第2世代の新Fire TV Stickは「ディスプレイミラーリング(miracast)」が改善。実用できるレベルに

2017.4.10 (更新日:2017.04.15)

第2世代となる新型Fire TV Stickが発売されたので、あまり知られていないかもしれない機能「ディスプレイミラーリング」をあらためて紹介します。これはmiracastのレシーバーになれる、ようするにスマートフォンの画面をFire TV Stick経由でテレビに映せるというものです。

広告

使いやすくなったFire TV Stickのディスプレイミラーリング(miracast)

ディスプレイミラーリングの機能自体は、旧モデルの第1世代にもありましたが、ネットワークの問題なのか、我が家ではまともに接続できず、接続できても遅延がひどくあまり使えるものではありませんでした。しかし第2世代では何の問題もなく接続できるようになりました(5GHz帯に対応したおかげかな?)。

ディスプレイミラーリングの利用方法

利用方法です。まず、Fire TV Stickの設定>ディスプレイ>ディスプレイミラーリングを有効にするを選びます。

すると画面が下記のようになります。

この状態になったら、スマートフォン側でmiracastを開始します。端末によってメニューが異なりますが、HUAWEIだとマルチスクリーン、SamsungだとSmart Viewというメニューです。

▲HUAWEI Mate 9(左)、Galaxy S7 edgeのクイックメニュー(中)、Galaxy S7のSmartView(右)

接続性も改善され、レスポンスもいいので、Miracastレシーバーとしては有力な選択肢になるのではないかと思います。安いしね。

Fire TV Stick (New モデル)
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_
タグ: , ,

back to top