ABOATの低価格なUSB C変換アダプタをレビュー microUSBケーブル付きでお買い得かも

2017.1.11

ABOATさんのご厚意で、USB Type-C変換アダプタとmiroUSBケーブルのセットを頂いたので、レビューしたいと思います。

安いけれどちゃんとしたUSB Type-C変換アダプタ

USB Type-Cの変換アダプタ、以前は粗悪品も多く出回っており問題視されていましたが、最近はそこまでひどいものはさすがに淘汰されているようで、不具合などは聞かなくなっています。

今回のABOATの変換アダプタも「変換アダプタ2個 + microUSBケーブル2本 + 収納ポーチ付き」で680円と破格値ですが、確認した限りでは何の問題もないお買い得品でした。

付属のポーチ

まず変換アダプタですが、これはUSB Type-Cの仕様通り56kΩの抵抗を使用しているとのことです。
このため、電流の上限は1.5Aとなり、3AのUSB PDの充電には利用できませんが、変換アダプタの時点で当然のことなので問題ありません(逆に使用できるというものがあったら、それは規格外品です)。

「Nexus 5X + ABOAT変換アダプタ + ABOAT microUSBケーブル」の構成で繋いだところ、4.97V/790mAという結果でした。
定格は900mAなので問題なさそうです。

ただ1点気になるのが、変換アダプタへのmicroUSBケーブルの差し込みが浅いです。

浅いのですが、抜けかかってるとかそういうことはなく、これでちゃんと嵌っています。
おそらく、もとからこういう設計なのでしょう。
変換アダプタが嵌っているということを視認しやすくするためだったりするのかな?(手持ちのアダプタ、挿していることに気づかず探したりすることがたまにあります)。

なお、microUSBケーブルのほうは、Galaxy S7 edgeの急速充電に対応していました。
こちらも品質的には問題なさそうです。

先にも書きましたが、USB Type-Cの変換アダプタだけでも1,000円近い値がするものが多い中で、ケーブル付きで680円というのはなかなかにお買い得ではないかと思います。

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top