キャリアとMVNO(格安SIM)の20GB以上の大容量プランの価格を比較

2016.10.13 (更新日:2016.11.22)
SIM

3大キャリアに続いてMVNO、いわゆる格安SIMでも20GB以上の大容量プランを提供するところが増えてきました。
そんなMVNOが提供している大容量プランは3大キャリアと比べるとどの程度安いのか?をまとめてみました。

3大キャリアの大容量プラン

ドコモ

まずドコモですが、データ容量が20GB/30GBのウルトラパック、50GB/100GBのウルトラシェアパックを提供しています。

基本プランはカケホーダイライト(1700円)でSPモード(300円)を契約している場合、各料金は下記のようになります。

プラン名 容量 月額
ウルトラデータLパック 20GB 8,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 10,000円
ウルトラシェアパック50 50GB 18,000円
ウルトラシェアパック100 100GB 27,000円

au

auはスーパーデジラとして20GB/30GBの大容量プランを提供しています。

基本プランをスーパーカケホ(1700円)、LTE NET(300円)を契約する場合、各料金は下記のようになります。

プラン名 容量 月額
データ定額20 20GB 8,000円
データ定額30 30GB 10,000円

Softbank

Softbankではギガモンスターとして20GB/30GBの大容量プランを提供しています。

基本プランを通話委定額ライト(1700円)、ウェブ使用料(300円)を契約する場合、各料金は下記のようになります。

プラン名 容量 月額
データ定額20GB 20GB 8,000円
データ定額30GB 30GB 10,000円

見事なまでに横並びな3大キャリア

あらためて書くまでもないですが、見事なまでに横並びですね。
どうせなら各社で料金プランを統一しちゃえばいいのにとも思います。

そんなわけで、キャリアの大容量プランは、20GBが8,000円、30GBが10,000円となっています。
すべて通話プランでの価格ですが、データプランで契約しても金額は変わりません。

MVNOの大容量プラン

3大キャリアの場合、通話プランでもデータプランでも原則としてトータルの料金は変わりませんが、MVNOの場合はデータプランでの価格を基準にしています。

イオンモバイル

通常プランでも業界最安級、大容量プランは10月1日に値下げが行われ最安値となっています。
※11月4日以降は楽天モバイルが発表したプランが最安となります。

プラン 月額 キャリアとの差額
20GB 4,480円 △3,520円
30GB 6,480円 △3,520円
40GB 7,480円
50GB 10,3000円

⇒ イオンモバイル

FREETEL

FREETELの大容量プランは11月1日から開始予定です。

FREETELでは、LINE、Facebook、Twitter、InstagramといったSNS系サービスの通信がカウントされないのが特徴です。
※ただし、公式アプリを使用した場合のみ。

プラン 月額 キャリアとの差額
20GB 4,870円 △3,130円
30GB 6,980円 △3,020円
40GB 9,980円
50GB 12,800円

FREETEL

DMM Mobile

DMMは最大プランが20GB。
最大3枚のSIMで分けあるシェアコースもあります(データ通信で3枚なら同じ価格)。

プラン 月額 キャリアとの差額
20GB 4,980円 △3,020円

DMM mobile

日本通信(b-mobile)

日本通信は、10月17日から25GBのプランを開始しました。

一時期は安かろう悪かろう(遅かろう)の代名詞的な扱いでしたが、最近は改善してるのかな?

プラン 月額 キャリアとの差額
25GB 2,380円 △5,620円(20GBとの比較)

b-mobile

楽天モバイル

2016年11月4日から20GB、30GBの大容量プランを開始します。

これまでイオンモバイルが大容量プランではMVNO最安でしたが、楽天モバイルがそれを下回り最安となります。

プラン 月額 キャリアとの差額
20GB 4,050円 △3,950円
30GB 5,450円 △4,550円

U-mobile

U-mobileは大容量プランではありませんが、IIJをMVNEとしたU-mobile PREMIUMで使い放題プランを提供しています。

※10月17日から25GBの大容量プラン U- Mobile Maxの提供を開始しました。

プラン 月額 キャリアとの差額
25GB 2,380円 △5,620円(20GBとの比較)

U-Mobile

DTI

DTIも大容量プランではありませんが、使い放題プランを提供しています。

  • ネット使い放題:月額2,200円

※11月30日までに申し込むと、キャンペーンで半年間1,100円になります。

DTI SIM

※追記:11月21日より10GB、15GB、20GBの大容量プランを提供開始しました。

プラン 月額 キャリアとの差額
20GB 4,850円 △3,150円

大容量、使い放題プランは固定回線の代わりになる?

使い放題系は総じて速度が遅めになるようですが、大容量プランは通常の速度が出るようなので、速度が速いと評判のFREETELあたりはかなり期待できそうです。

家に固定回線を引いていないという人も増えていそうなので、代替えとしては十分使えるかもしれません。

というか、そういう使い方をしないと50GBとか使いきれないと思うのですが、みんな何に使ってるんでしょうね?

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

MENU

back to top