Oculus RiftやHTC Vive向けのゲームをスマートフォンで楽しめるVRidgeに期待せずにはいられない

2016.5.11
Riftcat

Oculus RiftやHTC ViveなどハイスペックなVRゴーグルが人気ですが、ゴーグル単体でも5万~8万、さらに超ハイスペックなPCまで必要となるとトータルでは20万以上の出費になりそうな勢いです。しかし、そんな専用ゴーグルがなくても、ダンボール製のVRゴーグルとスマートフォンでOculus RiftやHTC Viveのゲームがプレイできるようになるかもしれません。

広告

Oculus RiftやHTCViveの代わりにスマートフォンを使えるVRidge

Riftcatが公開したAndroidアプリ VRidgeを使うと、Windows PC上で実行するOclus RiftやHTC Vive向けのゲーム画面をスマートフォンに出力でき、CardboardなどのVRゴーグルを使ってプレイができるようになります。

VRidge

VRidge
開発元:RiftCat Sp. z o.o.
無料
posted with アプリーチ

もちろん専用システムではないのでヘッドトラッキング以外には対応できませんが、ゲームパッドなどと組み合わせればなんとかなりそうです。現在はベータ版ということですが、今後に期待したいアプリです。

ハイスペックなPCは依然として必要

ただ注意点が1つだけ。あくまでも出力をスマートフォンにしているだけなので、求められるPCスペックは本来のものと変わりません。ようするにこのアプリを使っても超ハイスペックなPCは必要ということです。試しにSurface Pro 3でゲームを動かしてみたのですが、再生はできるもののカクカクしてしまって話になりませんでした……。

今後の主流はモバイル?

今後ハイスペックPC必須が主流になるのか、Gear VRのようなスマートフォンでの使用が前提のものが主流になるのかどちらでしょうかね。流れ的にはモバイルで完結するようになる気がしますけど、グラフィックなどではまだまだPCに太刀打ちできませんし、もうしばらく時間がかかるかなぁ。PC買うか……。

(via Android Police)
(source Riftcat)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Meizu、背面にセカンドディスプレイを搭載したMeizu PRO 7 / PRO 7 Plusを発表

背面のセカンドディスプレイは意外と実用的かもしれないですね。

News >モバイル

ビックカメラが全店でbitcoin(ビットコイン)決済に対応

まだ本格的に使うには怖いかなぁ。

back to top