Google Play Musicの「取り消しは年間4台」制限に引っかかった場合の対処法

2016.9.22
Google Play Music

音楽をクラウドに置いて、複数端末で共有できるのが便利なGoogle Play Music。
Amazonなど他のサービスで購入した音楽もアップロードできるのでとても便利なのですが、共有できる端末は10台まで(1アカウントで利用できる端末数は10台まで)という制限があります。

利用できるのは10台まで 取り消せるのは年間4台まで

共有できる端末は10台までという制限、普通に利用している分にはまず引っかからないと思いますが、端末をとっかえひっかえしていたり、カスタムROMをちょこちょこ焼いたりしていると引っかかることもあります。

そういう場合には、一度登録した端末の許可を取り消す必要があるのですが、これが曲者で、取り消しできるのは年間4台までという制限があります。

なお、許可端末はGoogle Play Music(アプリでもWEBでも)の「設定」> 「端末の管理」で確認することができます。

サポートに連絡して許可端末をリセット

すでに10台登録してあり、しかも年間4台の制限で取り消しもできなくなると、ユーザー側ではどうすることもできません。
そういう場合は、サポートに連絡すると許可端末をリセットしてもらうことができます(かならずしてもらえるのかは不明)。

参考にしたのは下記のサイト。

サポートへの連絡ですが、日本のサイトからだと電話しか選べません。

googlemusic3

しかし、英語サイトからだとEmailでの連絡が可能です。
「Contact US」>「Music」>「Problem playing music」

おそらく電話をするのが手っ取り早いと思うのですが、夜間だったのと電話が好きではないので今回は英語サイトからEmailでの連絡を選択しました。

googlemusic2

上記を選ぶと入力フォームになるので、下記のように入力します。

googlemusic4

最後に問題点を英文で入力するのですが、今回は端末の許可をリセットしてほしいので下記のようにしました。

Please reset the device deauthorization limit. I’ve reached the limit because I have many device to test.
(デバイスの認証解除の制限をリセットしてください。私がテストするために多くのデバイスを持っているので、私は限界に達しました。)

前半の部分だけでもいいかもしれません。

これを送ったあと、4時間ほど(0時に送信し、3時56分に返信)で返信があり、端末の許可がリセットされました。

googlemusic5

返信の内容としては、「手動でリセットしたよ」というものですが「As a one-time courtesy(1回だけだよ)」ということなので何度も申請すると断られるかも。

そもそもこの制限が何のためにあるのか、有効に機能しているのかはわかりませんが、万が一制限に引っかかってしまった場合はこういう方法もある、ということで覚えておいて損はないと思います。

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

綾瀬はるかが「おつかれさま!」と労ってくれる、ジャイアントコーンのVR体験イベントが開催中【PR】

綾瀬はるかさんが出演しているCMでおなじみのグリコのアイス、ジャイアントコーンがVRコンテンツを作成し、その体験を行うということで早速参加してきて来ました。 ジャイアントコーン「おつかれさまです!」V

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fas...

MENU

back to top