「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

2016.6.13 (更新日:2016.07.14)
p9p9lite

6月17日(金)に発売となったHUAWEIの新モデル、HUAWEI P9とP9 lite。
どちらを買おうか悩んでいる人もいるのではないかと思います。

両機種を比較しつつ、どういった人におすすめなのかを考えたいと思います。

追記:HUAWEI P9を購入したので実機レビューを書きました。

ハイエンドなHUAWEI P9とミドルクラスなHUAWEI P9 lite

まずは両機種のスペックを比較します。

HUAWEI P9 HUAWEI P9 lite
ディスプレイ 5.2インチ 5.2インチ
解像度 1920×1080 1920×1080
プロセッサ HUAWEI Kirin 955
2.5GHzx4 + 1.8GHzx4
HUAWEI Kirin 650
2.0GHzx4 + 1.7GHzx4
メモリ 3GB 2GB
ストレージ 32GB+microSD(最大128GB) 16GB+microSD(最大128GB)
高さ 約145mm 約146.8mm
約70.9mm 約72.6mm
厚さ 約6.95mm 約7.5mm
重さ 約144g 約147g
バッテリ 3,000mAh 3,000mAh
連続待受時間 LTE:約566h/WCDMA:約566h LTE:約610h/WCDMA:約630h
連続通話時間 WCDMA:約18h WCDMA:約18.9h
メインカメラ 12MPx2 F2.2 デュアルカメラ 13MP F2.0
インカメラ 8MP F2.4 8MP F2.0
通信速度 上り(受信時)最大262.5Mbps(LTE)
下り(送信時)最大50Mbps
上り(受信時)最大150Mbps(LTE)
下り(送信時)最大50Mbps
LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/26/28 B1/3/5/7/8/19/28
WCDMA B1/2/3/4/5/8/19 B1/5/6/8/19
WiFi 802.11a/b/g/n/ac(2.4/5.0GHz) 802.11b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth 4.2 BLE 4.1
測位方式 GPS/AGPS/Glonass/Beidou GPS/AGPS/Glonass
センサ 加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、 HALL、指紋 指紋、加速度、コンパス、環境光、近接
NFC
USB Type C micro-B(microUSB)
価格 57,980円 28,980円

※価格はAmazonのものです。

ハイエンドとミドルクラスの比較なので当然ですが、スペックではHUAWEI P9が圧倒しています。

※両機種ともNFCを非対応としていましたが、HUAWEI P9はNFCに対応いていました。

LTEの対応バンド

LTEについては対応バンドだけ並べてもわかり難いので、国内3キャリアが対応しているバンドも含めてまとめてみました。

バンド P9 P9 lite docomo au softbank
1
2
3
4
5
7
8
11
12
17
18
19
20
21
26
28

MVNOの主流であるdocomoのLTEにはP9、P9 liteともBand21以外は対応しています。
Band21は世界的にdocomoしか利用していない帯域で、iPhone 6sも非対応なので気にする必要はなさそうです。

ライカのダブルレンズを搭載したHUAWEI P9

HUAWEI P9には老舗のカメラメーカー ライカと共同開発したカメラレンズが2基搭載されています。
このダブルレンズは一方がRGBで色彩情報を取得し、もう一方がモノクロ専用で被写体のディテール情報を取得。
2つのデータをソフト上で合成することで精細かつ色彩豊かな画像を作り出す、というものです。

feature-02@2x

また2つのレンズを使うことで被写体を立体的に捉えることが可能になり、疑似的ではありますが、F0.95という大口径を再現することができます。

このレンズについては実際にプロの写真家から高い評価を得ている一方で、低光量な環境ではノイズが増えるなどの報告も行われています。

スクリーンショット_061316_122711_PM

プロのカメラマンがしっかり撮ると素晴らしいけど、素人がスナップ的に撮るには向いていない、というようなことがあるのかもしれません。
このあたりは実際に自分の使い方で試してみないとわからないですね。

※追記:表参道のHUAWEI STOREで確認してみましたが、とくに暗所に弱いということはなさそうでした。

※追記:HUAWEI P9のカメラをGalaxy S7 edgeやiPhone 6sと撮り比べてみました。
率直な感想としては、素人が自動モードでスナップ的に撮るには絶賛するほどの性能とは感じません。

ただ、プロモードでは露出やホワイトバランス、ISO等々、細かく設定で可能で、P9のカメラの真価を発揮させるにはプロモードを使いこなす必要があるのだろうと思います。

実際、P9のカメラを絶賛している写真家さんなどのインタビュー等では基本的にプロモードを使用しているように思います。

HUAWEI P9 LiteのイメージセンサはNexus 6と同じ物

HUAWEI P9 liteに搭載されているイメージセンサはSony製のIMX214で、これはNexus 6に採用されているものと同じです。

HUAWEI P9のライカレンズほどのインパクトはありませんが、ミドルクラスに採用されているカメラとしてはかなりいいものではないかと思います。

phone2

※実際に触ってみた感じ、可もなく不可もなくといった印象です。
一言で言い表すなら、「普通」・・・

インカメラはP9 liteのほうが上?

スペックを見ていて気付いたのですが、なぜかインカメラのF値はP9 liteのほうが低く、これだけ見るとP9 liteのほうが明るく撮れるような気がします。

実際には画角に差があったりするのかもしれませんが、ちょっと気になる点です。

日本ではP9 liteのほうが売れそう

日本のSIMフリー端末市場では、これまでもハイエンド機が販売されていましたが、あまりヒットした端末はなく、ミドルクラス~エントリークラスの端末がよく売れているようです。

BCNランキングでSIMフリー端末のみを絞ってみると、5月のランキングは下記のようになっています。
価格は2016年6月13日時点のAmazonでの価格です。

  1. ASUS ZenFOn Go 21,380円
  2. ASUS ZenFone 2 Laser 16GB 25,480円
  3. HUAWEI P8 lite 22,310円
  4. FREETEL Priori3 LTE 11,500円
  5. 富士通 arrows M02 29,800円
  6. FREETEL SAMURAI MIYABI 17,100円
  7. ASUS ZenFone Max 26,279円
  8. HUAWEI GR5 32,480円
  9. FREETEL Priori3S 16,950円
    10HUAWEI Y6 15,000円

3万円台の端末はHUAWEI GR5のみで、他はすべて2万円台以下となっています。
市場に3万以上するSIMフリー機が少ないというのもありますが、皆無ではなく、FREETEL KIWAMIやHUAWEI Mate S、HUAWEI P8Maxなどハイエンドな端末もリリースされています。

しかしそれらがランキング上位には来ていないのを見ると、やはり日本国内では多少スペックは落ちても低価格な端末に人気が集まっているようです。

端末が売れるということはそれだけ情報が出回り、アクセサリも多く登場することが期待できます。
その点では、HUAWEI P9 liteのほうが勝っているといえるかもしれません。

バッテリサイズは同じだけど電池持ちはHUAWEI P9 liteのほうがいい

バッテリはどちらも3,000mAhと同じですが、電池持ちはP9 liteのほうがよさそうです。
LTEの待ち受け時間をみると、P9の566hに対してP9 liteは610hとなっています。
その差は約1.08倍と誤差みたいなものですが、実際に使用するとこの差以上に電池持ちは変わってくると思います。

単純にHUAWEI P9のほうが高速なプロセッサを使っているので消費電力が若干高いということだと思いますが、ハードに使う人は気にしたほうがいいポイントかもしれません。

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」、どちらを買うべきか?

結局どちらを買えばいいのかという話ですが、以下の項目に1つでも当てはまるならHUAWEI P9を買っておいたほうがいいと思います。

  • スペック至上主義。
  • 重い3Dグラフィックのゲームをサクサク動かしたい。
  • 家庭内のWiFiで5GHzを利用している(P9 liteは5GHz非対応)。
  • カメラの性能にはこだわりたい。
  • 少しでも小さいく軽いほうがいい。

逆に、「スペックはそこそこでも3Dグラフィックのゲームがそれなりに動き、カメラもそこそこでも価格は安いほうがいい」という人はP9 liteのほうがいいでしょう。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

NifMo、2月1日から月額料金そのままでデータ容量を増加(5GB→7GB、10GB→13GB)

NiftyのMVNO(格安SIM)、NifMoが2月1日より月額料金はそのままで、データ通信プランの容量を増加すると発表しました。 実質的には値下げですね。 料金据え置きでデータ容量が増加 NifMo

Google、インストールせずに利用できるAndroid Instant Appsを限定公開

Googleが2016年5月のGoogle I/Oで発表した、Android端末上でインストール不要で利用できるInstant Appを限定リリースしたと発表しました。 通常、Androidでは(ほか

マイニンテンドーストアが復活 ただしSwitchのカスタマイズ本体予約は終了

1月23日(月)にマイニンテンドーストアがオープンしましたが、実際には23日深夜になってもエラー表示でつながらず、Nintendo Switchの予約を行うことはできませんでした。 しかし24日午前中

Android標準の電卓がアップデート 履歴表示やメモリ関連機能が追加

Android標準の電卓アプリが7.2にアップデートされ、見た目ではわかりませんが非常に使いやすい機能が追加されています。 まず見た目ですが、文字の色が濃く(黒く)なりました。 ※フォントの違いは機種

BIGLOBEのエンタメフリーオプション、2月にも対象サービスが追加される予定

BIGLOBEが提供しているYoutubeやAbemaTVなどのデータ通信がカウントされない「エンタメフリー・オプション」ですが、2月中にも対象サービスが追加されるようです。 エンタメフリーオプション

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Android 7.0 Nougatではタスクボタンのダブルタップで直前に表示していたアプリに切り替え可能

Android 7.0 Nougatではタスクボタンのダブルタップで直前に表示していたアプリに切り替え可能

Android 7.0 / 7.1 Nougatでは以前にも紹介したマルチウィンドウ機能やイースターエッグなど、存在がわからない機能があるのですが、そんな中の一つにタスクボタン(マルチタスクボタン...

AUKEY、日替わりで対象製品が半額になる「当日だけのお買い得」キャンペーン、対象製品が最大79%オフの「2017新春セール」を開催

AUKEY、日替わりで対象製品が半額になる「当日だけのお買い得」キャンペーン、対象製品が最大79%オフの「2017新春セール」を開催

AUKEYが1月23日~2月6日の間、日替わりで対象製品を半額で購入できるというキャンペーン、そして1月23日~2月1日には「2017新春セール」として対象製品が最大79%オフになるキャンペーンを...

格安SIMを利用しているスマートフォンはiPhone 5Sが最多 MMD研究所主催の勉強会で格安SIMの最新動向を聞いてきた

格安SIMを利用しているスマートフォンはiPhone 5Sが最多 MMD研究所主催の勉強会で格安SIMの最新動向を聞いてきた

MMD研究所主催のMVNO勉強会「2016年の振り返りと2017年に向けて」に参加してきました。 この勉強会、今回が第4回目ということですが、私は今回が初参加。 「報道メディア、ライター向けの勉強...

FREETEL、299円の全プラン対応パックに3か月間データ容量が増量されるAmazonプライム会員限定プランを提供中 ただし価格は322円

FREETEL、299円の全プラン対応パックに3か月間データ容量が増量されるAmazonプライム会員限定プランを提供中 ただし価格は322円

最近、ドコモからの費用増に伴い、初期費用の値上げが行われているMVNO(格安SIM)ですが、そんな中でもダントツに安い初期費用299円で提供しているFREETELの全プラン対応パック。 その全プ...

MENU

back to top