Xiaomi、12,000円のフィットネストラッカ Amazfitをリリース

2016.8.31
xiaomi-smartwatch

Xiaomiが約12,000円の低価格スマートウォッチ風フィットネストラッカ Amazfitを発表しました。
実際にリリースしたのはHuamiというブランドですが、これはXiaomiが出資しているライフスタイル製品のブランドのようです。

GPSを搭載した時計型のフィットネストラッカ

XiaomiはこれまでにフィットネストラッカとしてMi Band、Mi Band 2をリリースしていますが、今回のAmazfitもスマートウォッチではなくフィットネストラッカです。
アプリを自由に追加したりはできませんが、GPSを搭載しており、立ち位置的にはSamsungのGear Fit 2に近いかもしれません。

Amazfitは1.34インチ 300×300の円形ディスプレイですが、ディスプレイ下部が少し切れており、Moto 360に似ています。
この部分は環境光センサを内蔵しているのでしょう。

そのほか、主なスペックは下記のような感じです。

  • ディスプレイ:1.34インチ 300×300
  • プロセッサ:1.2GHzデュアルコア
  • RAM:512MB
  • ストレージ:4GB
  • バッテリ:280mAh
  • 防水防塵:IP67
  • Bluetooth 4.0BLE
  • WiFi対応
  • GPS搭載
  • 心拍センサ搭載
  • ベルト幅22mm(交換可能)

バッテリは通常使用で約5日

バッテリはGPSトラッキングを有効にしている場合には約35時間、30分に一回通知を受け取り、フィットネストラッカとしての利用分には訳5日間、純粋に時計モードとしての利用では11日持つとのこと。

Bluetoothイヤホンと接続して音楽プレーヤとしても利用可能

4GBのストレージを内蔵しており、Bluetoothイヤホンと接続することで音楽プレーヤとしても利用可能です。

コンパニオンアプリはMiFit

アプリとしては、Mi Bandと同様に専用アプリMiFitとなるようです。

ただ、iOSではまだ非対応ということなので、別のアプリがあるか、MiFit自体のアップデートが必要なのかも。

中国では8月31日発売

Amazfitは中国では8月31日から販売開始とのことですが、中国国外での展開は不明です。

Xiaomiの製品ということで、中国のECサイト GearBestでも取り扱うようで、メールを登録しておくと入荷したら連絡がくるようです。

スクリーンショット_083116_092446_PM

価格は他のページでは$166.80となっていますね、在庫なしですが。

以前にも書きましたが、あれもこれも出来るというスマートウォッチには将来性を感じないので、生き残るのはこういう通知を受け取れるフィットネストラッカではないかと思っています。
デザインも悪くないので、グローバルでも販売してほしいですね。

(source MyDrivers, mp.weixin.qq.com)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

au版Galaxy S8の実機画像が流出 日本では3色展開で発売?

昨夜発表されたSamsungの最新フラッグシップGalaxy S8/S8+。日本語サイトも公開され、今回docomo、auから発売されるのはほぼ確定だろうと思います。 そんな中、早速au版Galaxy

綾瀬はるかが「おつかれさま!」と労ってくれる、ジャイアントコーンのVR体験イベントが開催中【PR】

綾瀬はるかさんが出演しているCMでおなじみのグリコのアイス、ジャイアントコーンがVRコンテンツを作成し、その体験を行うということで早速参加してきて来ました。 ジャイアントコーン「おつかれさまです!」V

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Androidの父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top