IoT時代の嗜み? 「Arduinoではじめる電子工作超入門」 – オームの法則からパソコンで制御する方法までArduinoの基本がわかる1冊

2017.4.19

ブログ飯で有名な染谷さんのオンラインサロン「ギガ盛りブログ飯」というオンラインサロンに参加しているのですが、このサロンの特典として、複数の出版社から、レビューを条件に献本してもらえる「ギガ盛りUnlimited」というサービスがあります。

今回、このサービスを使って「Arduninoで始める電子工作超入門」を献本頂いたので、早速読んでみました。

これ1冊でできる!Arduinoではじめる電子工作 超入門 改訂第2版 Kindle版
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

オームの法則からArduinoの基本、各種デバイスの動作まで幅広く解説

ガジェット好きな人なら何かと「Arduino(アルドゥイーノ)」という言葉を聞いたり目にしたりする機会が多いのではないかと思います。私もこれまで度々目にしてきたし、漠然と「あれやこれやできるマイコンボード」という認識だけ持っていました。

▲Arduino互換のゲーム機なんてものも。

しかしそれではダメだろうということで本書で勉強してみようかと思った次第です。

本の構成

本書の構成は下記。

  • Part 1 Arduinoとは
  • Part 2 Arduinoの準備
  • Part 3 プログラムを作ってみよう
  • Part 4 電子回路をArduinoで制御する
  • Part 5 I2Cデバイスを動作させる
  • Part 6 シールドを利用する
  • Appendix

全体をざっと眺めた程度ですが、図や写真が多用されていて、とても読みやすくなっています。基本的な内容は本文の中で説明されており、補足や専門的な内容は「NOTE」という形でまとめているというスタイルです。

▲学生時代を思い出します

Part 1 Arudinoとは

ここでは、そもそもArduinoってなんだ?というところから解説されています。ちなみに何かというと、

「Arduino」は、Arduino LLC社とArduino S.R.L社が開発および提供するワンボードマイコンです。手のひらに載るほどの小さな基板で、ICや端子などたくさんの部品がむき出しで付けられています。この小さなボード1つで、LEDやモーターなどの電子部品を動作させることが可能です。

というもの。

この辺の話はWikipediaにも載っていますが、それよりも分かりやすくかみ砕いて説明されている感じです。また、Arduinoの様々なエディションや派生ボードも写真付きで説明されいます。

Part 2 Arduinoの準備

Part 2では、パソコンとのつなぎ方、開発環境のインストール方法がスクリーンショット満載で説明されています。

part 3 プログラムを作ってみよう

Part 2で用意した2つの開発環境、Arduino IDEとS4Aの実際の使い方の説明です。ここだけはArduinoを離れて、基本的なプログラミングの解説(変数とか条件分岐とか)になっています。

Part 4 電子回路をArduinoで制御する

ここがメインとも言える内容で、実際に電子回路を組んでArduinoから制御する方法が解説されています。電圧、電流、抵抗、オームの法則、直列回路、並列回路、回路図の見かたなど電子回路の基本が一通り説明されているので、これまで電子回路に縁がなかったという人でも理解できるのではないかと思います。

▲基礎の基礎から説明されている感じ。

ただ、全部が全部説明されているわけでもなく、タクトスイッチの説明の後にチャタリング防止回路、そしてシュミットトリガー機能をもった汎用ロジックICの説明がくるなど、内容のふり幅が大きいです。

教科書ではないので当然なのですが、「こういう場合にはこうするもの」という定石が載っている感じですね。

Part 5 I2Cデバイスを動作させる

Part 6 シールドを利用する

温度センサなどの汎用のI2Cデバイス、Arduino用に作られた機能拡張用のシールドの説明です。応用編ですね。

手を動かしながら見る本

この手の本は読んでお終いというわけではなく、実際に手を動かしながらリファンレンス的に使うもの。そんなわけで、AmazonでArduinoと電子部品などもセットになったものを購入してみました。

ArduinoそのものではなくArduino UNO R3の互換ボードです。

Kuman 40 in 1 Arduino用キット 初心者 アルドゥイーノメガ UNO R3対応互換ボード プロジェクタキット 基本セット 日本語マニュアル K4
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

はんだ付け不要で、差し込むだけで電子回路を作れるブレッドボードも入っているので、小学生くらいの子供さんでも大人と一緒ならやれるかも。USB扇風機を制御したりする例も載っているので、それなりに楽しそうではあります。

そんな感じで、しばらくはこれをこれを使ってArduinoの勉強をしたいと思います。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

グラブルやシャドウバースもカウントフリーに! ゲーマーのためのMVNO、LinksMateが7月1日サービス開始

ゲーマーのためをうたうMVNO、LinksMateが発表されました。正式オープンは7月1日。現在、先行会員登録の受付を行っています。 ゲームプレイヤーのためのSIMカード LinksMate LinksMateは、データ ...

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

会社を辞めてからちょうど1年。ブログやら寄稿やらをしつつ、主夫もしているので料理はほぼ毎日作っています。ただ段々とメニューがマンネリ化していくのが悩みの種。 病院の待合室などでオレンジページやレタスクラブがあればついつい ...

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

先日、Galaxy S8をシースルーにしていたJerryRigEverythingが今度はLG G6もシースルーにしています。 関連:背面が透明なGalaxy S8を作る方法。フィルムさえ剥がせれば意外と簡単そう – D ...

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

大いに世間を騒がせる結果となったHUAWEIの最新フラッグシップモデル HUAWEI P10 / P10 Plusに規格が異なる3つのストレージが使用されていた問題ですが、その続報が入ってきました。 関連:HUAWEI ...

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

英語には「Sheeple」という造語があるそうです。Sheep(羊)とPeeple(人々)の混成語で、「従順で、すぐに人の言いなりになったり、影響を受けやすい人々」というちょっと皮肉を込めた言葉なのですが、このSheep ...

MENU

back to top