Amazon Kindle Fireは修理不可! 保証も90日しかないので子供に持たせるなら延長保証がおススメ

2016.7.14 (更新日:2016.12.12)
Kindle FIre

Amazonの格安タブレット Fire、先日のPrime Dayでも安くなっていたので購入した人が多いのではないかと思います。
安くて手軽でとてもいいのですが、Fire TVやe-Ink版のKindleと違い、保証期間が90日しかないので注意が必要です。

格安のFireは修理対応不可

うちのFire、3月末に子供に持たせるために購入したのですが、最近ケーブルを挿しても充電できたりできなかったりという状況になってきました。

コネクタのを弄ったり、角度によって充電できたりするので、典型的な接触不良ですね。
FireのmicroUSBポートが基盤から剥離しかかっているのではないかと思います。
いまのところディスプレイを下にして置きケーブルを挿すと充電できるのでそれでしのいでいる状態です。

完全に子供さんの扱いの雑さが原因なので、このままでもいい気もしつつ、やっぱり不便なので修理ができないかとチャットで問い合わせをしてみました。

Amazonのカスターサポートにチャットで問い合わせ

Amazonの「カスタマーサポートに連絡」というメニューから問い合わせたい機種や内容を選んでチャットや電話で問い合わせができます。

Fire

チャットで確認したところ、

  • Fireは修理対応をしておらず、交換対応になる。
  • 保証期間内であれば無償交換、保証期間外なら有償交換。
  • 私のFireの場合は保証期間外なので交換費用8,082円。

ということでした。
費用は人や端末によって変動があるようですが、Fireの本体価格が8,980円なので修理よりも新品購入のほうが良さそうです。
今回はFireのことしか聞きませんでしたが、おそらくはFire HDなども同様に修理不可で交換対応をしているのだと思います。

この中でぜひとも注意しておいてほしい点があります。
私も完全に失念していたのですが、Fireの保証期間は「90日間」です。
Fire TVやe-Ink版のKindleデバイスは1年間なのですが、Fireのみ90日間となっています。

サイトにもちゃんと書いてある。

サイトにもちゃんと書いてある。

うちのFireも2~3週間早く問い合わせれば保証期間だったのになぁ。

子供に持たせるなら延長保証がおススメ

そんなFireですが、もちろん延長保証のサービスも用意されています。

B0131796OE

1年保証が1,480円、2年が1,880円、3年が2,480円。
いままで気にしたこともなかったですが、バッテリー劣化など自然故障だけでなく、水濡れやディスプレイの割れなども代替品と交換してくれる(ただし1回のみ)という割と手厚いサービスです。

子供に持たせようと思っているなら、入っておいて損はないと思います。
最初にダメになるのは、落として液晶を割ってしまうか、うちのようにコネクタの抜き差しを乱暴にして接触不良になるかだと思うので・・・。

保証は端末と同時購入でなくとも、30日以内ならさかのぼって申し込みが可能だそうです。
Prime Dayで購入した人も間に合うので加入をお勧めしておきます。

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

米国で販売されているFireのKidsエディションは専用ケースに入って保証も2年付いているのですよね。
日本でも出してくれればいいのに。

とりあえずうちのFireはそのうち分解して半田を付け直してみるかなぁ。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Windows Helloに対応したセキュリティ認証デバイス「Yubikey」の使い勝手を試してみた

2016年9月にWindows Helloに対応したこともあり、昨年末あたりから海外サイトで何かと話題を目にするようになったYubikeyを購入してみました。 認証デバイス Yubikey Yubik

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobeが海外版iPhone SEの販売を開始しています。 16GBモデルでカラーはゴールドのみとなっています。 BiglobeのiPhone SE 価格 価格はアシストパックLで下記の通り。

BIGLOBE、2月1日から事務手数料に「SIMカード準備料 394円」を追加

Biglobeが2月1日申し込み分から、SIMカード準備料として394円(税別)が新たに発生すると発表しました。 【お知らせ】「BIGLOBE LTE・3G」SIMカード発行時の「SIMカード準備料」

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導入さ

任天堂のスマートフォンゲーム「ファイアーエムブレム ヒーローズ」発表 iOS/Androidとも2月2日に配信開始

任天堂のスマートフォン向けアプリ第3弾として、「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が発表されました。 配信予定は2月2日となっています。 既存のファイアーエムブレムシリーズの移植ではなく、スマートフォ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始

Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始

Amazonがスタートアップの製品のみを掲載する「Amazon Launchpad」を日本でもスタートさせました。 Amazon Launchpadはスタートアップ企業が手掛ける製品のみを扱う特...

Y!mobile、Android One第2弾となるS1、S2を発表

Y!mobile、Android One第2弾となるS1、S2を発表

Y!mobileが国内のAndroid One第2弾となるAndroid One S1、S2を発表しました。 国内Android Oneの第2弾 Android Oneは、NexusやPixe...

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

日本でも提供が開始されたスターアップの製品を扱うAmazon Launchpad。 関連:Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始...

MENU

back to top