2016.12.16

HUAWEI Mate 9の各社販売価格まとめ 長く使うつもりならエキサイトモバイルが安い

rm_mate9

12月16日(金)に国内で発売開始となったHUAWEI Mate 9ですが、MVNO3社でも取り扱いを開始し、早速割引が行われています。

広告

MVNO

DMMモバイル

  • 価格 : 49,800円
  • 契約条件:データSIM、通話SIMのどちらでもOK
  • その他:通話SIM契約の場合、DMMポイント3000ptプレゼント(1月16日まで)

DMMのSIMパッケージはAmazonなどでも販売されていますが、データSIMの場合、パッケージでは端末セットの購入はできないので注意が必要です。
音声SIMのパッケージは、オンラインで申し込み時に端末も可能です。

初期手数料が安くなるので、通話SIMを契約するならパッケージを購入するのをお勧めします。

DMMモバイル

Exciteモバイル

  • 価格:49,800円
  • 契約条件:データSIM、通話SIMのどちらでもOK
  • その他:12月31日まで抽選でドローンなどが当たるプレゼントキャンペーン実施中

最大28,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中

Exiteモバイルでは、1月5日AM 11:59までの期間限定で、申し込みプランに応じて最大28,000円のキャッシュバックが行うキャンペーンも実施されています。

エキサイトモバイル

実際にキャッシュバックが最大となる50GBプラン(データ通信で月額13,800円)を契約する人はそうそういないと思いますが、現実的なところでは音声SIM契約なら1GBのプランでも10,000円のキャッシュバックが受けられます(ただし、キャッシュバックはt利用開始から13か月目に行われます)。

エキサイトモバイル

楽天モバイル

  • キャンペーン期間:2017年1月13日まで
  • 価格:50,800円(通話SIM契約)、55,800円(データSIM契約)

いつもは三木谷割りが話題になる楽天モバイル、普通に考えれば十分に大きな割引なのですが、Mate 9に関してはDMMやExciteよりも見劣りします。

年末年始に何かしらのキャンペーンをやるのかもしれませんが、今後に期待したいところです。

楽天モバイル

Amazon

Amazonでは12月18日に入荷ですが、価格は65,664円(税込)で特にキャンペーンは行われていません。

長く使うならエキサイトが安い

MVNOの回線を契約し、それを長く使うつもりなら、現状ではエキサイトモバイルが最安です。
通話回線を13か月以上維持するなら、実質39,800円でMate 9が入手できます。。

Mate 9なら1年後でもメイン機として十分通用すると思うので、MVNOやSIMフリー端末デビューという人にもお勧めです。

タグ: , ,

back to top