(追記:iOS10.1から消せなくなりました)iPhone 7のシャッター音を消す方法

2016.9.20 (更新日:2016.10.25)
2016-09-20-07-49-32

※2016/10/25追記:iOS10.1へのアップデートで、下記の無音バグは修正されてしまいました。
下記の方法ではシャッター音の無音化は行えません


必要なら、無音で写真が撮れる代替えアプリを使用してください。

ステレオスピーカーになり、カメラやスクリーンショットを撮影する際のシャッター音が大音量になったiPhone 7ですが、撮影時にこのシャッター音を消すことができる裏技というかバグが発見されてます。

音が大きいiPhone 7のシャッター音を消す方法

シャッター音が大きいので、お店の中などでは使いにくいというか、もはや使えないレベルになっていると感じるiPhone 7のカメラですが、せっかくのカメラなので何とか使えないかと3rdパーティのアプリを試したりしていました。

しかし今回の裏技を使うと、標準のカメラアプリで音を消すことができます。

AssistiveTouchのバグ(?)を利用

その方法ですが、標準機能であるAssistiveTouchを使います。

AssistiveTouchはディスプレイの最前面に表示されるショートカットランチャーで、一発で通知センターやコントロールパネルを開いたりすることも可能です。

2016-09-20-08-55-27

設定は、「設定」>「一般」<「アクセシビリティ」>「AssistiveTouch」から行います。

「最上位メニューをカスタマイズ」を選ぶと、デフォルトでは6個のメニューが表示されているので、これを「-」を押して1つにします。

残った1つのアイコンをタッチして出てくるメニューから「消音」を選びます。
「AssistiveTouch」を有効にしていると、画面上に丸いアイコンが表示されているはずです。

2016-09-20_07-49-11_092016_090700_am

このアイコンをタッチすると、「消音」と「消音を解除」が交互に表示されます(トグル)。
これで「消音」にしておくとカメラやスクリーンショットでもシャッター音が出ません。
もちろんそれ以外の音も出ない通常の消音状態です。

この状態でもう一度タッチして「消音を解除」にするか、ボリュームなどを操作すると消音状態が解除されます。
また、「消音」状態でAssistiveTouchを解除してもボリュームなどを操作するまでは消音状態が維持されます。

AssistiveTouchのメニューを1つだけにするのがポイントで、複数個あると「消音」にしてもシャッター音は消えません。
なので、標準仕様ではなくバグだと推測できます。

追記:AssistiveTouchのON/OFFをホームボタンに割り当てる方法

上記の方法だけでも使えますが、AssistiveTouchのボタンが常に画面上に表示され、若干邪魔ではあります。
そんな場合には、AssistiveTouchの有効無効をホームボタンのトリプルクリックで切り替える方法が便利です。

「設定」>「一般」<「アクセシビリティ」>「ショートカット」からAssistiveTouchにチェックを入れると、ホームボタンのトリプルクリックでAssistiveTouchをON/OFFできるようになります。

消音状態にしておけば、AssistiveTouchをOFFにしても(画面からボタンを消しても)ボリュームを操作するまでは音は出ません。

いずれ使えなくなるけど、現状ではとても便利

もともと海外版のiPhoneではサイレントにするとシャッター音を消せるので、状態チェックをすり抜けてしまっているのでしょう。
近いうちにアップデートでふさがれてしまいそうですが、それまでは便利に使えそうです。

本来は日本版でもシャッター音を消えるようにして欲しいところなのですが、キャリアの意向が強そうなので無理なんだろうなぁ。
せめてシャッター音を小さくしてほしい…。

(source ガジェットショット)

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

子供がいるなら暗証番号方式のスマートロックがおススメ! クラウド管理もできる「RemoteLock」を導入【AD】

うちの小学生の長男と長女は、帰宅時間に私が家にいなかったりすることもあるのでカギを持たせてはいるのですが、そのカギは基本ランドセルにつけっぱなしです。なので、休みの日などに遊びに出かけしまうと、カギを

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top