Quick ChargeやUSB PD、BoostMasterなど急速充電の仕様あれこれ

2016.10.8
Quick Charge

Quick Chargeはそろそろ一般的に感がありますが、Googleの新端末Pixelが対応したUSB PDや、Ankerの充電器に表示されているPowerIQやVoltageBoostなど急速充電の種類が増えてきてよくわからなくなってきました。

なので、とりあえず目についたものだけですが、急速充電の種類について調べてみました。

さまざまな急速充電の仕様

Quick Charge

Qualcommが策定した急速充電の仕様で、急速充電と言えばQuick Charge(QC)というぐらいメジャー。
最新の仕様はQC3.0になります。

qc_social_quickcharge3-0_040616_bloginline_1

充電効率を高めるためには、流れる電流を多く(iPadの2.4Aとか)すればいいのですが、そうすると発熱が問題になりバッテリの寿命にも影響を与えます。
そこでQCでは電流ではなく電圧を上げることで急速充電を行います。
QC2.0では5V、9V、12V、20Vという電圧に対応しており、QC3.0では3.6Vから200mV刻みで20Vまで対応します。

利用するためには端末のほか、充電器側もQCに対応している必要があります。

なお、QC3.0、2.0に対応したデバイスはQualcommのサイトで公開されています。

Snapdragonを搭載していることが条件だと思っていたのですが、Atom搭載のZenFone 2もQC2.0に対応していることから、QCの制御チップさえ積んでいればいいみたいです。

USB PD

USB-IFが策定した充電の仕様で、最大100Wの電源供給が可能になっています。
ノートPCなどでは一部対応しているものもあるようですが、スマートフォンで公式に対応しているのはGoogleのPixelが初でしょうか?

USB PDには5つのプロファイルが設定されており、Pixelで採用されている18WのものはPROFILE 2で、Pixelの充電時には12V 1.5Aが供給されています。

Profile 仕様 W
PROFILE 1 5V 2A 10W
PROFILE 2 5V 2A, 12V 1.5A 18W
PROFILE 3 5V 2A, 12V 3A 36W
PROFILE 4 5V 2A, 12V 3A, 20V 3A 60W
PROFILE 5 5V 2A, 12V 20A, 20V 5A 100W

電圧を上げて急速充電を行うのはQCと同じですが、USB PD自体は急速充電ではなく大電力の給電をUSBで行うことを目的としているようです。

USB PDの説明は下記が詳しいです。

Pump Express/Pump Express+

QualcommのQCに対抗して(?)、MediaTekが策定した急速充電の仕様です。

腕時計など小電力機器向けに3.6V~5V(5W~10W)を流すPump Express(PE)と5V/7V/9V/12V(15W~24W)のPump Express+(PE+)があります。
PE+には5V~20Vまで0.5V刻みで調整できるPE+2.0や3V~6Vまで10mV刻みで調整できるPE+3.0という仕様もあります。

基本的な動作はQCと変わらないようですが、QCとの互換はありません。

対象端末と対応した充電器を持っていないので動作は未確認です。

BoostMaster

ASUSの独自規格・・・なのですが、実態はQC2.0の様子。

BoostMaster

実際、BoostMaster対応のZenFone 2はQualcommのQC2.0対応デバイスリストに名前が挙がっています。

QC2.0

18W(9V/2A)の充電器を使うことで急速充電が可能ですが、当然、QC2.0対応の充電器でも同様に充電ができます。

なお、最新のZenFone 3 DeluxeはBoostMasterではなくQC3.0に対応しています。

PowerIQ / VoltageBoost

充電器でおなじみのアクセサリメーカー Ankerの独自技術です。

通常、USBポートでは決まった仕様(5V 1Aとか)でしか出力をしませんが、PowerIQは接続された機器に最適な電流値を検出して出力します。
VoltageBoostはその名の通り、電圧を少しだけ昇圧(5.2V程度らしいです)して充電効率を高めます。

この2つの組み合わせでQC非対応のスマートフォンでも少しだけ早く充電することが可能になるというものです。

下記の記事で、Ankerの充電器での充電時間についても触れています。

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top