Amazon Kindle Fireは修理不可! 保証も90日しかないので子供に持たせるなら延長保証がおススメ

2016.7.14 (更新日:2016.12.12)
Kindle FIre

Amazonの格安タブレット Fire、先日のPrime Dayでも安くなっていたので購入した人が多いのではないかと思います。
安くて手軽でとてもいいのですが、Fire TVやe-Ink版のKindleと違い、保証期間が90日しかないので注意が必要です。

格安のFireは修理対応不可

うちのFire、3月末に子供に持たせるために購入したのですが、最近ケーブルを挿しても充電できたりできなかったりという状況になってきました。

コネクタのを弄ったり、角度によって充電できたりするので、典型的な接触不良ですね。
FireのmicroUSBポートが基盤から剥離しかかっているのではないかと思います。
いまのところディスプレイを下にして置きケーブルを挿すと充電できるのでそれでしのいでいる状態です。

完全に子供さんの扱いの雑さが原因なので、このままでもいい気もしつつ、やっぱり不便なので修理ができないかとチャットで問い合わせをしてみました。

Amazonのカスターサポートにチャットで問い合わせ

Amazonの「カスタマーサポートに連絡」というメニューから問い合わせたい機種や内容を選んでチャットや電話で問い合わせができます。

Fire

チャットで確認したところ、

  • Fireは修理対応をしておらず、交換対応になる。
  • 保証期間内であれば無償交換、保証期間外なら有償交換。
  • 私のFireの場合は保証期間外なので交換費用8,082円。

ということでした。
費用は人や端末によって変動があるようですが、Fireの本体価格が8,980円なので修理よりも新品購入のほうが良さそうです。
今回はFireのことしか聞きませんでしたが、おそらくはFire HDなども同様に修理不可で交換対応をしているのだと思います。

この中でぜひとも注意しておいてほしい点があります。
私も完全に失念していたのですが、Fireの保証期間は「90日間」です。
Fire TVやe-Ink版のKindleデバイスは1年間なのですが、Fireのみ90日間となっています。

サイトにもちゃんと書いてある。

サイトにもちゃんと書いてある。

うちのFireも2~3週間早く問い合わせれば保証期間だったのになぁ。

子供に持たせるなら延長保証がおススメ

そんなFireですが、もちろん延長保証のサービスも用意されています。

B0131796OE

1年保証が1,480円、2年が1,880円、3年が2,480円。
いままで気にしたこともなかったですが、バッテリー劣化など自然故障だけでなく、水濡れやディスプレイの割れなども代替品と交換してくれる(ただし1回のみ)という割と手厚いサービスです。

子供に持たせようと思っているなら、入っておいて損はないと思います。
最初にダメになるのは、落として液晶を割ってしまうか、うちのようにコネクタの抜き差しを乱暴にして接触不良になるかだと思うので・・・。

保証は端末と同時購入でなくとも、30日以内ならさかのぼって申し込みが可能だそうです。
Prime Dayで購入した人も間に合うので加入をお勧めしておきます。

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

米国で販売されているFireのKidsエディションは専用ケースに入って保証も2年付いているのですよね。
日本でも出してくれればいいのに。

とりあえずうちのFireはそのうち分解して半田を付け直してみるかなぁ。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

あなたの一票でシリーズ化! Amazonがオリジナル作品でシリーズ化してほしいものを選ぶアンケート調査を実施中

Amazonプライムビデオで、日本未公開のAmazonオリジナル作品のパイロット版(第1話)を観て、今後その続きを観たい(シリーズ化してほしい)と思った作品を選ぶというアンケート調査を行っています。

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top