HUAWEI Mate 9の各社販売価格まとめ 長く使うつもりならエキサイトモバイルが安い

2016.12.16
rm_mate9

12月16日(金)に国内で発売開始となったHUAWEI Mate 9ですが、MVNO3社でも取り扱いを開始し、早速割引が行われています。

MVNO

DMMモバイル

  • 価格 : 49,800円
  • 契約条件:データSIM、通話SIMのどちらでもOK
  • その他:通話SIM契約の場合、DMMポイント3000ptプレゼント(1月16日まで)

DMMのSIMパッケージはAmazonなどでも販売されていますが、データSIMの場合、パッケージでは端末セットの購入はできないので注意が必要です。
音声SIMのパッケージは、オンラインで申し込み時に端末も可能です。

初期手数料が安くなるので、通話SIMを契約するならパッケージを購入するのをお勧めします。

DMMモバイル

Exciteモバイル

  • 価格:49,800円
  • 契約条件:データSIM、通話SIMのどちらでもOK
  • その他:12月31日まで抽選でドローンなどが当たるプレゼントキャンペーン実施中

最大28,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中

Exiteモバイルでは、1月5日AM 11:59までの期間限定で、申し込みプランに応じて最大28,000円のキャッシュバックが行うキャンペーンも実施されています。

エキサイトモバイル

実際にキャッシュバックが最大となる50GBプラン(データ通信で月額13,800円)を契約する人はそうそういないと思いますが、現実的なところでは音声SIM契約なら1GBのプランでも10,000円のキャッシュバックが受けられます(ただし、キャッシュバックはt利用開始から13か月目に行われます)。

エキサイトモバイル

楽天モバイル

  • キャンペーン期間:2017年1月13日まで
  • 価格:50,800円(通話SIM契約)、55,800円(データSIM契約)

いつもは三木谷割りが話題になる楽天モバイル、普通に考えれば十分に大きな割引なのですが、Mate 9に関してはDMMやExciteよりも見劣りします。

年末年始に何かしらのキャンペーンをやるのかもしれませんが、今後に期待したいところです。

楽天モバイル

Amazon

Amazonでは12月18日に入荷ですが、価格は65,664円(税込)で特にキャンペーンは行われていません。

長く使うならエキサイトが安い

MVNOの回線を契約し、それを長く使うつもりなら、現状ではエキサイトモバイルが最安です。
通話回線を13か月以上維持するなら、実質39,800円でMate 9が入手できます。。

Mate 9なら1年後でもメイン機として十分通用すると思うので、MVNOやSIMフリー端末デビューという人にもお勧めです。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

Amazon、最大3000円オフになる「IIJmio × SIMフリースマホ セット割特集」開催中

Amazonで格安SIMとSIMフリースマートフォンのセットが最大で3000円割引になる「【最大3,000円OFF】IIJmio × SIMフリースマホ セット割特集」を開催しています。SIMはIIJmioとBIC SI ...

News >モバイル

Xiaomi、次世代フラッグシップ Mi6を発表 Snapdragon 835にデュアルカメラ搭載。

先週水曜日の話ですが、Xiaomiが最新フラッグシップとなるMi 6を発表しました。全体的な雰囲気は前モデルとなるMi5に近いものの、やや丸みを帯びた印象です。 ディスプレイは最近はやりの全面ディスプレイでもエッジディス ...

News >モバイル

BlackBerry Keyoneの発売はさらに遅れる?

英Cloveで5月5日に発売とアナウンスされていたBlackBerry Keyoneですが、どうやらさらに遅れるようです。 関連:BlackBerry Keyone、英Cloveには5月5日に入荷。米国での発売も5月にな ...

雑記

HUAWEI Mate 9のブートアニメをPorsche Designのものに変えてみた

HUAWEI Mate 9には、Nate 9 Proと同じデザインのMate 9 Porsche Designというちょっとお高いモデルがあります。 関連:HUAWEI、次期フラッグシップ「HUAWEI Mate 9」発 ...

News >モバイル

HUAWEI P10 / P10 Plusのストレージには3つの規格が混在するもHUAWEIは「問題ない」という見解。さらにMate 9も混在?

HUAWEIの最新フラッグシップ P10。フロントにもライカレンズを採用するなどフラッグシップにふさわしい意欲的な(ただP9、Mate 9からあまり変わり映えがしないけど)端末となっていますが、そのP10にちょっとした騒 ...

MENU

back to top