注目のSIMフリー端末、arrows M03とAQUOS mini SH-M03のファーストインプレッション

2016.7.9
AQUOS mini SH-M03

IIJmio Metting 12の会場で先月末に発表された富士通のarrows M03、シャープのAQUOS mini SH-M03を触ることができたので、ファーストインプレッションです。

広告

arrows M03

まず富士通のarrows M03です。

5インチ端末なので大きさ的には標準的ですが、おサイフやワンセグも使え、そのうえ防水で価格が32,800円というのは同価格帯のミドルクラス端末(HUAWEI P9 Lite、FREETEL REIなど)の中では群を抜いてコストパフォーマンスがいいです。

ただ、実際に手に持ってみると、P9 LiteやFREETEL REIに比べて少し安っぽいかなという印象はあります。

arrows M03
向かって左側面。SIMスロット、microSDスロット。

向かって左側面。SIMスロット、microSDスロット。

正面向かって右側面。電源とボリューム。

正面向かって右側面。電源とボリューム。

底面。microUSBポートとストラップホールがあります。

底面。microUSBポートとストラップホールがあります。

上面。3.5mmジャックとワンセグ用の内蔵アンテナがあります。

上面。3.5mmジャックとワンセグ用の内蔵アンテナがあります。

アンテナを引き出すとこんな感じ。

アンテナを引き出すとこんな感じ。

AQUOS mini SH-M03

次にシャープのSH-M03です。
arrows M03よりもハイスペックでハイミドル~ハイエンドよりな端末です。

4.7インチということで、非常に小さく、そして軽いです。
同サイズのXperia Z5 Compactなどは少しずっしりした感じを受けますが、そんなことはなく本当に軽量コンパクトな端末ですね。

プラスチック筐体ではありますが安っぽさも感じません。
この赤いいなぁ。

価格が49,800円(税別)と少々高めなのがネックですが、防水防塵、ワンセグやおサイフも使えるハイエンドなSIMフリー端末ということでかなり良さそうです。

ただ、microUSBポートが側面上部にあるのが残念です。モバイルバッテリで充電しながら使ったり、各種アクセサリを装着することを考えると、これは底面にしてほしかったなぁ。

SH-M03
正面向かって左側面。上部にmicroUSB、下部にストラップホール。SIMスロットなどもこちら側。

正面向かって左側面。上部にmicroUSB、下部にストラップホール。SIMスロットなどもこちら側。

向かって右側面。電源とボリューム。

向かって右側面。電源とボリューム。

底面。マイクのみ。

底面。マイクのみ。

上面。3.5mmジャックがあります。

上面。3.5mmジャックがあります。

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Meizu、背面にセカンドディスプレイを搭載したMeizu PRO 7 / PRO 7 Plusを発表

背面のセカンドディスプレイは意外と実用的かもしれないですね。

News >モバイル

ビックカメラが全店でbitcoin(ビットコイン)決済に対応

まだ本格的に使うには怖いかなぁ。

back to top