本当に危険 VRゴーグルを子供が使ってはいけない理由

2016.3.10 (更新日:2016.06.08)
vr

Redditに発売前のSony Playstation VRのものと思われる注意書きのスクリーンショットが投稿されており、それには「12歳以下の子供には使わせないように」との記載があります。
しかし、これはPlaystation VRに限った話ではなく、OculusやGoogle Cardboardでも子供が使わないようにとの注意喚起が行われています。

各社の注意書き

Playstation VR

phpaqhtmd

これがRedditに投稿されていたスクリーンショット。
「The VR headset is not for use by children under age 12.」の記載があります。

Oculus

スクリーンショット_030916_100924_PM

Oculusは「Health & Safety」という文書の中で13歳以下は使わないようにと警告しています。

HTC Vive

文章として記載されているものは見つけられませんでしたが、HTCもViveについて子供のためには作られておらず、子供に使わせないようにとの注意喚起を行っているようです。

HTC warns: Don’t sit on imaginary VR furniture when using the Vive

製品版のマニュアルにはこの注意が乗っているという話もありますが、未確認です。

Gear VR

gear vr

SamsungのGear VRにも「13歳未満のお子様は、Gear VRを使用しないでください。」という注意書きがあります。

Google Cardboard

Cardboardには直接的な記述はありませんが、Google Storeでは、

大人の目の届かないところで、お子様がビューアを使用することがないようにしてください。

という注意が記載されています。

なぜ子供が使ってはいけないのか?

医学的には根拠がある

各社揃って子供(12歳~13歳以下)は使わないようにとの注意喚起を行っていますが、これは「目が悪くなるから」とかの消極的な話ではなく、医学的に根拠があってのことだそうです。

昨年11月に行われたVRコンソーシアムで大阪大学大学院医学系研究科・感覚機能形成学 不二門 尚氏が講演しているのですが、この中で、子供が使用することによるリスクや障害について報告が行われています。

vr3

それによると、6歳までの発達期にある子供がVRなどの立体視を行った場合、目が内側によって戻らなくなる斜視の状態になることがあるそうです。
大人の場合、この状態になっても2~3日でもとに戻るそうですが、上のスライドの子(4歳11ヶ月)の場合、手術するまで3か月間、斜視が治らなかったとのこと。

vr4

上記動画での注意喚起を要約すると、

  • 6歳までは立体視の発達期にあり、VRを含むHMDの使用は慎重にする必要がある。
  • 6歳以降は立体視の機能はほぼ完成しているが、融像機能が弱いと斜視などの問題がでることがある。
  • 13~14歳くらいまでは瞳孔間距離が増加する。

上記の理由により、各社とも子供(13歳以下)にはVRヘッドセットを使わないようにとの注意を行っているようです。

なぜ13歳以下の子供は、Oculus Riftを使用してはいけないのか?医学的な見地からの警鐘 | MoguraVR

明確な基準はなく、業界の自主基準?

上記のように医学的には根拠がある話ではありますが、ISO等では明確な基準はないそうです。
このため、現在の各社の注意書きは業界的な自主基準なのではないかと思います。

日本国内だと、動画の中でも触れられている3D基盤委員会では12歳以下のHMDの利用は慎重にしたほうがよいとの見解とのこと。

また、2011年10月と古い内容ではありますが、3Dコンソーシアムが出している「3D安全ガイドライン」では、同様に「3D機器の子供の利用では発達段階の視機能への影響を考慮したうえで、利用が必要な場合は、大人の管理のもとに視聴の可否判断、視聴時間制限をするのが望ましい。」としています。

もっと積極的な告知が必要では?

いまのところ各社の自主判断に任せているような状況ですが、少なくともこの注意はもっと大きく積極的に行われるべき内容のように思います。
VRへのイメージ悪化のような懸念があるのかもしれませんが、具体的な被害が出始めてからでは遅いですし。

「マニュアルには書いてある」「読まない奴が悪い」という話もありますが、そういうことではないと思うのですよね。

(via Pocketlint)
(source reddit)

タグ: , , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top