GPD WINの保護シートや干渉防止ゴムの自作など、使いやすくするためにやったこと

2017.1.21

最近ゲーム設定の話しか書いていない気がするGPD WINですが、もちろんゲーム以外でも活用していて外出時にはPC(Surface Pro 3)は持ち歩かずにGPD WINだけで済ませることが多くなってきました。
ブログ書きや打ち合わせやイベント時のメモ書きなどに使っています(落ち着けるときは外付けキーボードとマウスを併用)。

GPD WINでやったこと

そんなGPD WINで多くの人がやっていることですが、物理的にどんなカスタマイズをしているのを紹介したいと思います。

ディスプレイ保護シート

まずディスプレイですが、保護シートはミヤビックスのOverLay Brilliant光沢タイプを貼っています。
ノングレアタイプもありますが、どちらを使うかは好みでいいでしょう。
なお、貼るときに上下方向があるので注意してください。

B01M9EUWW3 指紋が目立たない 光沢液晶保護フィルム GPD Win 用 OverLay Brilliant OBGPDWIN/12
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

干渉防止ゴムは自作

ディスプレイとキーボードの干渉防止には、ダイソーで買ったマグネットシートを使っています。

当初はMIROさん(@MobileHackerz)が作成されたの型紙を利用してぐるっと一周ディスプレイを囲っていたのですが、綺麗にカットするのが難しく見栄えがいまいちでした。

そこで、マグネットシートをレザークラフトで利用する美錠抜きで打ち抜き、ディスプレイの4か所(上辺2か所、左右に1か所ずつ)に張り付けたところいい感じになりました(サイズ的には10x1x1mm)。

閉めるとこんな感じ。

背面には滑り止めのクッションゴム

机に置いてキーボード入力をするときに少しカタカタとしていたので、背面にはクッションゴムを貼っています。
たぶん100均で買ったのだと思いますが、サイズは直径10mm、厚さ3mmのものです。

滑り止めにもなるので、机上に置いての作業は快適になりました。

USBメモリは頭をカット

あとは、128GBのUSBメモリと64GBのmicroSD。

B01BL4BTKI Samsung USBメモリ 128GB USB3.0 超小型タイプ MUF-128BB/EC
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

USBはディスプレイが水平になるよう、プラスチック部分をやすりで削っています。
このプラスチック部分ごと削り落としてしまったほうがいい気がするので、そのうちやるかも。

キーボードの交換をやってみたい

私のGPD WINは旧リビジョンのものなので、キータッチが改善されたという新リビジョンに変更したいと思っています。
でもまだきーぼーどのパーツが出回っていないのですよね。

まぁ、この辺はぼちぼちと弄っていきたいと思います。

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

back to top