バンダイナムコのVR体験アトラクション 「VR ZONE」の予約開始

2016.4.8
VR ZONE

バンダイナムコがお台場のダイバーシティ東京に期間限定でオープンするVRアトラクション「VR ZONE」の体験予約が開始されました。

VRを使った有料アトラクション

この手のVR体験は無料でお試し的なものが多いですが、VR ZONEは珍しく有料のアトラクションとなっています。それだけ完成度に自信があるのでしょう。

時間指定の入れ替え制

VR ZONEは4月15日~10月中旬まで開催されていますが、各日、時間ごとに時間指定がある入れ替え制となっています。

VR ZONE

事前予約で日時をしているする形になっていますが、予約自体は無料です。

体験できるコンテンツは6種類

コンテンツは全部で6種類。それぞれに料金がかかりますが、料金はすべて専用の電子マネー「バナコイン」での支払いになります。バナコインは施設入り口でバナカードを購入(300円)し、それにチャージする仕組みだそうです。

VR ZONE
  • スキーロデオ(6分) 700円 (651バナコイン)
  • リアルドライブ(14分) 700円 (651バナコイン)
  • 高所恐怖SHOW(7分) 1,000円 (930バナコイン)
  • 脱出病棟Ω(12分) 800円 (744バナコイン)
  • トレインマイスター(9分) 700円 (651バナコイン)
  • アーガイルシフト(7分) 700円 (651バナコイン)

リアルドライブだけはVRドームスクリーンを使った体験で、VRゴーグルは使わないそうです。個人的に面白そうなのはアーガイルシフトと高所恐怖SHOW、脱出病棟Ωかな。でも脱出病棟Ωは2~4人の同時体験なんですよね。ボッチはつらいなぁ。

あと、すべてを体験すると単純に55分かかります。待ち時間などを含めると、80分間ですべては無理かな? 全部やるなら複数回の参加が必要になりそうですね。

予約は1人1枠まで

予約は1人1枠までですが、同行者分を含め、1メールアドレスにつき3名分を予約可能です(すべて同じ枠)。予約した日時を過ぎればまた新しい予約が可能になるとのこと。

とりあえず4月15日 11:30~13:00で予約をしてみました。まずはどんなものか体験してみないとね。

(source VR ZONE)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

綾瀬はるかが「おつかれさま!」と労ってくれる、ジャイアントコーンのVR体験イベントが開催中【PR】

綾瀬はるかさんが出演しているCMでおなじみのグリコのアイス、ジャイアントコーンがVRコンテンツを作成し、その体験を行うということで早速参加してきて来ました。 ジャイアントコーン「おつかれさまです!」V

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fas...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

MENU

back to top