スマートフォンで月を綺麗に撮影する方法

2016.11.14
honor 8

2016年11月14日(月)は満月、しかも月が地球に近づいているため68年ぶりとなる大きな満月(スーパームーン)となるようです。

そんなスーパームーン、せっかくなので写真に残したいところですが高いデジタル一眼なんで持ってないし・・・という人のため、スマートフォンでそれなりに撮影する方法を紹介します。
※最初に断っておくとトップ画像の月はスマートフォンで撮影したものではありません・・・。

今回利用したスマートフォンはHUAWEIのhonor 8です。
他のスマートフォンでも同様の方法で撮影できると思いますが、最低限、ISOとシャッター速度を調整できないと厳しいです。
iPhoneのように標準では調整できない機種でもアプリを入れればなんとかなる場合もあります。

まず自動設定で普通に月を撮影しようとすると、月が明るく光ってしまって、おそらくイメージしている写真とは違うものが写ります。

2016-11-13-15-38-09

そこで、プロモード(マニュアルモード)を使い、ISOを最低(多くの機種では100あたりが最低)にします。
そして、ホワイトバランスをオート、フォーカスをマニュアルで無限遠(∞)に設定します(設定できなければAFでも大丈夫です)。

シャッター速度は写真を撮りながら調整していきます。
シャッター速度は速いほど(1/640とかの分母が大きいほど)暗く、遅いほど明るく写りますが、月を撮影する場合は1/640とか1/1000とか、スマートフォンではあまり使ったことがないシャッター速度でキレイに写ると思います。

上記の設定をすると、画面上は点みたいな感じで月が写りますが、ちゃんと撮影できるはず。

2016-11-13-15-38-22

上記の画像を等倍で切り出すとこんな感じです。

honor8_moon1

雲がかかっていたので、晴れていればもう少しだけ鮮明にはなると思います。

ただ、スマートフォンだとこの辺が限界ですね・・・。

月であれば、5,000円前後の望遠鏡でも十分大きく見えるので、安いのを1本買ってしまうのもいいかもしれません。
最近はどのメーカーもスマートフォン用のマウントなどを出していたりするので、スマートフォンでの撮影に苦労することは少ないと思います。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top