古いKindleのアップデートを忘れてしまった人のために Kindleの手動アップデート方法

2016.4.5
Kindleアップデート

来週には第8世代のKindleが発表されるという話が出てきた一方で、第5世代までのKindleは3月22にまでにアップデートしていないとKindleのサービスが利用できなくなっています。WiFiに繋がっていれば自動でアップデートが行われるので、日常的に使っている端末であれば問題はありませんが、最近使っていない端末などはうっかりアップデートを忘れていたかもしれません。

そんな場合でも、手動でアップデートを行えば、またKindleのサービスが利用可能になります。

手動でのアップデート方法

アップデート対象は第5世代のKindle Paperwhiteまで

アップデートを行わないとKindleサービスが利用できなくなっているのは、下記の端末。

  • Kindle 2nd Generation(2009)
  • Kindle DX 2nd Generation(2009)
  • Kindle Keyboard 3rd Generation(2010)
  • Kindle 4th Generation(2011)
  • Kindle 5th Generation(2012)
  • Kindle Touch 4th Generation(2011)
  • Kindle Paperwhite(第5世代)(2012)

この中で日本で発売されたのは最後のKindle Paperwhiteだけです。これ以降に発売された端末(Peparwhiteの第6世代、第7世代やVoyage、第7世代Kindle)は特に何もせず継続利用が可能です。

アップデートファイルをAmazonからダウンロード

必要なアップデートファイルはAmazonからダウンロード可能ですが、日本で発売されていない端末は米Amazonからダウンロードする必要があります。

ここでは、Kindle 5th Generationで説明します。

Kindleアップデート

リンク先でそれぞれ最新のファイルをダウンロードします。ファイル名は「update_kindle_X.X.X.bin」となっているはずです。

KindleをPCに接続しファイル転送

KindleをPCとUSBで接続し、Kindleの内蔵ストレージ直下にダウンロードしたファイルを転送します。

Kindleアップデート

転送が完了したら、USBを外します。

メニューからアップデート

Kindleのメニューで「Settings」> 「Update Your Kindle」からアップデートを行うことが出来ます。この「Update Your Kindle」の項目は、すでに最新版だったり、ファイル転送が失敗しているとグレーアウトされたままになっているので確認してみてください。

Kindle Update

アップデートが始まると自動で再起動も行われ、立ち上がれば再びKindleサービスが使えるようになっているはずです。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top