(追記:iOS10.1から消せなくなりました)iPhone 7のシャッター音を消す方法

2016.9.20 (更新日:2016.10.25)
2016-09-20-07-49-32

※2016/10/25追記:iOS10.1へのアップデートで、下記の無音バグは修正されてしまいました。
下記の方法ではシャッター音の無音化は行えません


必要なら、無音で写真が撮れる代替えアプリを使用してください。

ステレオスピーカーになり、カメラやスクリーンショットを撮影する際のシャッター音が大音量になったiPhone 7ですが、撮影時にこのシャッター音を消すことができる裏技というかバグが発見されてます。

音が大きいiPhone 7のシャッター音を消す方法

シャッター音が大きいので、お店の中などでは使いにくいというか、もはや使えないレベルになっていると感じるiPhone 7のカメラですが、せっかくのカメラなので何とか使えないかと3rdパーティのアプリを試したりしていました。

しかし今回の裏技を使うと、標準のカメラアプリで音を消すことができます。

AssistiveTouchのバグ(?)を利用

その方法ですが、標準機能であるAssistiveTouchを使います。

AssistiveTouchはディスプレイの最前面に表示されるショートカットランチャーで、一発で通知センターやコントロールパネルを開いたりすることも可能です。

2016-09-20-08-55-27

設定は、「設定」>「一般」<「アクセシビリティ」>「AssistiveTouch」から行います。

「最上位メニューをカスタマイズ」を選ぶと、デフォルトでは6個のメニューが表示されているので、これを「-」を押して1つにします。

残った1つのアイコンをタッチして出てくるメニューから「消音」を選びます。
「AssistiveTouch」を有効にしていると、画面上に丸いアイコンが表示されているはずです。

2016-09-20_07-49-11_092016_090700_am

このアイコンをタッチすると、「消音」と「消音を解除」が交互に表示されます(トグル)。
これで「消音」にしておくとカメラやスクリーンショットでもシャッター音が出ません。
もちろんそれ以外の音も出ない通常の消音状態です。

この状態でもう一度タッチして「消音を解除」にするか、ボリュームなどを操作すると消音状態が解除されます。
また、「消音」状態でAssistiveTouchを解除してもボリュームなどを操作するまでは消音状態が維持されます。

AssistiveTouchのメニューを1つだけにするのがポイントで、複数個あると「消音」にしてもシャッター音は消えません。
なので、標準仕様ではなくバグだと推測できます。

追記:AssistiveTouchのON/OFFをホームボタンに割り当てる方法

上記の方法だけでも使えますが、AssistiveTouchのボタンが常に画面上に表示され、若干邪魔ではあります。
そんな場合には、AssistiveTouchの有効無効をホームボタンのトリプルクリックで切り替える方法が便利です。

「設定」>「一般」<「アクセシビリティ」>「ショートカット」からAssistiveTouchにチェックを入れると、ホームボタンのトリプルクリックでAssistiveTouchをON/OFFできるようになります。

消音状態にしておけば、AssistiveTouchをOFFにしても(画面からボタンを消しても)ボリュームを操作するまでは音は出ません。

いずれ使えなくなるけど、現状ではとても便利

もともと海外版のiPhoneではサイレントにするとシャッター音を消せるので、状態チェックをすり抜けてしまっているのでしょう。
近いうちにアップデートでふさがれてしまいそうですが、それまでは便利に使えそうです。

本来は日本版でもシャッター音を消えるようにして欲しいところなのですが、キャリアの意向が強そうなので無理なんだろうなぁ。
せめてシャッター音を小さくしてほしい…。

(source ガジェットショット)

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

MMD研究所、「女性のスマートフォン利用実態調査」結果を公開 使用しているスマートフォンがiPhoneが圧倒的

MMD研究所が「女性のスマートフォン利用実態調査」というレポートを公開しました。 女性のスマートフォン利用実態調査 対象は15歳~49歳の女子高生、女子大生、社会人独身女性、既婚女性の計1,574人。

Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始

Amazonがスタートアップの製品のみを掲載する「Amazon Launchpad」を日本でもスタートさせました。 Amazon Launchpadはスタートアップ企業が手掛ける製品のみを扱う特設スト

Y!mobile、Android One第2弾となるS1、S2を発表

Y!mobileが国内のAndroid One第2弾となるAndroid One S1、S2を発表しました。 国内Android Oneの第2弾 Android Oneは、NexusやPixelと同様

Vineの後継サービス「Vine Camera」がリリース 使い勝手はVineそのもの

6秒動画の投稿サービス、Vineが昨日1月17日に終了してしまいましたが、代替サービスとして「Vine Camera」がリリースされています。 Vine 開発元:Vine Labs, Inc. 無料

microUSB-USB-Aの両端がリバーシブル仕様になったABOATのUSBケーブル3本セットがお買い得

上下の区別がないUSB Type-Cケーブルはとても便利ですが、まだまだmicroUSBな端末も多いです。 そんな人にも便利そうな、両端のmicroUSB、Type Aとも両面挿しが可能なケーブル3本

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Microsoft、Surface Pro 4を価格改定 最大78,000円の値下げ

Microsoft、Surface Pro 4を価格改定 最大78,000円の値下げ

日本Microsoftが本日(1月16日)からSurface Pro 4の価格を値下げすることを発表しました。 Surface Pro 4が最大78,000円の値下げ Surface Pro ...

小型PC「GPD WIN」のゲームパッドをPS4のリモートプレイで使う方法

小型PC「GPD WIN」のゲームパッドをPS4のリモートプレイで使う方法

キーボードとゲームパッドが付いた小型PC「GPD WIN」。 小さくてもWindows PCなので、PlayStation 4のリモートプレイをインストールして、PS4のゲームをプレイすることが可...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

honor 8へのアップデートが開始されたAndroid 7.0 Nougatはデフォルトで画面分割モード(2画面モード)に対応しています。 画面分割モードはその名の通り画面を2分割して別々のアプ...

MENU

back to top