ネットカフェで体験できるVR THEATERに「攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER」追加

2016.6.4 (更新日:2016.06.05)
bg_img01

4月から関東のネットカフェで実施されていた「VR THEATER」が全国エリアに拡大し、さらに「攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER」の提供も開始されています。

ネカフェで体験できるVR THEATER

VR THEATERはネットカフェでGear VRをレンタルし、コンテンツを視聴するもので、第1弾コンテンツの「進撃の巨人展 360°シアター「哮」」と第2弾となる「攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER」は600円の有料となっています。

スクリーンショット_060416_095312_AM

VIRTUAL REALITY DIVERは世界初公開

「攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER」はこれまでティザー版が公開されていますが、15分の完成版が公開されるのは今回が初めてです。

4分弱のティザー版はGear VRでも視聴可能です。
Oculusストアで「Vrideo」をダウンロードし、「Browse」 > 「Animation」から「Ghost in the Shell The Movie Virtual Reality Diver」を選択。

VIRTUAL REALITY DIVERはスマートフォンアプリとして販売されることも決まっていますが、提供開始は夏以降となっており、今すぐ体験できるのはVR THEATERしかないようです。

VR THEATERを利用可能なのは全国57店舗

VR THEATERを利用可能なのは全国で57店舗。そのうち30店舗以上が首都圏で、地方で体験できるのはまだまだ少ない状況です。

随時拡大中ということですが、近場で気軽に・・・となるにはまだかかりそうですね。

15分のコンテンツ、1回だけの視聴で600円は高い

VIRTUAL REALITY DIVERはスマホアプリでのリリースも決まっていますが、その価格は480円の予定です。

対して、VR THEATERでの視聴は600円。
ちょっと高いなぁというのが正直な印象です。
この金額に加えて、ネットカフェの利用料金もかかると思うので、まだ気軽に視聴しに行くという感じではないですね。

(via CNet)
(source interpia)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

手順が少ないとそれだけでやる気が出ます。使う調味料が少ないのもポイント。

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

カラーバリエーションの1つとして出してほしい。

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

必要以上にスペック自慢をしない、というのが自衛策の1つになりそうではあります。

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

Android使いの人はApple製品持っている人も多そう。その逆は少なそうだけど。

MENU

back to top