混雑必至? ロト3部作世代には堪らないドラゴンクエストミュージアムに行ってきた

2016.7.22
ドラゴンクエストミュージアム

7月24日から渋谷ヒカリエで開催される「ドラゴンクエストミュージアム」ですが、7月22日、23日は前売りのメタルチケットを購入した人向けの先行体験DAYということで、一足早く観てきました。

これがメタルチケット。紙だけど。

これがメタルチケット。紙だけど。

ドラクエ好きにはたまらない空間

入り口を入るとまず目にするのが歴代主人公の姿。

2016-07-22 10.43.01

この隣では、会心一撃チャレンジに参加することができます。
会心の一撃チャレンジは公式サイトと連動していて、公式サイトを何回も訪問したり、中のコンテンツを見て回ったりするとレベルがあがり、レベルが高いほど攻撃回数が増えてモンスターを倒しやすくなります。

ただ、今日はサーバにアクセスが集中してレベルアップしたキャラクターを使えない(公式サイトにログインしてQRコードを表示)という事態が発生していました。
公式サイトでキャラクターを作っていなくてもチャレンジ自体は可能なのですが、鍛えていた人は残念がっていました。

スクリーンショット_072216_030528_PM

勇気のかけらを全部探して勇者の証をゲット

ミュージアム内には全部6か所に隠れスライムがおり、それぞれ1文字ずつひらながを持っています。
これを全部集めると、勇者の証がランダムで1枚もらえます。

見つけること自体はさほど難しくはありません。

2016-07-22 10.46.09

ちなみにメタルチケット購入者は全10枚の勇者の証をコンプリートした状態でもらえました。

2016-07-22 06.02.16

ミュージアム内は原則撮影禁止

これがとても残念だったのですが、ミュージアム内は原則撮影禁止となっています。

このため、実物大のロト装備や、ロト3部作の画廊などは目に焼き付けるしかありません。
人が滞留しないように、ということなのでしょうが、ほんとうに残念です。

ロト伝説の画廊(公式サイトから)

ロト伝説の画廊(公式サイトから)

ジオラマは撮影OK

撮影がOKだったのは、ジオラマコーナーとアトラクションコーナーのみ。

ジオラマは細かいところまで作り込まれていて圧巻でした。

これはお祈り世界樹。
世界樹の葉に願い事を書いて、お祈りするという、ただそれだけのものです・・・。

2016-07-22 11.31.13

このほか、ドラゴンクエストIのモンスター原画や町やダンジョンの開発時のマップイラストなども展示されており、リアルタイムで体験していた世代としては非常に懐かしく感じました。

先行体験DAYだったけど、人が多すぎ

今回はオープン前の先行体験DAYということで、少しはゆっくり観れるのではないか・・・と期待していたのですが、甘々でした。
10時開場だったのですが、10時の時点で開場待ちの長蛇の列。
入場できたのは30分後でした。

会場内も人が多すぎてゆっくり立ち止まって見るなんてことはできず、ジオラマを見るにも人をかき分けて進むような感じです。

石板パズルというアトラクションが一番人気だったようですが、その場にたどり着いた時には1時間30分待ちということで、断念しました。

スクリーンショット_072216_032723_PM

フードコーナーも大混雑。
ただ、回転は速そうでした。

2016-07-22_11.43.22_072216_025443_PM
プチスライムカレー。見た目はあれですが、味はカレーでした。

プチスライムカレー。見た目はあれですが、味はカレーでした。

一般公開後は激混み?

先行体験がそんな感じなので、7月24日からの一般公開では相当に混雑するのではないかと思います。

子供連れで行こうとしている人もいると思いますが、ミュージアム内にトイレはなく、再入場も不可となっているので注意してください(カフェエリアにはあるっぽいですが、そこまでたどり着くのが大変かつ、カフェエリアからの再入場も不可です)。

朝10時から入場できる朝チケットで混む前に観て回るか、おそらく空くであろう夜間(ミュージアムは22時まで)に行くのがいいかもしれません。
ゆっくり見て回っても1時間あれば余裕です。

鳥山明先生のイラスト

鳥山明先生のイラスト

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

MENU

back to top