ボタン一つで注文できるAmazon Dash Buttonをレビュー セットアップ方法を紹介

2016.12.5
Amazon Dash

ボタン1つで商品を注文できるAmazon Dash Buttonを購入してみたので、セットアップ方法を紹介したいと思います。

ボタン一つで注文できるDash Button

写真レビュー

パッケージはちっちゃなAmazon段ボールという感じでかっこいいです。

Amazon Dash

本体。

Amazon Dash

裏面には粘着テープ(というか粘着ジェル)が付いています。

Amazon Dash

バンパー的なものは取り外し可能。
フックでぶら下げたりするときに使うものですが、壁などに貼り付けて使う場合は外してしまって大丈夫です。

Amazon Dash

セットアップ方法

Dash ButtonはWiFiを内蔵しており、それ自体で注文が行えるのですが、セットアップにはスマートフォンが必要です。
設定はスマートフォン(iOS/Android)のAmazonアプリから行います。

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

Amazonアプリの左上のメニューから、アカウントサービス > Dush端末 新しい端末をセットアップでセットアップが開始されます。

WiFiに接続すると、そのDash Buttonで購入できる商品のリストが表示されるので、ボタンを押したときに注文するものを1つだけ選びます。
対象商品は後から変更することも可能です。

商品を選び、配送先や支払い方法を確認すればセットアップ完了です。

使い方

使い方は簡単で、ボタンを1回押すだけです。

ボタンを押すと、LEDが白く点滅したあと、数秒間、緑の点灯になります。

Amazon Dash

この時、スマートフォンにはボタンを押したという通知がきます。
その通知をタップすれば注文内容の詳細が表示され、ここからキャンセルも可能です。

なお、複数回Dashを押してしまった場合にも、1回のみしか注文は行われません。

ちなみに、注文がうまくいかなかったり、在庫切れで注文できない場合などは、LEDが赤く点灯するそうです。

電池交換不可 基本は使い捨て

なお、このDash Buttonですが、バッテリは交換できず、基本は使い捨てとなります。
ただ、内蔵バッテリで1000回はボタンを押せ(注文可能)、数年間は利用可能とのこと。

米国でも昨年始まったばかりなので、まだ実績はほとんどないと思いますが、米Amazonではバッテリが切れたら無償交換してくれるという話もあるようです(サイトで調べましたが、記載は確認できませんでした)。

実質無料(500円ですが、初回注文時に500円割引があります)の製品なので、基本は買い替えになるのでしょうね。

種類が少なく、まだまだこれから

Dash Buttonは日本では始まったばかりなのでまだ種類が少ないですが、これから徐々に増えていくでしょうし、ますます便利になりそうです。
Dashで注文したらPrime Nowで1~2時間で配達される、なんて未来も来るかもしれないですね。

なお、米国ではカスタマイズ可能な「AWS IoT」というボタンも販売されているのですが、これも日本で出るかな?

Amazon Dash Button

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

これまで、タブレットやPC向けのRemixOSをリリースしていたjideが、スマートフォン向けのRemixOS for Mobileを発表しました。 その前にRemixOSとは何ぞやという話ですが、こ

猫のためのスピーカー? OMAKER M7が20%オフになるキャンペーンを実施中

2月22日は222(にゃんにゃんにゃん)で猫の日だ!ということで、OMAKERが猫のためのBluetoothスピーカー M7を本日限定かつ300台限定で20%OFFになるキャンペーンを行っています。

HUAWIE novaとnova lite発表 若者向けアピールのミドルクラス 2月24日発売

HUAWEI Japanが日本市場向けにHUAWEI nova、nova Liteを発表しました。 どちらも2月24日に発売となります。 若者向けのnovaとnova lite 「日本市場向けに」とい

Amazon、音声リモコンが標準装備になった新型Fire TV Stickの予約を開始 4月6日発売

Amazonが新型Fire TV Stickの予約受付を開始しました。 発売は4月6日、価格は4980円です。 この新型、米国では昨年10月に発売されていますが、大きな変更点として、パーソナルアシスタ

3(さ)月10(と)日は「たけのこの里の日」に オリジナルVRゴーグルが当たるキャンペーンを2月28日から開始

3月10日は「さ(3)と(10)の日」ということでたけのこの里の記念日になったそうです。 たけのこの里と言えば、きのこの山ですが、こちらはすでに8月11日の山の日が記念日として制定されています。 「山

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

これまで、タブレットやPC向けのRemixOSをリリースしていたjideが、スマートフォン向けのRemixOS for Mobileを発表しました。 その前にRemixOSとは何ぞやという話です...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

HUAWIE novaとnova lite発表 若者向けアピールのミドルクラス 2月24日発売

HUAWIE novaとnova lite発表 若者向けアピールのミドルクラス 2月24日発売

HUAWEI Japanが日本市場向けにHUAWEI nova、nova Liteを発表しました。 どちらも2月24日に発売となります。 若者向けのnovaとnova lite 「日本市場向け...

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

HUAWEI P9とP9 lite、どちらを購入するか悩んでいる人のために、スペック比較と選ぶためのポイントになりそうな箇所をピックアップしてみました。...

MENU

back to top