海外通販のススメ【その5】 米Amazonでの買い物の仕方(米Amazonのアカウントの作り方)

2017.1.2

このサイトでも度々米Amazonでのセール情報などを載せていますが、海外通販を行うにあたりもっともハードルが低いサイトの一つが米Amazon(Amazon.com)です。
なにしろ、画面がすべて英語なのを除けばメニュー構成などは日本のAmazonとほぼ変わらず、かなりとっつきやすいのではないかと思います。

米Amazonでのアカウントの作り方

米Amazonがとっつきやすいといっても、日本のAmazonのアカウントは使用することができず、米Amazon用のアカウントを作成する必要があります。

ところで、Amazonは日本を含む14か国(アメリカ、カナダ、ブラジル、メキシコ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オランダ、中国、インド、オーストラリア、日本)でサービスを行っていますが、アカウントが共通で使えないのは日本と中国だけで、残りの12か国は同じアカウントを使うことができます。
つまりアメリカのAmazonでアカウントを作れば、同じアカウントでイギリスやドイツのAmazonでも買い物が可能ということです。

米Amazonでアカウント作成

まず、米Amazonにアクセスし、日本だと「アカウントサービス」となっている右上のメニューから、「Start here」をクリックします。

すると、「Create account」の画面になるので名前とメールアドレス、パスワードを設定します。

最後に「Create your Amazon account」を押すとアカウントが作成されトップページに戻ります。

住所も先に登録を

この状態で先に欲しい商品を選んでもいいのですが、住所を登録しておくとその商品が日本へ発送可能かどうかが注文に進む前にわかるので、先に登録してしまいましょう。

住所は、「Your Account」の「1-Click Settings」から登録ができます。
下部にある「Weekend Delivery」と「Security access code」は無視(空欄)して構いません。

なお、英語での住所の書き方は「海外通販のススメ【その4】」を参考にしてください。

登録後、「Click here」をクリックして、デフォルトの住所として設定しておくと、商品ページをみるとそれが日本へ発送可能かどうかが表示されます。

発送方法を選ぼう

実際に商品を注文する際、発送方法として何パターンか表示されます(Amazon発送の場合。マーケットプレイの場合は固定のこともあります)。

どれを選ぶかは、単純に到着までの時間の差です。
最速の場合、到着の日付が表示されますが、概ねその日付で本当に到着します。

支払い方法は最後に登録

支払いの方法は注文の最後で指定します。
通常はクレジットカードの登録です。

登録したクレジットカードはアカウントに紐づけられるので、次回以降はそれを選ぶだけで入力は不要になります。

関連記事

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

子供がいるなら暗証番号方式のスマートロックがおススメ! クラウド管理もできる「RemoteLock」を導入【AD】

うちの小学生の長男と長女は、帰宅時間に私が家にいなかったりすることもあるのでカギを持たせてはいるのですが、そのカギは基本ランドセルにつけっぱなしです。なので、休みの日などに遊びに出かけしまうと、カギを

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top