生活が変わったので回線契約も見直し IIJmioをミニマムスタートに変更してFREETELを新規に契約

2016.5.2 (更新日:2016.05.07)
Freetel

5月に入ったのでIIJmioのファミリープランでSIMを3枚使っていたのをメインの音声回線だけミニマムスタートに変更し、新たにFREETELのSIMを契約してみました。

生活の変化に合わせて回線の整理

これまでIIJmioのファミリープランを契約していた主な理由は通勤や出張の移動中に動画などを視聴するのが目的だったのですが、退職に伴いその理由がなくなってしまいました。通勤時間の動画視聴がなくなれば、データ容量はIIJmioのミニマムスタート(3GB)で十分。しかし他に持ち歩いている端末にもSIMは欲しいので、評判がよくキャンペーンで半年間1GBが無料なFREETELにしてみました。

月額は少し減る、はず

いままではIIJmioのファミリープランではデータ容量10GBを3枚のSIM(音声1枚とデータ専用2枚)で共有して使っており、費用は毎月3,260円でした。これを音声契約の1枚だけ残しミニマムスタートに変更したことでデータ容量は3GBになりますが費用は月額1,600円です。ここにFREETELのデータ通信が加わって、月額は1,899円(~3.1GB)~4,070円(~13GB)。

FREETELの料金プラン

FREETELの料金プラン

今後はデータ専用端末(Huawei P8Max、iPhone 6s)で5GBも使わないだろうから、実際はもっと安くなると考えています。予想では3GB/月以下で費用トータルは2,500円/月あたりになると思っていますが、これは生活リズムが落ち着かないとわからないですね。

  • 従来:IIJmio ファミリーシェア(10GB) 音声SIM x 1、データSIM x 2 月額3,260円
  • 今後:IIJmio ミニマムスタート(3GB) 音声 SIM x 1 + Freetel データSIM x 1 月額1,899円~4,070円

使った分だけ支払うフレキシブルな料金プランが魅力

実際のところ、FREETELの各データ容量あたりの費用はIIJmioと差はありません。

IIJmioの料金プラン

IIJmioの料金プラン

IIJmioは各データ容量に達した場合、100MBあたり200円のクーポンを追加するか、上限200kbpsに制限された通信を行うことになります。対してFREETELのほうは10GBまで使った分だけ支払う段階方式の料金プランです。

img_charge_plan01

「今月は金欠なので3GBまでに抑えたい……」というような場合には、200kbpsの節約モードに変更することでデータ容量を節約することができます(200kbpsの通信はデータ容量としてカウントされない)。

使用する容量がほぼ決まっているならIIJmioのほうがお得になることも

FREETELの方が使った分だけの支払いでお得な印象がありますが、実際にはIIJmioの方がお得かもしれないという場合があります。それは、2GBや4GBなど、各プランの上限いっぱいまで利用しない場合です。

IIJmioは3GB、5GB、10GBと上限が決まっており、先に書いた通りそれを超える場合は別途クーポンを購入するか200kbpsの通信になります。しかし、上限に届かなかった場合には、残りの部分が翌月に繰り越されます。

例えば、IIJmioで3GBのミニマムスタートを契約していて今月は2GBしか使わず1GB分を余らせたという場合、来月は同じ金額で3GB + 1GBの4GBのデータ通信が可能です。繰り越したパケットから消費されるので来月も3GBしか通信しなければその翌月も1GB増えて4GBとなります。

image05

一方でFREETELは段階的な料金になっており、データ容量の繰り越しはありません。このため、2GBしか使わない場合でも3GBと同じ料金となります。見方によっては1GB分のデータ容量が消滅したとも言えます。

なので、普段の使用量が3GBあるいは5GBに届かないけど1GBや3GBには収まらないという人にとっては、気持ち的にはIIJmioのほうが安く感じるかもしれません。

最適解は人によって違うので、実際に試してみるのがお勧め

そこまでストイックに費用を切り詰める人は少ないでしょうから、実際には自分がどれだけデータ通信を行うか、また生活圏での繋がりやすさや速度などを確かめてみるのがベストだと思います。

幸い、データ通信だけなら契約解除金が発生しないことがほとんどなので、無料期間のキャンペーンなどがある時に契約してしばらく使ってみて、不要なら解約する、良さそうであれば音声回線もMNPするなどの対応がいいと思います。

そんなわけでFREETELの1GBが半年無料のキャンペーン申し込みはは5月16日までとなっています。初期費用の3,000円はかかりますが、その後は半年間1GBまでの通信が無料となります(通常499円)。

(link FREETEL)

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1は...

MENU

back to top