HUAWEI Mate 9の各社販売価格まとめ 長く使うつもりならエキサイトモバイルが安い

2016.12.16
rm_mate9

12月16日(金)に国内で発売開始となったHUAWEI Mate 9ですが、MVNO3社でも取り扱いを開始し、早速割引が行われています。

MVNO

DMMモバイル

  • 価格 : 49,800円
  • 契約条件:データSIM、通話SIMのどちらでもOK
  • その他:通話SIM契約の場合、DMMポイント3000ptプレゼント(1月16日まで)

DMMのSIMパッケージはAmazonなどでも販売されていますが、データSIMの場合、パッケージでは端末セットの購入はできないので注意が必要です。
音声SIMのパッケージは、オンラインで申し込み時に端末も可能です。

初期手数料が安くなるので、通話SIMを契約するならパッケージを購入するのをお勧めします。

DMMモバイル

Exciteモバイル

  • 価格:49,800円
  • 契約条件:データSIM、通話SIMのどちらでもOK
  • その他:12月31日まで抽選でドローンなどが当たるプレゼントキャンペーン実施中

最大28,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中

Exiteモバイルでは、1月5日AM 11:59までの期間限定で、申し込みプランに応じて最大28,000円のキャッシュバックが行うキャンペーンも実施されています。

エキサイトモバイル

実際にキャッシュバックが最大となる50GBプラン(データ通信で月額13,800円)を契約する人はそうそういないと思いますが、現実的なところでは音声SIM契約なら1GBのプランでも10,000円のキャッシュバックが受けられます(ただし、キャッシュバックはt利用開始から13か月目に行われます)。

エキサイトモバイル

楽天モバイル

  • キャンペーン期間:2017年1月13日まで
  • 価格:50,800円(通話SIM契約)、55,800円(データSIM契約)

いつもは三木谷割りが話題になる楽天モバイル、普通に考えれば十分に大きな割引なのですが、Mate 9に関してはDMMやExciteよりも見劣りします。

年末年始に何かしらのキャンペーンをやるのかもしれませんが、今後に期待したいところです。

楽天モバイル

Amazon

Amazonでは12月18日に入荷ですが、価格は65,664円(税込)で特にキャンペーンは行われていません。

長く使うならエキサイトが安い

MVNOの回線を契約し、それを長く使うつもりなら、現状ではエキサイトモバイルが最安です。
通話回線を13か月以上維持するなら、実質39,800円でMate 9が入手できます。。

Mate 9なら1年後でもメイン機として十分通用すると思うので、MVNOやSIMフリー端末デビューという人にもお勧めです。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Qualcomm、スタンドアロンVR開発キットをSnapdragon 835にアップデート

QuaicommがSnapdragon 835になったスタンドアロンVRの開発キットを発表しました。 昨年9月にはSnapdragon 820版の開発キットを発表していたので、そのバージョンアップです

SIMトレイを搭載したHUAWEI Watch 2の画像がリーク

HUAWEIが今週末から始まるMWCでHUAWEI P10とともに発表するスマートウォッチ、HUAWEI Watch 2がリークしています。 Android Wear 2.0を搭載する端末で、LG W

どこでもドアが実在したらこんな感じ? ドラえもんVRを体験してきた

東京スカイツリーのお膝元、ソラマチで開催されている、ドラえもんVR「どこでもドア」を体験してきました。 関連:ドラえもんVR「どこでもドア」のPV公開 どこでもドア体験は2月20日から – Dream

HUAWEI nova liteはHUAWEI P8 lite(2017)でhonor 8 liteでもある

先日HUAWEI Japanが発表したHUAWEI nova lite、他国にはないラインナップで日本市場向けの新規モデルかと思ったのですが、欧州で2月から販売開始されたHAUWEI P8 lite(

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

これまで、タブレットやPC向けのRemixOSをリリースしていたjideが、スマートフォン向けのRemixOS for Mobileを発表しました。 その前にRemixOSとは何ぞやという話ですが、こ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteはHUAWEI P8 lite(2017)でhonor 8 liteでもある

HUAWEI nova liteはHUAWEI P8 lite(2017)でhonor 8 liteでもある

先日HUAWEI Japanが発表したHUAWEI nova lite、他国にはないラインナップで日本市場向けの新規モデルかと思ったのですが、欧州で2月から販売開始されたHAUWEI P8 lit...

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

Androidとモニターを繋ぐとPCライクなマルチウィンドウが使える、RemixOS for Mobile発表

これまで、タブレットやPC向けのRemixOSをリリースしていたjideが、スマートフォン向けのRemixOS for Mobileを発表しました。 その前にRemixOSとは何ぞやという話です...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

HUAWEI P9とP9 lite、どちらを購入するか悩んでいる人のために、スペック比較と選ぶためのポイントになりそうな箇所をピックアップしてみました。...

MENU

back to top