フランスメーカーWikoが日本参入 低価格モデルTommyを2月25日に発売

2017.2.14

フランスのメーカーWikoが日本参入を発表、第1弾として、ポップなカラーが目を引くエントリーモデルTommyを2月25日に発売します。
価格は14800円。

Wikoは2011年に誕生した比較的若いメーカーで、サイトの作りからしてハイエンドな高級路線ではなく、若者向けのようなイメージですね。

今回日本で発売されるTommyは、5インチでRAM2GB、ストレージ16GBと完全なエントリーモデルです。

主な仕様は下記。
6色展開ということで、同じく6色なFREETEL Priori 4と比べてみました。

仕様 Wiko Tommy FREETEL Priori 4
ディスプレイ 5インチ 5インチ
解像度 1280 x 720 1280 x 720
プロセッサ Snapdragon 212(?) MediaTek MT6737
RAM 2GB 2GB
ストレージ 16GB+microSD(64GB) 16GB+microSD(128GB)
カメラ 8MP/5MP 8MP/5MP
バッテリ 2,500mAh 4,000mAh
高さ 146mm 144.8mm
71.5mm 71.5mm
厚さ 8.8mm 9.5mm
重さ 165g 167g
価格 14800円 14800円

TommyはSnapdragonということしか公表されていませんが、A7で1.3GHz、GPUがAdreno304ということなので、おそらくSnapdragon 212だろうと思います。

スペックもPriori 4とほぼ同じ、価格も同じということでFREETELにとってはかなり強力なライバルとなりそうです。

(source wiko)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top