7インチ 5.5インチ
解像度 2560×1440 1920×1080
プロセッサ MediaTek Helio X20 10コア MediaTek MT6750T 8コア
RAM 4GB 4GB
ストレージ 64GB 64GB + microSD(最大128GB)
メインカメラ 16MP 16MP
フロントカメラ 8MP 8MP
バッテリ 3,400mAh 5,000mAh
高さ 157.2mm 153.0mm
77.5mm 76.0mm
厚さ 7.2mm 8.7mm
重さ 168g 183g
NFC × ×
Bluetooth 4.1 4.0
WiFi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n
USB Type-C Type-C

KIWAMI 2はプロセッサに10コアのHelio X20を採用しているのが特徴です|
X20の採用は国内端末では初かな?

ただ、microSDには非対応なのがちょっと残念です。

ベンチマーク

各種ベンチマークの結果は下記の通り。

ベンチマークソフト KIWAMI 2
Helio X20
ZenFone 3(ZE520KL)
Snapdragon 625
HUAWEI P9
Kirin 955
Quadrant 47314 38068 36511
AnTuTu 88566 57439 87922
Geekbench 4 シングル:1652
マルチ:4410
シングル:827
マルチ:3986
シングル:1742
マルチ:5092
3DMark 867 464 638

KIWAMI 2が全体的に高スコアですが、これはRAM4GBの影響が大きいのかな?

デレステは動くけど画質はイマイチ

デレステは動きますが、ジャギーがかなり目立ちます。
デレステのジャギーはHUAWEIのKirin系が顕著ですが、それに近い感じです。

ベンチマーク上はグラフィックが優秀なはずなのにこの結果というのはちょっと意外。
画面の解像度の高さが悪影響を及ぼしているのかもしれません。

KIWAMI 2

ZenFone 3

HUAWEI P9

また、タッチのタイミングも微妙にずれており、反応がワンテンポ遅れる感じがします(これは調整が可能だと思いますけど)。

3Dゲームをバリバリとやりたいというつもりで購入するとがっかりするかもしれません。

スクリーンショット

ホーム画面等のスクリーンショットをまとめて置いておきます。

FREETEL UIのカスタマイズ

特徴的なFREETEL UIも2.0に進化しています。
まず下部にある指紋センサ兼用のFREETELボタンですが、下記の5つの動作が可能です。

押し方 動作
単押し ホームボタン
長押し Google Now(変更可能)
ダブルクリック タスク(変更可能)
タッチ 戻る(無効化可能)
指紋センサ

「戻る」の動作については有効/無効の設定しかできませんが、無効にした場合は通常は表示されていないナビゲーションバーが表示されるようになります。
なお、ナビゲーションバー自体はFREETELボタンの設定に関わらず、独立して表示させることも可能です。

また、前回のレビューにも書きましたが、画面下から上に向けてスワイプすると表示されるFREETEL UI独特のスワイプアップランチャーを無効にして、通常のAndroid同様に画面上部から下へのスワイプでクイック設定を表示させることもできるようになっています。

カメラ

KIWAMI 2ではカメラにも力を入れているということで、16MPのメインカメラを搭載しています。
ただ映りはイマイチかなぁ。

少なくとも、室内ではやや露出不足なのとホワイトバランスがおかしい気がします。

HUAWEI Mate 9で撮影すると下記のようになります。

背景をぼかせる「一眼モード」は結構自然な感じです。
これなら使いどころはあるかも。

過度に期待しなければ値段なりの性能

価格帯的に、競合するのはZenfone 3、moto Z Play、HUAWEI P9あたりですが、この中で抜きに出ているかと言われると正直微妙です。

明確に「何が悪い」というところはないのですが、反面、「ここがいい!」というところもありません。
ハッキリ言うとかなり印象が薄いです・・・。

また、HUAWEI Mate 9もMVNOによってはKIWAMI 2と同じ価格帯まで値下げしているので、かなり分が悪いですね。

REI(麗)を気に入っていて、大画面を望んでいた人になら違和感なく受け入れられると思います。
それ以外の人には強く勧めにくいのですが、FREETELのサポートや、半年毎に残責なしで機種変更できるスマートコミコミに魅力を感じるかどうかで評価が変わりそうです。

FREETEL

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

MENU

back to top